車のバッテリー上がり|点滅マークの意味ってなに?色と種類の違い

バッテリーが上がったとき、メーターのそばで点滅するマークを見たことはないでしょうか。バッテリー上がりで点滅するマークは、バッテリーの電力不足をあらわしています。そのため、バッテリー上がりのマークが出たら、すみやかに停車して充電することが大切です。

今回の記事では、バッテリー上がりのマークが示す意味と、点滅したときの対処法についてご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。対処法を知っておくと、自力でバッテリー上がりを解決することもできるでしょう。

また、運転するうえで大切な警告マークについてもご紹介します。バッテリー上がりを含め、運転中に出る警告マークの意味を知ることで、走行中の事故を未然に防ぐことができますので、運転の際にぜひお役立てください。

バッテリー上がりのマーク|種類とその意味

車の速度メーターのそばで、黄色や赤色になって点滅しているマークを見たことがある人もいるでしょう。じつは、車の各システムに異常があると、ランプが点滅して知らせてくれるのです。そのため、ランプの点滅の意味と種類を知ることで、車のトラブルを未然に防ぐことにつながります。

バッテリー上がり時に点滅するマークってなに?

バッテリー上がり時に点滅するマークってなに?

速度メーターのそばで、四角の中に「+」と「-」がついているマークをみつけたら、それはバッテリーランプです。バッテリーランプは、バッテリーになんらかの異常が出た際に警告するための役割をもっています。

バッテリーの異常というのは、おもに、バッテリー上がりです。バッテリーランプが点滅した状態で走行を続けていると、エンジンが止まって車が動かなくなるため、事故の原因にもなります。そのため、バッテリーランプが点滅したら、すぐに車を道端に寄せて停止させましょう。

車の警告灯にはさまざまな意味があります

車の警告灯が急に点灯すると、なにかよくないことが起こったのかと焦るかもしれません。しかし、点滅灯のなかには、緊急な警告の意味をもつランプもあれば、システムが安全であることを知らせるランプもあるのです。警告灯のよしあしは色で分けられるので、以下では点滅灯の色の意味についてご紹介します。

・緑色は「安全」
信号の色と同様、緑色はポジティブな意味をもちます。そのため、車のランプが緑色に光ったら、システムが安全に起動しているといっていいでしょう。

・黄色は「注意」
おもにガソリンの残量が少なくなったときや、エンジンに異常があったときに、黄色のランプが点滅します。ガソリンやエンジンのマークが黄色に光ったら、注意をうながす意味があるので、できるだけ早めに給油・点検をしましょう。

・赤色は「停車が必要」
赤色のランプがついたときは、事故につながる危険な状態であることを知らせているため、すぐに車を停車させて対処をしましょう。ブレーキやエンジンの以上であれば、停車後、ロードサービスを呼んでください。

車には、システムに異常があるとランプがついて知らせる機能があるため、システム別で表示される、マークの種類について知っておくと役に立つでしょう。マークの種類については、次でご説明します。

【マーク1】知っておくとよい警告灯

車には、20種類以上のマークがあります。半ドアのように運転手でも対処できるものから、システムの故障といった修理が必要なサインまでさまざまです。そのため、ひとつでも多くのマークを知っておくと、車の異常に早く対処できるでしょう。

ガソリン残量警告灯:四角からホースが伸びたような形のマークです。黄色や赤色に点滅したら、ガソリン切れが近いことを意味しているので、近くのガソリンスタンドで給油をしてください。

シートベルト非装着警告灯:人間のシルエットに斜めのラインが入ったマークです。シートベルトが閉まっていないことを警告するマークなので、直ちに停車させて確認しましょう。

半ドア警告灯:車の両側が開いたマークです。車のドアが完全に締まっていない部分があるサインなので、一度停車させてから再度ドアを閉めてください。

スリップ表示灯:車のシルエットに波線がついたマークです。普通の道路で点灯されたときは誤作動なので、一度業者に確認してもらいましょう。凍結した道や泥道などで点滅したときは、正常に作動しています。

【マーク2】危険を意味する警告灯

警告灯のなかには、早めの対処が必要になるものもあります。放っておくと車の故障にもつながるので、どんな種類があるのかを知っておきましょう。

タイヤ空気圧警告灯:ツボ型のシルエットの中に「!」が入っているマークです。タイヤがパンクするおそれがあると点灯するので、早めに点検に出しましょう。

エンジン警告灯:複雑な形をした四角形に近いマークは、エンジンを意味しています。おもにエンジンの故障やなんらかの異常を示しているので、点灯したらすぐに業者に確認してもらいましょう。

