ハスラー|バッテリー上がりの復活方法!原因と予防法についても

車を購入するとき、小回りの利く軽自動車がよいという方はたくさんいるでしょう。中でもハスラーは、アイドリングストップやブレーキサポートなどの多くの機能はもちろん、色やデザインもさまざまなものから選択できるため、見た目も楽しめる車です。

しかし、お気に入りの車で出かけた先でバッテリー上がりが起きてしまった場合、対処法を知らなければ車を動かすことができず、楽しい時間が台無しになってしまいます。本コラムでは、ハスラーのバッテリー上がりを復活させる方法とその後の対策や、バッテリー上がりの原因などを解説します。もしものときのための参考にしてください。

ハスラーのバッテリーを復活させる方法

ハスラーに乗っていて、バッテリー上がりが起きたことはありませんか?バッテリー上がりはどの車でも起こる可能性のある現象ですが、ハスラーにはバッテリー上りが起こると出る症状があります。バッテリー上がりの症状や前兆を知り、正しい方法でバッテリーを復活させましょう。

ハスラーのこんな症状はバッテリー上がり!

ハスラーのこんな症状はバッテリー上がり!

ハスラーがバッテリー上がりを起こすと、ほかの車と同様にエンジンがかからなくなります。スイッチを入れてもエンジン始動に必要な電力がないためにエンジンがかからないのです。ほかにもパワーウィンドウやエアコンなどの車内の電気設備が動かなくなります。これらの現象が起こるようであれな、バッテリー上がりだと判断してよいでしょう。

また、ハスラーはアイドリングストップを搭載した車です。バッテリー上がりが起こる前兆として、アイドリングストップが正常に作動しなくなることがあります。このような症状が出たら、バッテリーの状態を確認したほうがよいかもしれません。

方法1.ジャンピングスタート

ジャンピングスタートとは、外部から電力の供給を受けて故障車のエンジンがかかるようにする方法です。外部とは、バッテリーが正常に機能している別の車です。この車を救援車といいます。ジャンピングスタートの際には、ブースターケーブルが必要です。赤と黒の2本のケーブルで、どちらもケーブルの両端にクリップがついています。

そして、故障車のバッテリーのプラス端子に赤いケーブルのクリップをつなぎ、反対側を救援車のバッテリーのプラス端子につなぎます。次に黒のケーブルを救援車のマイナス端子につなぎ、反対側は故障車のバッテリーの金属部分に取りつけます。ケーブルがつなげたら、救援車のエンジンをかけます。そのまま数分待ち、今度は故障車のエンジンをかけます。

エンジンがかかったら、取りつけたときとは逆の順番で素早くケーブルを外します。また、近くに救援車となる車がいない場合は、ジャンピングスターターという充電器を使用する方法もあります。手順はブースターケーブルを使用したときとほとんど同じで、充電器についているケーブルを故障車のバッテリーにつないだら、充電器の電源を入れて数分待ち、故障車のエンジンをかけます。

どちらの方法も、外部から供給を受けた電力はエンジン始動に必要な分だけで、バッテリーが完全に充電されたわけではありません。30分以上エンジンはかけたままにしてバッテリーを充電させましょう。モーターの回転数が多いほうが効率よく充電できます。可能であれば30分以上そのまま走行することをおすすめします。

方法2.ロードサービスを呼ぶ

近くに救援車となる車もなく、ジャンピングスターターも持っていない場合は、ロードサービスを呼ぶという方法があります。ロードサービス会社で契約するか、自動車保険についていれば利用できます。

ただし、バッテリー上がりの対処を無料で利用できるのは、回数に制限があることもあります。また、ロードサービスに入っていない場合は、非会員として比較的高めな対処費用がかかることもあるので、サービス内容や料金はインターネットなどで事前に調べておくことをおすすめします。

ロードサービスに加入していない場合は?

救援車も道具もなく、ロードサービスにも加入していない場合は、少し高めの料金でロードサービスを受けることもできますが、別の方法もあります。それが、バッテリー上がりを解決してくれるプロの業者に依頼する方法です。

しかし、普段利用していないとどのような業者があるのかわからないでしょう。そこで、業者選択にお悩みの方は弊社にご相談ください。ご紹介した対処法を自分でおこなうのが難しいという方でも、プロに任せれば安心です。まずはお電話をお待ちしております。

ハスラーのバッテリー復活後は充電しよう

バッテリー上がりは、ご紹介した方法でエンジンがかかっても、安心してはいけません。エンジンをかけるためにおこなう対処法は、あくまでも応急処置です。完全に復活したわけではありません。バッテリー復活後は適切に充電をおこなう必要があるのです。バッテリーの充電方法や充電できない場合の対処法をご紹介します。

バッテリー上がりは再発しやすい

バッテリー上がりは再発しやすい

バッテリー上がりを直すためにおこなうジャンピングスタートは、エンジンをかけるための電力しか給電されないので、それだけではバッテリーは完全に復活しません。

しかし、それを知らずにバッテリー復活後にすぐ普段と同じように車を使ってしまうと、電力不足でバッテリー上がりが再発するおそれがあります。バッテリーを完全に復活させるためには、しっかりと充電をおこなう必要があるのです。

