バッテリー上がり後は何をする?エンジンを始動させたら走って充電!上がったバッテリーは交換するの?疑問に答えます!

バッテリー上がり発生!対処法を教えます

バッテリー上がりを直すには「ジャンプスターターかブースターケーブルで他の車からバッテリーをもらう」の2つの方法があります。

この記事では、ガソリン車、ハイブリッドカーのバッテリーが上がったときの対処法から復旧後の対応。
バッテリーの替え時まで、バッテリーにまつわる情報をわかりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてください。

また、今バッテリーが上がってお困りの方で「ジャンプスターターかブースターケーブルを持っていない」場合は、弊社【カーバッテリー110番】へご連絡ください。

【カーバッテリー110番】はバッテリー上がりを専門に対処するバッテリー業者です。
出張費は無料、最短5分で現場に駆け付けバッテリー上がりの復旧を8,800円~(税込)から対応します。

まずはお気軽にお電話ください。

バッテリー上がり後のエンジン始動と充電方法

バッテリーが上がったときの応急処置は大きく分けて「ジャンプスターターを使う方法と、救援車を呼んでバッテリーを分けてもらう(ジャンプスタート)をする方法」の2つです。

ジャンプスターターを使う

ジャンプスターター

ジャンプスターターとは、カーバッテリーが上がったときに一時的に電力を与える「車の応急処置道具」です。

日ごろから車に常備してあると安心ですが、旅行先のホームセンター、カー用品店などでも購入できます。

ジャンプスターターの使い方

ジャンプスターターの使い方は、お手持ちの製品や車によって異なります。
実際におこなう場合ジャンプスターターと車の説明書をよくご確認ください。

ジャンプスターターの解説図

ガソリン車の場合

1.クリップのプラス(赤)とマイナス(黒)を確認

2.バッテリーのプラス端子とジャンプスターターのプラス(赤)を接続
(プラス端子にはカバーがついていることが多いので、カバーは外す)

3.同じようにバッテリーのマイナス端子にジャンプスターターのマイナス(黒)を接続

4.プラスマイナスの接続が終わると、自動で充電が始まる

5.ジャンプスターターの充電完了ランプや完了表示がついたら終わり

6.充電が足りないとエンジンがかからないため、1~4を繰り返す

7.エンジンがかかったら、エンジンは切らずにジャンプスターターを取り外す

8.先ほどの手順とは逆に、マイナス端子、プラス端子の順で取り外したら終了

ハイブリッドカーにジャンプスタートをおこなう場合「補機バッテリー」に充電します。

ハイブリッドカーに搭載されているもうひとつの「駆動バッテリー」は電圧が高く、危険なため絶対に触らないでください。

補機バッテリーと駆動バッテリーの場所はお手持ちの車によって異なるため、わからない場合は専門業者にご依頼ください。

ハイブリッドカーの場合

1. クリップのプラス(赤)とマイナス(黒)を確認

2.ヒューズボックスを開けて、「救援用端子(赤いカバー)」にジャンプスターターの赤いクリップ(プラス)を接続
救援用端子がない場合は、「補機バッテリー」のプラス端子に赤いクリップを接続する。

3.黒いクリップ(マイナス)を車の未塗装部。
もしくは、「補機バッテリー」のマイナス端子に黒いクリップをつなぐ

4. プラスマイナスの接続が終わると、自動で充電が始まる

5. ジャンプスターターの充電完了ランプや完了表示がついたら終わり

6.充電が足りないとエンジンがかからないため、1~4を繰り返す

7.エンジンがかかったら、エンジンは切らずにジャンプスターターを取り外す

8.先ほどの手順とは逆に、マイナス端子、プラス端子の順で取り外したら終了

 

救援車を呼んでバッテリーを分けてもらう(ジャンプスタート)

バッテリーが上がった車(故障車)とは別の車=救援車から電気を分けてもらい、車を動かす方法です。

ガソリン車、ハイブリッドカーともに救援車は「バッテリーが上がった車と同じ電圧の車である(たいていは12V車。大型トラックなどは24V車)」「電気自動車やハイブリッドカーではない」が条件です。

条件と違う車からは、電気がもらえません。

救援車を呼んでバッテリーを分けてもらう(ジャンプスタート)の手順

ジャンプスタートの解説図

ジャンプスタートの手順は、ガソリン車、ハイブリッドカーともにお手持ちの車によって異なります。

実際におこなう場合は、お手持ちの車の説明書をよくご確認ください。

ガソリン車の場合

1.プラス(赤)とマイナス(黒)のブースターケーブルを用意する

2. 故障車のヘッドライト、ルームランプ、エンジンを切っておく

3. 故障車のボンネットを開けて、エンジンルームが見えるようにする

4.救援車と故障車を近づけて止める(どちらの車もAT車はパーキング、MT車はニュートラル。サイドブレーキをおろしていることを必ず確認してください。)

