【キーに反応しない】バッテリー上がりで鍵が開かない時の対処法!原因は他にある可能性も

バッテリー上がり 鍵が開かない

車のバッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからないだけでなく、車の電気がすべて使えなくなってしまいます。

そのため、スマートキーやスマホではドアの鍵が開かなくなってしまうのです。

そこでこのコラムでは、そんな状況でもスマートキーで車の鍵を開ける裏ワザや、自分でバッテリーを充電させる方法をご紹介します。

ただし、ご紹介した方法で無事に鍵を開けることができたとしても、結局はバッテリーが上がったままで車を動かせないですよね。

自分で充電するにしても道具が一式そろっていなければできません

道具はホームセンターで売っていますが、店舗が幸運にも近くにあるとは限りませんよね。

そんなときはカーバッテリー110番にお任せください。

ドアの鍵を開けるだけでなくバッテリー上がりに対応できる近場の業者を最短5分でご紹介いたします。

それに付け加えて会員登録なしでも8,800円(税込)から受け付け中です

出張費も無料ですので、お気軽にご相談ください。

車の鍵が開かない原因は?

スマートキーやスマホを車の鍵として使用しており、ドアが開かなくなったときはキーの電池がなくなったもしくは車のバッテリー上がりの可能性が大です。

そんなときはスピード対応がウリのカーバッテリー110番にお任せください。

カーバッテリー110番なら最短5分で現場に駆け付けます

カーバッテリー110番なら経験豊富なスタッフが最短5分で現場に駆け付け、迅速に対処いたします。

しかも出張費は無料。

もちろんカーバッテリー110番には他にもご好評をいただいている特徴があります。

カーバッテリー110番の特徴

会員登録一切必要なし!
✓もちろんバッテリー交換も即日対応!
(※一部地域のみ)
✓徹底したコロナウィルス対策!
24時間365日年中無休で対応!
✓トヨタからBMWまで!取り扱い車種が豊富です

このようにカーバッテリー110番には豊富な特徴があります。

鍵を開けるだけでなく、今すぐに車を動かせるようにしたいのであればスピーディーな対応がウリのカーバッテリー110番にお任せください。

近場の業者が最短5分であなたのもとに駆け付けます。

もちろん出張費はタダ

それに付けくわえて会員登録をしていない人でも8,800円(税込)から対応させていただきます。

お気軽にご相談くださいね。

バッテリーが上がったときはメカニカルキーの出番

とりあえず車に入るために

最近、多くの車で使用されることになったスマートキーは、ポケットやバッグに入れたままでも車を開閉することができて、とても便利です。

しかし、なんらかの問題によってスマートキーが使えなくなってしまった場合には内蔵されているメカニカルキーを使用しなければなりません。

メカニカルキーとは、スマートキーの内部に隠されている鍵のことです。

メカニカルキー

前出した裏ワザとはこのメカニカルキーのこと。

メカニカルキーを取り出す際はロックを外し、鍵を引き抜くだけ。

取り出したメカニカルキーを運転席のドアの鍵穴に差し込み、開錠しましょう

考えられる原因1:バッテリー上がり

ドアが開かないのは、バッテリー上がりが原因かもしれません。

バッテリー上がりが原因かを確かめるために、以下の手順を実行してみましょう。

以下がバッテリー上がりかどうか確認するための手順になります。

  1. 1.メカニカルキーの使用でドアを開け、運転席に着いたら、パーキングにしてブレーキを踏みます。
  2. 2.スマートキーの、メーカーのエンブレムの付いた面でパワースイッチに触れます。
  3. 3.ブザーが鳴ってから10秒以内に、ブレーキを踏んだ状態でパワースイッチ※を押します。

※電源のこと

この手順をおこない、エンジンがかかればドアを開錠できない原因は鍵の不調にあり、エンジンがかからなければバッテリー上がりが原因ということがわかります。

考えられる原因2:スマートキーの電池切れ

スマートキーの電池切れが原因でドアが開かないことがあります。

スマートキーのボタンを押して、ランプがつかなかった場合には電池切れのおそれがあるため、電池の交換をおこないましょう。

電池を交換する際は精密ドライバーを用いて解体し、同じ規格のボタン電池を使用します。

ボタン電池はコンビニで取り扱われている一般的なもので問題ありません。

ただしボタン電池には3つの規格があります。

【ボタン電池規格】

電池ボタン

41(外径7.9mm、高さ3.6mm)
43(外径11.6mm、高さ4.2mm)
44(外径11.6mm、高さ5.4mm)

