バッテリー上がりが冬に起きやすい原因と予防法!応急処置もご紹介

冬の寒い時期は車のバッテリーが上がりやすいといわれています。冬は電気の消耗が激しく、その分バッテリーが上がりやすくなっているためです。バッテリーが上がると、ブースターケーブルを使って直したり、ロードサービスに電話して修理に来てもらったりと、手間がかかります。

そこで本コラムでは、冬に車のバッテリーが上がりやすい理由や予防方法、対処方法などをご紹介しています。車のバッテリーを始めとする、さまざまな車のトラブルにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

車のバッテリー上がりが冬に起きやすいのはなぜ?

ここでは、冬に車のバッテリーが上がりやすい原因について解説していきます。突然、冬に車のバッテリーが上がって慌てないためにも、ぜひ覚えておきましょう。

【原因1】バッテリーは寒さに弱い

【原因1】バッテリーは寒さに弱い

車のバッテリーは寒さに弱いという特徴があります。とくに寒さが厳しい冬の時期は、バッテリーに負荷がかかります。

気温が氷点下を下回るほど寒いと、エンジンオイルは低温になり固くなってしまいます。固くなった状態でエンジン始動するためにはバッテリーを酷使しなくてはなりません。このようなことから、バッテリーが上がりやすくなってしまうのです。

また、気温が低くなりバッテリー液の温度が下がってしまうと、本来のバッテリーの性能が出なくなってしまいます。そのため、とくに寒い時期はエアコンを使っても設定温度より寒く感じてしまうこともあるでしょう。

【原因2】ライトの点灯時間が長くなる

車のライトの点灯時間が長くなると、バッテリーが上がる原因になってしまいます。とくに冬の時期は、日照時間が短いため、車のライトを長く使用してしまう傾向にあるでしょう。またライトの消し忘れも、バッテリーが上がる大きな原因のひとつです。そのため、必要以上にライトを点けないように注意しましょう。

車のバッテリーが上がったら、すぐに直すべき?

もし、車のバッテリーが上がってしまった場合、すぐに対処することが重要です。車を放置していても、バッテリー上がりが直ることはありません。それどころか、長時間車を放置していると車自体にダメージを与えることになってしまうのです。なぜなら、エンジンを長い間動かしていないと、車の各部分が固まってしまい、急に動かそうとすると車に大きな負担がかかるからです。

もし不安であれば、業者に依頼してバッテリーが上がった車を直してもらいましょう。弊社にお電話いただければ、カーバッテリー上がりに対応した業者を現地に手配いたします。バッテリー上がりにお困りの際は、ぜひお気軽にご連絡ください。

冬のバッテリー上がりを予防する方法

この章では、冬に起こるバッテリー上がりを予防する方法についてみていきます。車のバッテリー上がりを予防したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

【方法1】バッテリーを温める

【方法1】バッテリーを温める

もし、車のバッテリーが上がってしまったという場合、バッテリーに専用の保温材を貼り付けましょう。保湿材をバッテリーに貼ることによって、バッテリーの温度を適切に保つことができます。

保温材はバッテリーに直接張るだけなので、車の整備をしたことがない方でも楽におこなうことができます、そのため、万が一に備えて専用の保温材を持っておくとよいでしょう。

【方法2】バッテリーの使用状況を確認する

普段、あまり車を使用しない場合は、バッテリーが上がりやすくなります。基本的にバッテリーは、走行中に充電されるという仕組みになっているので、車に乗る頻度が少ないとバッテリーが十分に充電されません。

車の使用頻度によって異なりますが、バッテリーの寿命は2~3年程度といわれています。また、車の走行距離が短い場合は、バッテリーの寿命も短くなる傾向にあるのです。そのため、普段の車の利用頻度を見直して、定期的に車に乗る日を作ってあげるのがよいでしょう。

一年中気をつけたいバッテリー上がりの予防法

バッテリー上がりを予防するためには、普段から車を使用して、バッテリーを充電する頻度を増やすことが重要です。また、バッテリーを長らく交換していない場合は、バッテリーを交換しましょう。たとえば、「車のエンジンがたまにかからないときがある」、「車のライトが暗い」などの症状が見られたら、バッテリー交換のサインかもしれません。