5.故障車のバッテリーのプラス端子とブースターケーブルのプラス(赤)をつなげる

6.救援車のバッテリーのプラス端子にプラス(赤)のブースターケーブルをつなげる

7.救援車のバッテリーのマイナス端子にマイナス(黒)のブースターケーブルをつなげる

8.マイナス(黒)のブースターケーブルを、故障車の未塗装の金属部に接続する※1

9.救援車のエンジンかけて、5~20分ほど待つ(バッテリーの状況によって異なるためもっとかかる場合もあります)

10.故障車のエンジンがかかったらエンジンをかけたまま車を降りる

11.故障車のマイナス(黒)ケーブル、救援車のマイナス(黒)ケーブルを取り外す

12.救援車のプラス(赤)ケーブル、故障車のプラスケーブル(赤)を取り外す

※1故障車と救援車のバッテリー同士をつなぐ場合もあります。

ハイブリッドカーにジャンプスタートをおこなう場合、救援車は「同じ電圧のガソリン車(12V)」のみです。
同じハイブリッドカーからは、ジャンプスタートを受けられないので救援車の車種をお確かめください。

ハイブリッドカーのジャンプスタートは「補機バッテリー」に充電します。

ハイブリッドカーに搭載されているもうひとつの「駆動バッテリー」は電圧が高く、危険なため絶対に触らないでください。

補機バッテリーと駆動バッテリーの場所はお手持ちの車によって異なるため、わからない場合は専門業者にご依頼ください。

ハイブリッドカーの場合

1.プラス(赤)とマイナス(黒)のブースターケーブルを用意する

2.故障車のヘッドライト、ルームランプ、エンジンを切っておく

3. エンジンルームの中のヒューズボックスを開け「救援用端子」を確認
救援用端子がない場合は、「補機バッテリー」の場所を確認

4.救援車と故障車を近づけて止める(どちらの車もAT車はパーキング、MT車はニュートラル。サイドブレーキをおろしていることを必ず確認してください。)

5.救援用端子に赤いケーブル(プラス)を接続
救援用端子がない場合、「補機バッテリー」のプラス端子に赤いケーブル(プラス)を接続する。

6.赤いケーブル(プラス)の端を、救援車のバッテリーのプラス端子に接続

7.黒いケーブル(マイナス)を、救援車のバッテリーのマイナス端子に接続

8.黒いケーブルの端を、故障車の未塗装の金属部に接続※1

9.救援車のエンジンをかけてアクセルを踏む。タコメーターが2~3ほどを示す状態でアクセルを維持

10.5分ほど経ったら、故障車のエンジンをかけてみる

11.エンジンがかかったら成功。エンジンを切らずに故障車から降りる

12.故障車のマイナス(黒)ケーブル、救援車のマイナス(黒)ケーブルを取り外す

13.救援車のプラス(赤)ケーブル、故障車のプラスケーブル(赤)を取り外す

※1故障車と救援車のバッテリー同士をつなぐ場合もあります。

駆動バッテリーは高圧電流が流れているため触るのは危険です。
「もしも補機バッテリー駆動バッテリーの違いがわからない」なら、専門の業者に依頼しましょう。

またがガソリン車の場合でも「ジャンプスタートは手間がかかりそう」という方は、カーバッテリー専門業者の【カーバッテリー110番】にご連絡ください。

【カーバッテリー110番】にお電話いただければ日本全国、最短5分で現場に駆け付け。
ガソリン車、ハイブリッドカーのバッテリー上がりに車種やメーカーを越えて対応します。
バッテリー上がりでいま困っているのなら、まずはお電話ください。

出張費無料!エンジン始動ジャンピングスタートは8,800円~(税込)から対応!
バッテリー上がりでお困りなら【カーバッテリー110番】にお電話ください!