SRCエアバック:座った人間のシルエットに「●」のマークがついていたら、エアバックに問題がある警告灯です。エアバックに問題があると、事故があったときに開かないことがあります。

電動パワーステアリング警告灯:「PS」という文字が点灯したら、ハンドル操作に異常が出るおそれがあります。おもにハンドルが固くなり、操作しにくくなるなどの異常が出るので、すぐに点検に出しましょう。

【マーク3】運転を中止したほうがいい警告灯

車につくランプのなかには、点滅後すぐに停車しないと事故につながるマークもあります。そのため、1つでも知っておくことで、事故の防止にもなるでしょう。そこで、以下では運転を中止したほうがいい警告灯をご紹介します。

バッテリーランプ:四角の中に「-」と「+」が入ったマークは、バッテリー上がりを知らせる警告灯です。放置したまま走行しているとエンジンが止まって事故につながるので、点灯したらすぐに停車をしてください。停車後は、業者へ連絡して点検してもらいましょう。

ブレーキ警告灯:〇の中に「!」の印が入ったマークは、ブレーキの異常を伝えています。ブレーキが利かなくなって事故につながる危険もあるので、すぐに停車させてください。

マスターウォーニング:△の中に「!」のマークが入っていたら、車の機能に対する異常があります。点滅した場合、道のわきや店舗の駐車場などでもいいので、すぐに停車させてください。

水温警告灯:波線の中にカギのようなマークがついているときは、エンジンがオーバーヒート状態になっているおそれがあります。オーバーヒートになると車が走行中に急停止することもあるため、すぐに安全な場所で停車させましょう。

バッテリーが上がったら、早めに対処をしましょう!

バッテリーが上がったまま放置していると、ハンドル操作が難しくなったり、ブレーキに異常が出たりすることがあります。そのため、バッテリーが上がったときはすみやかに停車し、対処しましょう。

バッテリー上がりを起こしたときは、業者を呼ぶのがおすすめです。救援車を呼べば自力でも対処できますが、失敗すると車の故障につながるため、業者に任せたほうが安全といえます。

バッテリー上がりでお困りの際は、ぜひカーバッテリー110番へご相談ください。カーバッテリー110番では、加盟店のなかからお近くの業者を手配するため、早急な対処が可能です。そのため、旅行や通勤中のバッテリー上がりで、貴重なお時間をつぶす心配もありません。カーバッテリー110番では24時間お電話を受けつけていますので、ぜひご連絡ください。

バッテリー上がりの原因と対処法5つ

バッテリーは車のエンジンをかけることによって充電されますが、その充電が切れるとバッテリー上がりにつながります。そのため、バッテリー上がりのマークが出たときは、外部から電力を与える必要があるのです。そこで、以下ではバッテリー上がりの原因と対処法についてご説明します。

バッテリーが上がる原因とは?

バッテリーが上がる原因とは?

バッテリー上がりは、おもに電力がなくなったときに起こります。以下では、バッテリーが上がる原因についてご説明するので、今後の対策に役立ててみてください。

・ライトやドライブレコーダーのつけっぱなし
ライトやドライブレコーダーは、車のバッテリーから電力を使い、稼働しています。そのため、つけっぱなしにしていると、その分電力を失ってしまうのです。

・車に乗る頻度が少ない
バッテリーは車に乗る頻度が少ないほど、電気を消費してしまいます。なぜなら、バッテリーの電力は走るほど充電されますが、エンジンを使わないと自然に放電するからです。そのため、長期間車を動かさないでいると、電力は失われてしまいます。

・気温が低い
バッテリーの中には、電力を稼働させるための希硫酸(きりゅうさん)という液体が入っています。希硫酸は0℃以下になると性能が低下してしまうため、冬場でバッテリー上がりを起こしやすいのです。

対処1|ブースターケーブルを使用する

バッテリー上がりが起こったときは、救援車を呼んで電力を分けてもらう方法が一般的です。救援車と故障車のバッテリーを、ブースターケーブルという金属線の入ったケーブルで接続することで、電力を移すことができます。

