ヴェルファイアのバッテリー上がりへの対処法と注意点をご紹介します

大変人気の車種であるヴェルファイアを運転中に、「バッテリー上がり」が起きてしまっても、必要なものさえあればエンジンを再始動させることができます。必要なものとは、12ボルトのバッテリーを搭載している救援車とブースターケーブルです。

どのような車種にも当てはまることですが、車の「バッテリー上がり」は突然起きてしまいます。エンジンが急に止まってしまったときのためにも、愛車に起きたトラブルを改善するためにどうしたらよいのか、日ごろから知っておいたほうがよいのです。ここでは、人気車種ヴェルファイアに起きたバッテリー上がりの対処法を、ご紹介いたします。

【ヴェルファイアのバッテリー上がり対処】ジャンプスタート

バッテリー上がりを起こしてエンジンが動かなくなったとき、ほかの車(※12ボルトのバッテリーが付いた車)からバッテリーに電気を送り込むことで、再び動くようになります。

この際に、助けが必要なヴェルファイアのバッテリーと、救援車のバッテリーを接続するものが、「ブースターケーブル」です。ブースターケーブルは、赤いケーブルと黒いケーブルの2本でひとつとして、自動車用品店で販売されています。持っていない人は購入して、いつバッテリー上がりが起きても対処できるように、日ごろから備えておきましょう。

救援車とブースターケーブルを利用して、バッテリー上がりを改善することを「ジャンプスタート」といいます。ここでは、ジャンプスタートをおこなうための手順と、おこなう際の注意点についてご説明いたします。ぜひバッテリー上がりのときの、お役に立ててください。

手順1:ブースターケーブルをつなぐ

ヴェルファイアのバッテリー上がりへの対処法と注意点をご紹介します

ブースターケーブルをつなぐ前に、まずは電子キーが手元にあるか確認してください。車内に置いたままの場合は取り出しましょう。ヴェルファイアは、バッテリー上がりを改善するために、バッテリーの充電や交換をおこなうとドアがロックされることがあるからです。電子キーが手元にあることを確認したら、以下の流れでケーブルをつないでください。

1.ボンネットを開く
車内にあるボンネット解除レバーを引くと、ボンネットがわずかに開きます。次に車体前方に回り、ボンネット部分にあるレバーを押してください。ボンネットが大きく開くようになります。ボンネットを十分に開けたら、開いた状態を維持するために、ボンネットステーをステー穴に立てましょう。救援車のほうも同様に、ボンネットを開けてください。

2.赤色のブースターケーブルで、2つのバッテリーを接続する
赤色のブースターケーブルを、バッテリー上がりを起こしたヴェルファイア(※以降、自車と表記する)のバッテリーにつなぐ場合、まずは、自車バッテリーの「+端子」に、赤色のブースターケーブルを取り付けましょう。次に、赤色のブースターケーブルのもう一方を、救援車のバッテリーの「+端子」に取り付けてください。

自車がハイブリッド車の場合は、メインバッテリーではなく「補機用バッテリー」が上がってしまうこともあります。補機用バッテリーの上がりをジャンプスタートで解決するためには、ブースターケーブルを使用するところは同じですが、赤色のケーブルの接続場所が異なるため、注意しなければなりません。

補機用バッテリーが上がってしまったときは、まず「ヒューズボックス」のカバーを開けましょう。ボックスにあるツメを押しながら、簡単に開けることができます。次に、ヒューズボックス内にある「救援用端子カバー」を、カバーにあるツメを引きながら開けてください。そして、露出した「救援用端子」に、赤色のブースターケーブルを取り付けましょう。

※「2GR-FKSエンジン」を搭載しているヴェルファイアの場合は、エンジンにカバーが被さっています。カバーが被さったままだと、バッテリーにケーブルを接続することができません。カバーを取り外して、バッテリーを露出させましょう。

3.黒色のブースターケーブルで、2つのバッテリーを接続する
まず、黒色のブースターケーブルのもう一方を、救援車のバッテリーの「-端子」に取り付けてください。次に、自車の、バッテリーから遠い位置にあたる塗装の施されていない金属部分に、黒色のブースターケーブルを取り付ける。黒色のブースターケーブルをつなぐ場所は、メインバッテリーでも補機用バッテリーでも同じです。

上記の手順で2色のブースターケーブルの接続ができたら、ジャンプスタートの準備は完了となります。あとは救援車の力を借りて、自車のエンジンを動かすだけです。ただし、エンジンの動かし方にも手順があります。次で詳しくご説明していくのでご一読ください。

手順2:救援車→ヴェルファイアの順にエンジンをかける

ブースターケーブルで自車と救援車のバッテリーをつないだら、救援車のエンジンをかけることで自車のバッテリーの充電が可能です。これは上がってしまったバッテリーが、メインバッテリーでも補機用バッテリーでも同様になります。