バッテリー上がりから復活!エンジンが始動したら次は充電

ジャンプスターターなどでエンジンがかかっても、一時的なものです。
エンジンがかかったら次は、車を走らせて充電します。

50km/hぐらいのスピードで30分以上走る

エンジンが動くようになったら50km/hぐらいのスピードで30分から1時間ほど走行します。

エンジンには「オルタネーター」という、発電機がついています。

オルタネーターはエンジンの回転を電気に変換。
バッテリーはオルタネーターが発電した電気を蓄えるため、空っぽになった電気を充電するために走るんですね。
50km/hぐらいのスピードで30分から1時間ほど走れば、エンジンを切っても大丈夫です。

アイドリングでもよいが、効果は落ちる

アイドリング(エンジンをかけたまま車を停車する行為)でも、バッテリーは充電できます。
しかし、アイドリング中はエンジンの回転数が少ないため充電には時間がかかるんです…。
(エンジンの回転数は車のタコメーターで確認できます。)

また、コンビニやスーパーなどでは騒音になるため、アイドリングは行為禁止しています。
深夜や早朝ではエンジン音はご近所の迷惑にもなるため、場所と時間を考えておこないましょう。

バッテリー上がりを放っておいたら自然回復はするの?

バッテリー上がりは放っておいても回復しません。

車の電気は「車を走らせオルタネーターで発電、バッテリーに充電」という仕組みのためエンジンを動かさない限りバッテリーは充電しません。

また、バッテリーは放っておくと溜めていた電気を放出する「自然放電」により電気を失います。

そのためバッテリー上がりに気がついたら、ジャンプスターターで充電するなどの対策が必要です。

バッテリー上がりから完全復活まではどれくらいかかる?

「バッテリーを充電するまでどれぐらいかかるか?」は、バッテリーの状態によって異なるため一概にはいえません。

あくまで目安ですが、バッテリー上がりから復活するまでの時間をまとめました。

早ければ35分ほど、フル充電は5~10時間ほど

バッテリーの充電は、前述の通り車を走らせて充電できるのでエンジンがかかればOK。
そのため、5~20分ほどで終わる場合もあります。

ただし、これはバッテリーや対処方法によって異なります。
また、エンジン始動後は30分以上走らせなくてはならないので最短でも35分ほどかかるでしょう。

実際には、ジャンプスターターを接続、救援車を待つためもう少しかかります。
もしも、約束や予約などがあるなら早めに連絡しておきましょう…。

また「充電器を使いバッテリーをフル充電したい」という場合はもっと時間がかかります。
これもバッテリーの状態によりますが、大体5~10時間かかります。

バッテリー上がりを直したのにまた上がった……原因は?

バッテリー上がりを直したのに、再びバッテリーが上がってしまうこともあります。ここでは、バッテリーが再度上がってしまったときの原因をご説明します。

【原因1】バッテリー上がりを直してすぐにエンジンを切った

ジャンプスターターや救援車からもらった電気は、「エンジンをかけるための一時的なもの」です。

そのため、すぐにエンジンを切ってしまうと再びバッテリーが上がってしまいます…。
ジャンプスターターの取り外しなどで車から降りる際には、エンジンはつけっぱなしにして下さい。

【原因2】そもそも充電量が足りていない

充電がアイドリングだけだった、などエンジンの回転数が足りなかった場合です。
再び充電すれば、エンジンだけはまた始動できます。

始動後は、30分ほど走行して充電してください。

【原因3】バッテリーが寿命間近

トヨタ、ホンダや日産などの自動車メーカーによると「バッテリー交換の目安は2~3年(日産は2年ごと)」とのこと。

使用条件にもよりますがバッテリーの寿命が近くなるとうまく充電できない、バッテリー本体が破損するなどのトラブルが発生します。

バッテリーを新しいものに交換しましょう。

充電、復活したバッテリーは使い続けてもOK?

ジャンプスタートなどでバッテリーが復活!
普段通りに走れるため、問題ないように思えます。

しかし、「バッテリー上がりが起きたということは、バッテリーに何らかの不具合が発生している」ということ。

できるだけ早く、バッテリーを新しいものに交換しましょう。

バッテリー交換は自分でできる?