バッテリーの充電方法

バッテリーの充電には、2つの方法があります。それどのように充電をおこなうのかご紹介します。

【充電方法1】昼間に走行
走行中はモーターの回転数が上がり発電量も増えるため、バッテリーへの電力の供給も安定しておこなわれます。ただし、この方法には条件があります。「一定の速度での走行」と「ある程度の時間の走行」と「走行中はエアコンやライトなどを使用しないこと」です。ヘッドライトを使用する必要のない昼間に走行するのがよいでしょう。

効率よく充電するためには、モーターの回転数を上げて消費電力をおさえることが最適です。車内の電気設備を使わず、時速50キロメートル程度で20~30分くらい走行するのが理想的です。また、エンジンをこまめに入れたり切ったりするのも、消費電力を上げるだけなので、控えたほうがよいでしょう。

【充電方法2】ディーラーに依頼
バッテリーの充電はディーラーでもおこなえます。スズキの販売店や代理店に連絡し、バッテリーを充電してもらいましょう。ディーラーであればハスラーの性能にも詳しいので、適切な方法で確実に充電できて安心です。

充電が復活しないのはバッテリーの寿命かも

ご紹介した2つの方法を試しても充電が復活しない場合は、バッテリーの寿命かもしれません。業者に依頼してバッテリーの交換をおこないましょう。バッテリーの寿命は、平均2~3年といわれています。使用頻度や走行距離、乗り方などによって数年の差はありますが、劣化して機能が落ちればバッテリー上がりなどのトラブルが起こるリスクは増えます。

早めにバッテリーを交換しましょう。バッテリーの交換は自分でもおこなうことはできます。しかし、ハスラーのようにアイドリングストップが搭載されている車は、アイドリングストップ車専用のバッテリーが必要です。

また、バッテリーの交換にともなって、車の時計やナビ、オーディオの設定などがリセットされることもあるので、注意してください。リセットされては困るという方は、メモリーバックアップを使ってデータのバックアップを取っておくとよいでしょう。

再発してしまったバッテリーはプロへ依頼しよう

バッテリーの充電をしてみても、バッテリー上がりが再発するようであれば、業者に相談したほうがよいでしょう。再発の場合、同じ応急処置でエンジンがかかるとは限りませんし、無理にエンジンをかけようとすれば、故障につながるおそれもあります。

バッテリーの状態をみながら安全な作業をおこなうには業者への依頼が最適です。依頼する業者に迷ったときは、弊社にご連絡ください。バッテリー上がりを迅速に解決してくれるプロの業者をご紹介します。

ハスラーのバッテリー上がり【原因と予防法】

ハスラーのバッテリーが上がるのには、原因があります。原因がわかれば、突然バッテリー上がりが起こることもないでしょう。また、普段からおこなえる予防法もあります。実践してバッテリー上がりが起こらないように対策しましょう。

ハスラーのバッテリーが上がる原因

ハスラーのバッテリーが上がる原因

ハスラーには、アイドリングストップ車専用の鉛バッテリーが使用されています。エンジンをかけるときには大量の電力が必要になるのですが、アイドリングストップ車は車が止まるたびにエンジンが止まります。つまり、走行中に何度もエンジンをかけるための多くの電力が必要になります。

そのため、基本的に消費電力が大きいのです。しかし、消費電力が大きい分、電力の回復にかかる時間も短くて済むようにはつくられています。それでもライトを消し忘れたり、アイドリングストップの状態でエアコンなどの電気設備を長時間使用したりすれば、バッテリーは上がってしまいます。

バッテリー上がりの予防方法

バッテリー上がりは、バッテリーの寿命や劣化が原因でなければ防ぐことができます。日常的に注意すべきポイントをまとめましたので、参考にしてください。

・車を降りるときにライト類の消し忘れがないか確認する
室内灯の消し忘れや、半ドアのまま放置してライトがつきっぱなしになっていることがあります。車を降りるときには、ドアやライトに不備がないかを確認するくせをつけましょう。

・月に1度は30分以上連続走行をする
車に乗らなくても、バッテリーの電気は自然に放電され続けます。長期間車に乗らないと、バッテリーの充電はおこなわれないまま放電だけされてしまうので、充電切れを起こしてバッテリー上がりの原因になります。定期的に車を動かして、バッテリーの充電をしましょう。

・エンジン停止中は車内の電気設備の使用を控える
エンジンを止めた状態でライトを使用したり、アイドリングストップの状態でエアコンやオーディオを使用したりすることは控えましょう。短時間なら問題ありませんが、渋滞などでその状況が長時間続くと、電力の使用量が発電量を上回り、バッテリー上がりを起こします。

気をつけていても起こってしまうバッテリー上がり

普段の行動を注意したり、定期的に車の点検をおこなったりしていても、バッテリー上がりが起こることはあります。そして、バッテリー上がりはいつどこで起こるかわかりません。突然のバッテリー上がりでお困りの際は、弊社にご相談ください。

全国各地に加盟店を持つ弊社なら、どこでバッテリー上がりが起こってもバッテリー上がりを解決する業者を手配することができます。どこに頼ればよいかわからないという方は、まず弊社にお問い合わせください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。