バッテリー上がりで鍵が開かない場合の対処法!ほかの原因の可能性も

車のバッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからないだけでなく、車の電気がすべて使えなくなってしまいます。そのため、スマートキーではドアの鍵が開かなくなってしまうのです。このコラムでは、そんな場合に裏ワザとしてスマートキーで車の鍵を開ける方法や、応急処置としてバッテリーを充電する方法を解説します。

また、バッテリー上がり以外で鍵が開かない原因や、バッテリー上がりの原因に関しても触れているので、参考にしてみてください。

車の鍵が開かない原因は?

スマートキーを使用していて急に鍵が開かなくなったときには、鍵の電池がなくなった場合や車のバッテリー切れのおそれがあります。まずは車の鍵が開かない原因についてまとめました。

とりあえず車に入るために

とりあえず車に入るために

最近、多くの車で使用されることになったスマートキーは、ポケットやバッグに入れたままでも車を開閉することができて、とても便利です。しかし、なんらかの問題によってスマートキーが使えなくなってしまった場合には、内蔵されているメカニカルキーを使用しなければなりません。

メカニカルキーとは、スマートキーの内部に隠されている鍵のことです。スマートキーの解除ボタンを押すと、メカニカルキーが出てくるような仕組みになっています。このメカニカルキーを運転席のドアのカギ穴に差し込み、開錠して中に入りましょう。

ただし、ドアのカギ穴が見つけにくくなっている場合や、メカニカルキーの取り出し方にコツがいる場合があるので、購入時に「カギ穴はどこにあるのか」「メカニカルキーはどう取り出すのか」を確認しておくと安心です。取扱説明書を読み込むのもよいでしょう。

考えられる原因1:バッテリー上がり

ドアが開かないのは、バッテリー上がりが原因であるおそれがあります。バッテリー上がりが原因かどうか判断するには、運転席に乗り込んだらエンジンをかけてみましょう。以下がバッテリー上がりかどうか確認するための手順になります。

  1. 1.メカニカルキーの使用でドアを開け、運転席に着いたら、パーキングにしてブレーキを踏みます。
  2. 2.スマートキーの、メーカーのエンブレムの付いた面でパワースイッチに触れます。
  3. 3.ブザーが鳴ってから10秒以内に、ブレーキを踏んだ状態でパワースイッチを押します。

この手順をおこない、エンジンがかかればドアを開錠できない原因は鍵の不調にあり、エンジンがかからなければバッテリー上がりが原因ということが分かります。

考えられる原因2:スマートキーの電池切れ

スマートキーの電池切れが原因でドアが開かないことがあります。スマートキーのボタンを押して、ランプがつかなかった場合には電池切れのおそれがあるため、電池の交換をおこないましょう。

精密ドライバーを用いて解体し、同じ規格のボタン電池を使用します。ボタン電池はコンビニで取り扱われている一般的なもので問題ありません。電池を入れ替えたら交換完了です。

そのほかの原因の可能性も

車のバッテリー上がりスマートキーの電池切れのほかに考えられる原因は、半ドアです。バックドアもしっかりと押し込んでから、今一度スマートキーで開錠を試してみましょう。

集中ドアロックをおこなっても一部のドアだけ施錠されないときには、ドアロックアクチュエーターやコンピュータ関係の故障が考えられます。このような原因である場合には自力での修理は難しいため、ディーラーやロードサービスなどの業者に依頼して修理をおこなってもらいましょう。

バッテリー上がりが原因なら

スマートキーの電池切れの場合には、自分で電池の交換をおこなうことで、鍵が開かない問題を改善することができます。しかし、ドア自体に不具合が起きている場合や、コンピュータ関係の不調の場合には、専門業者に見てもらわなければなりません。バッテリー上がりが原因の場合には、次の章で紹介するバッテリー上がりの対処法を試してみましょう。

もしも自分でバッテリー上がりの修理は難しいと感じたのなら、ロードサービスや修理業者に依頼することをおすすめします。どの業者に依頼してよいか分からない場合は、ぜひ弊社にご連絡ください。弊社であれば、ご要望に合った業者を手配させていただきます。

バッテリー上がりで鍵が開かない場合の対処法

バッテリー上がりが原因で、車の鍵が開かなくなってしまった場合には、バッテリーを正常な状態に戻す必要があります。難しい作業ではないため、自分で試してみましょう。

応急処置の方法1:ブースターケーブルを使用する

応急処置の方法1:ブースターケーブルを使用する

ブースターケーブルを用いて、ほかの車からバッテリーを分けてもらう方法です。そのため、友人や家族、近くを通った車などに救援を依頼する必要があります。このブースターケーブルは、ホームセンターやカーショップなどで売られています。それでは、ブースターケーブルを用いた遺書方法について説明しましょう。

1.救援車と故障車を向かい合わせに停める
ケーブルの長さに限りがあるため、できるだけ近くに救援車を停め、エンジンを一旦切ります。

2.ケーブルをつなぐ
ケーブルをつなぐ際には、順番が肝心です。赤色のケーブルを「故障者のバッテリーのプラス端子→救援車のバッテリーのプラス端子」という順につなぎます。次に、黒色ケーブルを「救援車のバッテリーのマイナス端子→故障車のエンジンの金属部分」という順につなぎます。