バッテリーが上がった車からバッテリーを取り出し、交換する。
ちょっとむずかしそうですが、特別な資格などはいらないのでやろうと思えば誰でもできます。

ただし、バッテリーの交換は火災や感電の恐れがあるため慣れていないと事故の恐れがあります。
特にハイブリッド車の場合、バッテリーには高圧電流が流れているため大変危険です。

また、次で解説していますが「バッテリー交換をすると電子メモリが初期化されるかも」しれません。
技術に自信がないのであれば、プロに依頼してバッテリーを交換してもらいましょう。

バッテリー交換をすると電子メモリが初期化されることがある

カーバッテリー交換をおこなうと、「時計の時間がズレた、アイドリングが不安定になった」などのトラブルが時々報告されます。

これはバッテリー交換に伴い、車に搭載された電子機器が一時的にダウン。
電子機器に記録されたメモリが消えたために起きる不具合です…。

メモリが消えないようにするため、自分でバッテリーを取り換える場合には、「バックアップ電源」を使います。
バックアップ電源はカーバッテリーの代わりに電子機器に電気を送り、メモリを消さないようにする装置のことです。

しかし、もしもメモリが消えた場合。
車内の時計がズレるなどの軽度の場合は、自分でも対応が可能ですが…。

アイドリングがうまくできないなど運転にかかわる場合は、プロの整備士に診てもらわないと直りません…。

お近くの整備工場へ相談しましょう。

バッテリー交換は【カーバッテリー110番】へお問い合わせください!

【カーバッテリー110番】では、バッテリー上がりはもちろん。
カーバッテリーの交換を30,100円(税込)からおこなっています。
出張費は無料、「出先でジャンプスターターを試したが効果がなかった…」という場合でもOK!

会員登録不要、24時間365日いつでも、ですぐに現場に駆け付けます。
まずはお気軽に【カーバッテリー110番】へお電話ください!

※バッテリー交換の対象エリアは「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県」です。

なぜバッテリーは上がったの?原因と充電後の対策

バッテリー上がりは「バッテリーの充電がなくなった」ため起こります。
では、どんな時に車は電気を使うのか?対策はあるのか?
まとめました。

バッテリーが上がる原因

ルームランプ、ヘッドライトやエアコンつけっぱなし

電気系のアクセサリーをつけすぎ

数年間車を動かしていなかった、日々短距離しか乗らない

寒冷地で使っている

バッテリーの寿命

 

ルームランプ、ヘッドライトやエアコンつけっぱなし

ルームランプ、ヘッドライトやエアコンなどの車の機能はバッテリーを消費します。
走行中ならば充電ができるためバッテリーが上がることもないのですが…。

「停車中にヘッドライトをつけっぱなしにしていた」「アイドリング中にエアコンを長時間使っていた」場合には最悪5、6時間でバッテリーが上がってしまいます…。

長時間の使用は避け、降車時にはベッドライトやルームランプを消したことを確認しましょう。

電気系のアクセサリーをつけすぎ

カーナビ、ドライブレコーダーやカーテレビなど。
カーアクセサリーの電源はたいていカーバッテリーです。

そのため、ルームランプなどをつけっぱなしにしていたときと同様、停車中やアイドリング中に使いすぎるとバッテリー上がりの原因になるんです。

「カーアクセサリーは必要最低限のものだけ車に乗せる」「内蔵バッテリーや別電源が使えるならカーバッテリー以外の電源を使う」など工夫しましょう。

 

数年間車を動かしていなかった、日々短距離しか乗らない

車はエンジンを切っている間でも時計などの電子機器、駐車中も録画するタイプのドライブレコーダーなども電力を使います。

また、カーバッテリーは停車中でも「自然放電」により蓄えていた電気を少しずつ失います。
そのため、長期間動かしていない車はバッテリーが上がってしまうんです…。

さらに「毎日数十分しか車に乗らない、週1回しか乗らず30分以上連続して走らない」という場合も要注意!

バッテリーを少しずつ消費しているのに、オルタネーターの充電が十分にできていないからです。

週に1度は30分以上、走行しましょう。

寒冷地で使っている

バッテリーは寒いと電力を蓄える力が弱くなります。

バッテリーの中には「希硫酸」という液体が入っています。
この液体は寒いと化学反応が鈍くなり、電気を蓄える力が弱くなるんです…。

また、寒冷地域では暖房をよく使うためバッテリーも上がりやすくなります。

寒冷地の場合は、容量の大きなバッテリーを使う。
バッテリー用の断熱材でバッテリーを保護するなどの対策も有効ですよ!