誤購入にお気をつけください。

考えられる原因3:オルタネータが作動していない

オルタネータとは簡単に言うと『電気を生み出す発電機』みたいなもの。

バッテリーが上がってしまうのは、このオルタネータが作動をしていないからかもしれません。

そもそもバッテリー上がりは、バッテリー内の電気が枯渇することで発生します。

したがってオルタネータからの充電がおこなわれず電気の消費のみが続くことで、バッテリー切れつまりはバッテリー上がりを起こすのです。

余談になりますがオルタネータは本来、エンジンがついているときに発電します。

そして走行時にエンジンの回転数が多くなればなるほど発電量が増えます。

そのため、走行時にエアコン・カーナビ・ランプなどを使用しても、バッテリー上がりは基本的におきません。

オルタネータからの充電量が電気消費量を上回っている、もしくは均衡を保てているからです。

しかし、何かしらの原因でオルタネータが作動していない場合、車内で電気を使い続けると消費>充電となり、最終的にバッテリー切れを起こします。

つまりはバッテリーが上がってしまうわけですね。

このことから、バッテリー上がりが起きたときはオルタネータが作動しているかをチェックしましょう。

そのほかの原因の可能性も

車のバッテリー上がりスマートキーの電池切れのほかに考えられる原因は、半ドアです。

バックドアもしっかりと押し込んでから、今一度スマートキーで開錠を試してみましょう。

集中ドアロック※をおこなっても一部のドアだけ施錠されないときには、ドアロックアクチュエーターやコンピュータ関係の故障が考えられます。

※運転席にあるドアロック操作だけで他のドアのカギを開閉させる機能のこと。

このような原因である場合には自力での修理は難しいです。

そんなときはカーバッテリー110番にお任せください。

近場の業者を最短5分でご紹介いたしますので、迅速に対処いたします。

バッテリー上がりが原因のときの対処方法

スマートキーの電池切れの場合には、自分で電池の交換をおこなうことで、鍵が開かない問題を改善することができます。

しかし、ドア自体に不具合が起きている場合や、コンピュータ関係の不調の場合には、専門業者に見てもらわなければなりません。

バッテリー上がりが原因の場合には、次の章で紹介するバッテリー上がりの対処法を試してみましょう。

応急処置の方法1:ブースターケーブルを使用する

応急処置の方法1:ブースターケーブルを使用する

ブースターケーブルを用いて、ほかの車からバッテリーを分けてもらう方法です。

そのため、友人や家族、近くを通った車などに救援を依頼する必要があります。

このブースターケーブルは、ホームセンターやカーショップなどで売られています。

それでは、ブースターケーブルを用いた対処方法について説明しましょう。

1.救援車と故障車を向かい合わせに停める
ケーブルの長さに限りがあるため、できるだけ近くに救援車を停め、エンジンを一旦切ります。

2.ケーブルをつなぐ
ケーブルをつなぐ際には順番が肝心です。

つなげる順番を間違えてしまうと、ショートを引き起こすおそれがあるからです。

つなげる際は必ず以下の手順に沿ってください。

①故障車にプラス端子をつなげる
②救援車にプラス端子をつなげる
救援車にマイナス端子をつなげる
故障車のエンジン金属部分にマイナス端子をつなげる

バッテリー充電

まずは赤色のケーブルを「故障車のバッテリーのプラス端子→救援車のバッテリーのプラス端子」という順につなぎます。

次に、黒色ケーブルを「救援車のバッテリーのマイナス端子→故障車のエンジンの金属部分」という順につなぎます。

ケーブルをつなげる際は必ずこの順番を守ってくださいね。

3.エンジンをかける
救援車のエンジンをかけ、次に故障車のエンジンをかけます。ここでエンジンがかかったら成功です。エンジンがかかったら、そのままアイドリングしましょう。故障車はここでエンジンを切ってしまうと、またエンジンがかからなくなってしまうからです。