ただし、充電を終えたあとの流れが、メインバッテリーのときと補機用バッテリーのときで若干異なるため、注意が必要です。以下が、双方のバッテリー充電と、エンジン、ハイブリッドシステム始動までの手順になります。

【メインバッテリーが上がってしまった場合】

1.救援車のエンジンをかける
この際、エンジンの回転数は少し高めにしてください。救援車のエンジンが動いているこの間に、自車のバッテリーは充電されていきます。このまま5分ほど待機しましょう。

2.エンジンを始動する
自車のエンジンスイッチが切れている状態で、まずはどれでもよいのでドアを開閉します。そして救援車のエンジンをかけたまま、自車のエンジンスイッチを「イグニッションONモード」にしたのち、エンジンを始動させましょう。

3.ブースターケーブルを外す
無事に自車のエンジンが始動したら、つないだときとは反対の手順で、ブースターケーブルを外してください。

【補機用バッテリーが上がってしまった場合】

1.救援車のエンジンをかける
メインバッテリーに充電をするときと同様に、救援車のエンジンをかけて、5分ほど待ちましょう。このとき、回転数を少し高めにすることも同じです。

2.パワースイッチを入れてハイブリッドシステムを始動する
「パワースイッチ」が切れている状態で、まずはどれでもよいのでドアを開閉しましょう。次に救援車のエンジンをかけたまま、パワースイッチを一度入れてください。そのあと、「ハイブリッドシステム」を始動しましょう。

3.ブースターケーブルを外す
ハイブリッドシステムが正常に始動すると、「READYインジケーター」が点きます。その状態になったら、ブースターケーブルをつないだときと反対の流れで外しましょう。

以上の流れで、メインバッテリーが上がってしまったとき、補機用バッテリーが上がってしまったときの、ジャンプスタートは完了となります。ただし、ジャンプスタートは万能な手段ではありません。注意すべき点があるので、以下でそれらについてご説明いたします。

ジャンプスタートの注意点

ジャンプスタートをおこなう際に、知っておくべき注意点は以下の3つです。

  • ・ブースターケーブルをつないだ際にホーンが鳴る
  • ・ヴェルファイアに保存されているコンピュータ情報が消去される
  • ・ブースターケーブルのつなぎ方を誤ると車が燃える危険性がある

ホーンが鳴るのは、盗難防止用のオートアラーム機能が働いただけのため、何も問題ありません。数十秒間鳴ったあとで自動的に停止します。1秒でも早く止めたい場合は、ドアやトランクの鍵を開けたり、エンジンスイッチをイグニッションONモード・アクセサリーモードにしたり、エンジンをかけたりしましょう。

メインバッテリーでも補機用バッテリーでも、バッテリー上がりが起きてしまうと、保存されているコンピュータ情報は消えてしまいます。エンジンが動かせるようになったら、まずはトヨタ販売店で点検を受けましょう。機能の初期設定が必要だからです。

ブースターケーブルを正しくつながないと、バッテリーが発火するおそれがあります。発火は酷くなると車全体の燃焼に発展し、最悪の場合は車の爆発にまでつながる危険性もあることです。ケーブルをつなぐだけだから簡単と思われる方もいるかもしれませんが、ジャンプスタートという解決方法は細心の注意を払っておこなうべきことなのです。

ジャンプスタートを自力でおこなうことに、少しでも不安を感じた場合は、業者を頼りましょう。弊社にお任せいただければ、迅速な対応をいたします。ぜひお電話ください。

【ヴェルファイアのバッテリー上がり対処】その他の対処法

バッテリーが上がってしまったときの手段は、ジャンプスタートだけではありません。ここでは「ジャンプスターターの使用」「バッテリー交換」「業者に頼る」といった3つの対処法をご紹介します。無理なことには挑戦せず、自分でやれると思った方法を講じてください。

【対処法1】ジャンプスターターを使用する

ヴェルファイアのバッテリー上がりへの対処法と注意点をご紹介します

ジャンプスターターとは、小型バッテリーから赤と黒のケーブルが1本ずつ伸びている品です。スマートフォンでいうところの、モバイルバッテリーのようなものになります。これがあることによって、救援車を頼らずにバッテリーの充電が可能です。

使い方は簡単です。自車のバッテリーの赤と黒の端子に、ジャンプスターターのそれぞれの色のケーブルに付いているクリップをつないだら、自車のエンジンを始動させるだけになります。カー用品店で販売されているため、持っていない人は購入しておくとよいでしょう。

【対処法2】バッテリーを交換する

自車に搭載されているバッテリーと同じ規格のものと、必要な工具さえ用意できれば、バッテリーを交換することでバッテリー上がりは解決します。しかし、おすすめはしません。交換に関する知識と経験がない人がおこなうと、大変危険だからです。