もし車を長期間動かさない場合は、バッテリーのマイナス端子を抜いておきましょう。マイナス端子を外すときは、固定しているナットをレンチやスパナを使って外す必要があります。そして、マイナス端子が外し終わったら、ケーブル同士がショートするのを防ぐために、ケーブルの先端部分に必ずテープを巻いておくようにしましょう。

マイナス端子を外すことで、少しはバッテリーが長持ちするでしょう。基本的にバッテリーの充電は、車を走らせているときだけしかおこなうことができません。そのため、車を動かしていないと、自然放電によって電気が消費されていきます。そこでマイナス端子を外すことによって、電気が流れなくなり、バッテリーの電気が消費するのを防いでくれるのです。

バッテリー上がりは予防していても起こることがあります

車のバッテリーは、どれほど予防していても突然上がってしまうことがあります。とくに冬のような寒い時期の場合、バッテリーが上がりやすくなるため、注意が必要です。バッテリーが上がってしまったときは、そのまま放置せずに早急に対処しなければなりません。

もし、普段からバッテリー上がりに悩んでいる方や、バッテリーの寿命が心配な方は業者に相談してみるとよいでしょう。弊社は24時間365日いつでも対応をすることができます。弊社の加盟店業者が迅速に作業をおこなってくれるので、車のバッテリートラブルに見舞われた際は、ぜひお電話ください。

車のバッテリー上がりが突然起きてしまったら?

これまで、冬のような寒い時期に車のバッテリーが上がってしまう原因や、予防法などについてご紹介してきました。この章では、突然バッテリー上がりが起きた場合の対処法をご紹介していきます。

【対処法1】自分で何とかする

【対処法1】自分で何とかする

突然、車のバッテリーが上がってしまった場合は、ブースターケーブルやジャンプスターターを使うとよいでしょう。ブースターケーブルやジャンプスターターは、専用のケーブルを車のバッテリーに繋ぐことで、電気を供給する道具のことをいいます。電気を与えることで。車のエンジンをかけることができるようになるのです。

ブースターケーブルやジャンプスターターは、車用品店などで3,000~4,000円程度で購入することができるので、万が一に備えてひとつは持っておくと重宝するでしょう。車を頻繁に利用する方などは、バッテリーが上がってしまったときに非常に役に立ちます。

【対処法2】ロードサービスを呼ぶ

JAFやJRSなどのロードサービスに加入している方は、車のトラブルに関していつでも相談することができます。たとえば、JAFの場合、年会費4,000円でいつでもどこでも、利用回数は無制限でサービスを受けることが可能です。

【対処法3】プロの業者を呼ぶ

車のバッテリー上がりを始めとする、車のトラブルに見舞われた際は、プロの業者に依頼して直してもらうことをおすすめします。車のバッテリー上がりの修理料金は、車種によって異なりますが、一般的な相場は8,000~15,000円程度とされています。

もし、車のバッテリー上がりに悩んでいる方は、一度業者に相談してみるとよいでしょう。カーバッテリー110番にお電話をいただくと、提携している業者が現地まで出向いてくれます。車のバッテリー上がりにお悩みの方は一度お電話をしてみてください。

まとめ

冬の時期になると車のバッテリー上がりがよく起こります。おもな原因としては、バッテリーが寒さに弱いことや、冬になると日照時間が短くなるため、ライトを長く使用することなどが挙げられるでしょう。急なバッテリー上がりを防ぐには、バッテリーを温めておくことや、普段から車を利用して、バッテリーを充電しておくことが欠かせません。

もし突然バッテリーが上がったときは、ブースターケーブルやジャンプスターターなどの道具を使ったり、ロードサービスに電話したりするとよいでしょう。しかし、料金が気になるという方は、弊社にご連絡ください。弊社にお電話をいただければ、バッテリー上がりに対応した業者を手配して、しっかりとバッテリー上がりに対応させていただきます。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。