バッテリーの寿命

先にも少し触れましたが、自動車メーカーのトヨタ、ホンダや日産によると「バッテリー交換の目安は2~3年(日産は2年ごと)」だそうです。

寒冷地で使っていた、ルームランプを頻繁に使うなど使用条件によって寿命は異なりますが…。

寿命が近づいたバッテリーはうまく充電できない、使い続けてもどんどん性能が落ちていきます。

新しいものと交換しましょう。

バッテリーが弱っているときの症状

バッテリーは走行中に急に上がるわけではなく、ちょっとした予兆があります。
以下の予兆を感じたら、バッテリー本体のチェック。
もしくは、整備工場などにご連絡ください。

バッテリーが弱っている症状

エンジンはかかるものの、かかりが悪い

メーター類やルームランプなどの明かりが弱い

アイドリングストップができない

パワーウィンドウの開閉が遅い

アイドリングストップとは、信号待ちなどで車を止めたときにエンジンがストップ。
再びアクセルを踏むと、そのまま走り出す機能のことです。

アイドリングストップにはいくつかの条件があり、その中に「バッテリーの状態がよいとき」というのがあります。

もしも、アイドリングストップができなくなったのであれば、一度バッテリーを交換してみましょう。

バッテリー上がりと似た症状

「車が動かない…バッテリー上がりかも?!」と焦ってしまいますが、意外と単純なことが原因かもしれません。
すぐに直るものも多いので、解決方法もまとめました。

バッテリー上がりと似た症状

ギアがパーキングに入ったまま

ステアリングロック(盗難防止)がかかっている

ガス欠

セルモーターの故障

 

ギアがパーキングに入ったまま

ジャンプスタートをした後に、パーキングは解除しましたか?
慌てていると意外と多いミスなので、一度確認しましょう。

ステアリングロック(盗難防止)がかかっている

キーを回しても反応せず、ハンドルが動かないなら盗難防止機能のステアリングロックがかかっているのかもしれません。

駐車をする際にエンジンを止めてからハンドルをきるとステアリングロックがかかり、車が動かなくなるんです…。

ステアリングロックがかかっている場合、ハンドルを左右に振りながらイグニッションキーを回すと解除できます。

ガス欠

年間で千件以上起きているのがガス欠です。
ガソリンメーターをチェックすれば、一目で確認できるのでエンジンがかからない場合にはまずチェックしましょう。

もしもガス欠なら近くのガソリンスタンドなどに助けを求める、電話をかければすぐに解決します。

セルモーターの故障

セルモーターとは、車のエンジンをスタートするときに使うモーターのことです。
車のカギを回したり、エンジンボタンを押したりすると「キュルキュル」音が鳴りますよね。

あれが、セルモーターです。

キーを差し込んだのに回らない、セルモーターの音がならない場合、バッテリー上がりのほか、セルモーターの故障の場合もあるんです。

ジャンプスタートを試しても効果がない、新しいバッテリニー買えたのに動かない。
場合にはセルモーターの故障かもしれません。

整備工場に相談しましょう。

バッテリーの寿命は2~3年、寿命をチェック

バッテリーの寿命の2~3年がたったなら、そろそろ寿命が近いかもしれません。
今回は目視で確認できるバッテリーの寿命チェック方法をまとめました。

バッテリーが上がる原因

バッテリーの色が濁っている

バッテリー本体が膨らんでいる

バッテリー端子付近に粉が吹いている

上記の症状が出ている場合、バッテリーの交換が必要です。
不安な方は整備工場などに相談してください。

バッテリーの色が濁っている

バッテリーの中には希硫酸という液体が入っています。
本来は透明ですが、これが劣化すると茶色や黒っぽい色に変色するんです。
変色が始まっているということは、劣化が始まっている証拠なので早めに交換しましょう。

色の確認は、一度エンジンを切りセル部分の蓋を開けると確認できます。

バッテリー本体が膨らんでいる

バッテリーは通常四角い形をしています。
しかし、側面だけ膨らんでいるなどがあればすぐに交換しましょう。

バッテリーが劣化し、過充電の状態になっている、ガスや発熱により膨らんでいる可能性があり危険です。

バッテリー端子付近に粉が吹いている

バッテリーの端子の近くに白い粉がつくことがあります。

この粉は放電時に発生する「硫酸鉛の結晶(サルフェーション)」です。
このサルフェーションがバッテリー内部の電極板などに付着すると電流の流れが悪くなり、充電がしづらくなるんです…。

【カーバッテリー110番】は会員登録不要、24時間365日いつでも、ですぐに現場に駆け付けます。
まずはお気軽にお電話ください!

※バッテリー交換の対象エリアは「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県」です。

まとめ

バッテリーが上がったときの対処から、上がった後の対処までまとめました。
バッテリーは消耗品のため、大体2~3年ほどを目安に交換すると安心できます。

また、自分でバッテリーの状態を確認できるのであればメンテナンスをおこないましょう。
「出先で車が動かない!」とならないよう、バッテリーは弱っていないか?交換してから2年以上たっていないか日ごろから確認してくださいね!

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。