3.エンジンをかける
救援車のエンジンをかけ、次に故障車のエンジンをかけます。ここでエンジンがかかったら成功です。エンジンがかかったら、そのままアイドリングしましょう。故障車はここでエンジンを切ってしまうと、またエンジンがかからなくなってしまうからです。

4.ケーブルを外す
ケーブルを外すにも順番があるので注意しましょう。つないだときとは逆の順番になります。「故障車についている黒色のケーブル→救援車についている黒色のケーブル」そして「救援者についている赤色のケーブル→故障車についている赤色のケーブル」といった順で外しましょう。これで作業は完了です。

ブースターケーブルを用いたこの方法をおこなうときに注意したいのは、ハイブリッド車は救援車になれないことです。バッテリーの仕組みが従来のガソリン車と異なるため、無理に救援車となると車が故障してしまいますので、気を付けましょう。

応急処置の方法2:ジャンプスターターを使用する

ジャンプスターターとは、救援車を用意せず一人でエンジンをかけさせることができる道具です。ホームセンターやカーショップで売られています。ジャンプスターターを用いて対処する方法をご紹介します。

1.ケーブルをつなぐ
まず、ジャンプスターターに付属しているケーブルをバッテリーにつなぎます。最初は赤いケーブルをバッテリーのプラス端子、次に黒いケーブルはバッテリーのマイナス端子につなぎます。それからジャンプスターターにもしっかりケーブルにつなぎましょう。ここでジャンプスターターの電源が入っているかチェックしてください。

2.エンジンをかける
エンジンをいつもどおりかけましょう。そこでエンジンがかかったら成功です。

3.ケーブルを外してしばらく運転する
無事にエンジンをかけることができたら、すぐにケーブルを外します。まず黒いケーブルから外して、次に赤いケーブルを外しましょう。エンジンを切ってしまうとまたつかなくなる恐れがあるため、しばらく運転してバッテリーを充電することをおすすめします。

もしも一回でエンジンがかからなかったときには、本体からケーブルを引き抜いてからもう一度つなげて、数分待ってから再度エンジンをかけましょう。

応急処置で解決できない場合は?

自分の対処では解決しないときには、登録しているロードサービスや業者を利用しましょう。ロードサービスのサービス対象は業者によって異なります。「契約者本人が運転、もしくは同乗しているとき」や「指定車両を運転しているとき限定」などがありますので、契約内容を確認してください。

ロードサービスを利用の際は、指定の番号に電話やFAX・メールで連絡をとって依頼します。最近は専用アプリでの依頼も可能になっています。スマートフォンのGPS機能を使用して依頼することができるので、今どこにいるのか分からないという場合にも便利です。

もしもロードサービスの対象外であったときには、修理業者に依頼することをおすすめします。弊社では、24時間365日体制で電話相談を受け付けています。もしも困ったときには、お気軽にご連絡ください。全国にある加盟店のなかから、お客様に近いスタッフを手配いたします。最短5分で伺うことができます。

バッテリーが上がってしまう原因と予防方法

前章では、バッテリーが上がってしまったときの対処法をご説明しました。ここからはバッテリーが上がらないように原因と予防方法について紹介します。日ごろから気を付けて使用しましょう。

バッテリーが上がりはなぜ起こる?

応急処置の方法1:ブースターケーブルを使用する

車のバッテリーはオルタネータという発電機によって充電されます。このオルタネータが作動していないときに車内で電気の使用をおこなうと、消耗する一方となりバッテリーが上がる原因となってしまうのです。

オルタネータは、エンジンがついているときに発電します。アイドリング時も発電しますが、それより走行時にエンジンの回転数が多くなると発電量が増えます。そのため、走行時にエアコンやカーナビ、ランプなどを使用しても、バッテリー上がりが起こることは少ないです。

しかし、エンジンを止めているときにシガーソケットからスマートフォンの充電をしたり、エアコンを点けたりということを長時間おこなうと、バッテリーは消耗される一方なのでバッテリー上がりが起きやすいです。注意しましょう。

バッテリー上がりを予防する方法

バッテリー上がりを予防するには、エンジンを止めた状態で電気を必要とすることをしないことです。エンジンを止めた状態で、長時間エアコンをつけて車載テレビを見るなどの電気を使い過ぎる行動を控えることが、予防には大切になります。

また、昼にトンネルや立体駐車場などの暗い場所を走行したときにつけたヘッドライトを消し忘れてエンジンを止めてしまうと、大量の電力を消耗してしまいます。車を駐車するときや離れるときには、車の状態を確認するように気を付けましょう。

気を付けていてもバッテリーが上がってしまったら

バッテリーを消耗しないように気を付けていても、バッテリーの寿命は短いため寿命に近づくと不具合が出てくることがあります。2年以上バッテリーを使用した際には、定期的なメンテナンスをおこなうことがオススメです。

しかし、急にバッテリーが上がってしまうこともあります。ジャンプスターターやブースターケーブルを所持しているときには自分で対処できますが、もしも持ち合わせていなかったり、ロードサービスの対象外であったりしたときは、修理業者に依頼しましょう。

修理業者に依頼する際に発生する料金の内訳は、「作業費+出張費+道具料」になります。相場は「10,000円~20,000円ほど」です。弊社では年中無休で電話相談を受け付けていますので、困ったときにはご連絡ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。