バッテリーは電気を扱っています。そのため、知識も経験もない人が不用意に交換しようとすると、感電するおそれがあります。とくに、長年乗り続けている車は注意が必要です。防水加工がとれてしまっているかもしれないからです。

また、感電のほかにも、バッテリー交換には危険な点があります。接続端子を間違えてしまうとショートして火花が散り、ガソリンに引火するおそれがあるのです。引火すれば、最悪の場合、爆発事故に発展します。命を脅かすほどの危険があるのです。

バッテリーの交換を、すでにやったことがある場合のみ、おこなってください。近くに経験者がいれば、交換用のバッテリーだけ用意して、あとはお願いするのもよいでしょう。

【対処法3】ロードサービスや業者を呼ぶ

JAFの会員であれば、バッテリー交換を無料でおこなってもらえます。さらに、加入している自動車保険次第では、無料でバッテリー上がりに対応してもらえることもあります。心当たりがある場合は、バッテリーが上がってしまったらJAFや保険会社に連絡しましょう。

どちらも心当たりがない場合は、バッテリーの交換や充電に対応している業者に依頼することをおすすめします。カー用品店やディーラーとは違って、業者によって24時間対応していたり、費用が安かったりするため、自分に合った解決策を提供してくれるでしょう。

しかし、そもそもどんな業者があるかわからない、という方もいらっしゃるかと思います。そういった方は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社であれば、最も望まれる形でバッテリー上がりを解決できる業者を、手配させていただきます。お電話お待ちしております。

エンジンがかからない原因はほかにも

エンジンがかからない原因は、バッテリー上がりだけではありません。そのため、バッテリーを充電したり、交換したりしても事態が改善されない場合もあります。ここからは、エンジンがかからなくなる原因のうち、代表的なものをご紹介いたします。

スマートキーのトラブル

ヴェルファイアのバッテリー上がりへの対処法と注意点をご紹介します

スマートキーが車内にないと、エンジンは始動しません。自車の近くにあったとしても、車外にある場合はダメです。鍵が車外にある状態で乗り込むことはまずないと思いますが、乗車する際はスマートキーを携帯した状態で乗りましょう。

さらに、スマートキーの電池が足りていない場合も、エンジンはかかりません。ヴェルファイアの場合、電池が足りていないと、その旨を知らせる警告がエンジンを始動させたときに表示されます。警告が表示されたら、新品のリチウム電池に交換しましょう。

ガソリンが不足している

ヴェルファイアに限らずですが、ガソリンを使用している車種であれば、ガソリン不足によってもエンジンはかからなくなります。メーターを見て、少なければ補充してください。給油ランプが点灯してからも、5kmほどは走行できますが、油断しているとガス欠になってしまうでしょう。

ランプが点灯したその日のうちに、給油すると決めておくのがおすすめです。そうすることで、ガス欠が起きることをまずなくすことができます。

エンジン始動の操作ミス

エンジンを始動させる際に、以下のような操作ミスがあると、エンジンはかかりません。

  • ・ブレーキペダルの踏みが甘い
  • ・シフトポジションがPまたはNに入っていない

こういった操作ミスをしていないか確認しつつ、改めて正しい手順で始動させましょう。

ハンドルロックがかかっている

ヴェルファイアには、盗難防止機能のひとつとして、「ハンドルロック」というものがあります。これは、エンジンがかかっていないでハンドルを回すと、ハンドルが動かなくなるというものです。ハンドルロック機能が作動している状態では、エンジンをかけることができません。

ハンドルを左右に回しながら、エンジンスイッチ(パワースイッチ)を押すか、キーを回すことで、ハンドルロックは解除されます。

バッテリー端子の接続が緩んでいる

バッテリーには「ターミナル端子」というものがあります。この端子は走行による揺れで緩むことがあり、正常に接続されていない状態になってしまうと、エンジンはかかりません。エンジンのかかりが悪くなったり、ヘッドライトが点滅したりと、バッテリーの調子が悪いと感じたときは、一度このターミナル端子が緩んでいないか確認してください。もし緩んでいたときは、スパナを使って締め直しましょう。

いかがでしたでしょうか。ここまで、ヴェルファイアでバッテリー上がりが起きた際の、対処法についていくつかご紹介してきました。どれも知識と経験さえあれば、自力でおこなえる方法です。しかし、どれも手順を少しでも誤れば、愛車だけでなく自身の命にもかかわる危険をともなう作業になります。自分で対処するのが不安な方は、業者を頼りましょう。

弊社ではご希望に合った方法で、ヴェルファイアに起きたバッテリー上がりを解決できる業者を手配いたします。急な依頼にも可能な限り対応させていただきますので、もしお困りの際はご連絡ください。お電話お待ちしております。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。