4.ケーブルを外す
ケーブルを外すにも順番があるので注意しましょう。つないだときとは逆の順番になります。

「故障車についている黒色のケーブル→救援車についている黒色のケーブル」そして「救援者についている赤色のケーブル→故障車についている赤色のケーブル」といった順で外しましょう。

これで作業は完了です。

ブースターケーブルを用いたこの方法をおこなうときに注意したいのは、ハイブリッド車は救援車になれないことです。

バッテリーの仕組みが従来のガソリン車と異なるため、無理に救援車にすると車が故障してしまいますので、気を付けましょう。

なお、この方法を実行できないときは次でご紹介する方法を試してみてください。

応急処置の方法2:ジャンプスターターを使用する

テキスト

ジャンプスターターとは、救援車を用意せず一人でエンジンをかけさせることができる道具です。

ホームセンターやカーショップで売られています。ジャンプスターターを用いて対処する方法をご紹介します。

1.ケーブルをつなぐ
まず、ジャンプスターターに付属しているケーブルをバッテリーにつなぎます。

最初は赤いケーブルをバッテリーのプラス端子、次に黒いケーブルはバッテリーのマイナス端子につなぎます。

それからジャンプスターターにもしっかりケーブルにつなぎましょう。ここでジャンプスターターの電源が入っているかチェックしてください。

2.エンジンをかける
エンジンをいつもどおりかけましょう。そこでエンジンがかかったら成功です。

3.ケーブルを外してしばらく運転する
無事にエンジンをかけることができたら、すぐにケーブルを外します。

まず黒いケーブルから外して、次に赤いケーブルを外しましょう。

エンジンを切ってしまうとまたつかなくなる恐れがあるため、しばらく運転してバッテリーを充電することをおすすめします。

もしも一回でエンジンがかからなかったときには、本体からケーブルを引き抜いてからもう一度つなげて、数分待ってから再度エンジンをかけましょう。

応急処置で解決できない場合は?

これらの方法を実行できない、もしくはやったのに解決できなかった場合はカーバッテリー110番にお任せください。

経験豊富なスタッフが迅速に対応させていただきます。

ご紹介するスタッフは近場の業者ですので最短5分であなたのもとに駆け付けます。

また、カーバッテリーは24時間365日体制で電話相談を受け付け中です。

年末年始やお盆休み、GWなど連絡が付きにくいと言われる時期でも、他の業者に比べて圧倒的にお電話がつながりやすいです。

お急ぎの方はぜひご相談ください。

バッテリーが上がってしまう原因と予防方法

応急処置の方法1:ブースターケーブルを使用する

前章では、バッテリーが上がってしまったときの対処法をご説明しました。ここからはバッテリーが上がらないようにする予防方法を紹介します。

バッテリー上がりを予防する方法

バッテリー上がりを予防するには、エンジンを止めた状態で電気を必要とすることをしないことです。

エンジンを止めた状態で、長時間エアコンをつけて車載テレビを見るなどの電気を使い過ぎる行動を控えることが、予防には大切になります。

また、昼にトンネルや立体駐車場などの暗い場所を走行したときにつけたヘッドライトを消し忘れてエンジンを止めてしまうと、大量の電力を消耗してしまいます。

車を駐車するときや離れるときには、車の状態を確認するように気を付けましょう。

気を付けていてもバッテリーが上がってしまったら

バッテリーを消耗しないように気を付けていても、バッテリーの寿命は短いため寿命に近づくと不具合が出てくることがあります。

2年以上バッテリーを使用した際には、定期的なメンテナンスをおこなうことがオススメです。

しかし、急にバッテリーが上がってしまうこともあります。

ジャンプスターターやブースターケーブルを所持しているときには自分で対処できますが、もしも持ち合わせていなかったり、ロードサービスの対象外であったりしたときは、修理業者に依頼しましょう。

修理業者に依頼する際に発生する料金の内訳は、「作業費+出張費+道具料」になります。

相場は「10,000円~20,000円ほど」です。

なおカーバッテリー110番なら出張費は無料ですので、お困りの際はご連絡ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。