ただし、救援車を呼ぶときはトラックやハイブリットカーなどは避けましょう。種類の違う車は、構造や電圧に差があり、接続すると故障するおそれがあります。

対処2|ジャンプスターターを使用する

ジャンプスターターとは、バッテリーに電気を送って回復させる充電器です。専用のケーブルを使って故障車のバッテリーにつなげることで充電できます。ホームセンターやインターネットなどで簡単に購入できるため、バッテリーが上がったときのために車に常備しておくのがおすすめです。

対処3|新しいバッテリーに交換する

バッテリーは寿命を超過して使用していると、バッテリーが上がりやすくなります。とくに、バッテリーの寿命は3~4年前後なので、4年以上使うと危険なのです。そのため、寿命が過ぎていたら、業者にバッテリー交換を依頼しましょう。

対処4|ロードサービスを利用する

ロードサービスとは、道路上のトラブルに対応してくれるサービスをさします。ロードサービスに連絡することによって、業者が救援車で駆けつけてくれるのです。ただし、有料会員や任意保険で加入していない人が利用すると、お金がかかります。

対処5|業者に依頼する

バッテリー上がりが起こったとき、業者に依頼をするのもおすすめです。バッテリーに電気を送る手順は、間違えると故障につながるため、業者に任せることで安全におこなえるのです。

しかし、業者に依頼をするとなると、費用が心配になる人もいるでしょう。そこで、バッテリー上がりを業者に直してもらう場合の費用相場について、以下にまとめてみました。

  • ・昼の一般道路の場合:約8,000円~13,000円前後
  • ・夜の一般道路の場合:約12,000円~15,000円前後
  • ・昼の高速道路の場合:約12,000円~22,000円前後
  • ・夜の高速道路の場合:約16,000円~25,000円前後

作業代そのものは約2,000円~4,000円前後であることが多いですが、そのうえに基本料金や高速料金などが含まれるため、値段が高くなりやすいのです。また、出張料金や部品代なども含まれると、最終的な金額が想像よりも高くなるかもしれません。

少しでも安く依頼したい場合は、カーバッテリー110番へご相談ください。カーバッテリー110番から手配させていただく業者は、出張料が無料です。カーバッテリー110番は24時間無料でお電話を受けつけていますので、よろしければご相談ください。

バッテリー上がりの予防法

バッテリー上がりは、いつどこで起こるかがわかりにくいうえ、車を動かせなくなるので、困ることも多いです。そのため、日ごろからバッテリー上がりが起こらないよう予防しておくことが大切です。ここからは、バッテリー上がりの予防方法についてみていきましょう。

その1|車を運転して充電する

その1|車を運転して充電する

バッテリーは、車のエンジンが稼働することによって充電します。そのため、定期的に運転をして充電しておけば、バッテリー上がりのリスクを減らせるでしょう。

また、アイドリングをして充電するのもおすすめです。アイドリングとは、エンジンをかけたままで車自体は止めておくことをさします。車は動かないので走行させる必要はなく、外出が面倒なときでもできるでしょう。

その2|長時間運転しない場合はマイナス端子を外しておく

あまり運転をする機会がない人は、バッテリーのマイナス端子を外しておくのもおすすめです。バッテリーには左右に突起がついており、右側の突起がマイナス端子になります。マイナス端子を抜いておくと電気を消費しないので、ドライバーを使って抜いておきましょう。

その3|バッテリーの寿命を把握しておく

バッテリーの寿命は電圧計で測定できるので、定期的に図って期限を把握しておきましょう。電圧計はバッテリーのプラス端子とマイナス端子に接続することで測ることができます。測定時に12.6Vになっていたら、バッテリーに問題はありません。

しかし、測定結果が12.5Vより下回っているとバッテリー上がりが起こりやすくなります。そのため、バッテリー交換をおこなうのがおすすめです。

それでも、道路でバッテリー上がりを起こしてしまった場合は、業者を呼びましょう。前述のように自力で対処できる方法がありますが、業者に任せたほうが失敗のリスクもなく確実です。

走行中にバッテリー上がりのマークが出たら、ぜひカーバッテリー110番へご相談ください。カーバッテリー110番では、加盟店が作業前に料金見積りをおこない、見積り後は追加料金がかかりません。そのため、安心して任せられます。カーバッテリー110番は年中無休でお電話を受けつけていますので、ぜひご連絡ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。