ヴェゼルのバッテリー上がり|原因や対処法・放置のリスクについて

車のエンジンが止まってしまったときに原因として多いのが、バッテリー上がりです。ホンダの人気車であるヴェゼルにはハイブリッド車とガソリン車のモデルがありますが、バッテリー上がりが起こった際にはどのように対処すればよいものなのでしょうか。

今回はヴェゼルのバッテリー上がりの対処法を、ハイブリッド車とガソリン車の違いもあわせて説明いたします。ぜひこの記事を読んで、バッテリー上がりを対処しましょう。

ヴェゼルのバッテリー上がり対処法

ヴェゼルのバッテリーが上がってしまった場合、どのモデルでもバッテリーの充電をしなければいけません。ここでは、バッテリーが上がってしまった場合の適切な対処法についてお話します。

ハイブリット車には2種類のバッテリーがある

ヴェゼルのバッテリー上がり|原因や対処法・放置のリスクについて

ハイブリッド車とアイドリングストップ搭載のガソリン車、2種類のモデルが販売されているヴェゼルですが、それぞれバッテリーの構造は大きく異なります。

「ハイブリッド車でもバッテリー上がりが起きてしまうの?」と思いの方も多いとは思いますが、実際にハイブリッド車でもバッテリーは上がってしまいます。ハイブリッド車にはバッテリーが2種類搭載されていて、ひとつは駆動用、もうひとつは補機バッテリーと呼ばれています。

駆動用バッテリーは車のモーターを動かす役目をもつ、非常に強力なバッテリーです。対して補機バッテリーは、通常の自動車のバッテリーと同じように、車内のシステムや電子機器に電源を供給しています。

補機バッテリーは通常の車と同じように、気をつけていないと上がってしまうほか、駆動用バッテリーもごくまれに上がってしまうことがあります。そのため、強力なバッテリーをもつハイブリッド車だからといって、バッテリー上がりとは無縁というわけではないのです。

【対処1】ブースターケーブルで応急処置

ヴェゼルがバッテリー上がりを起こしてしまったら、通常の車と同じくブースターケーブルを使って復旧しなければいけません。救援車と自車のバッテリーをつないで、救援車のバッテリーの電力を使って自車のエンジンをかけましょう。

このとき使うブースターケーブルは赤と黒のケーブルでワンセットとなっています。まず赤のケーブルを自車の補器用バッテリーのプラス端子、救援車のプラス端子の順に接続します。次に黒のケーブルを救援車、自車の順でバッテリーのマイナス端子につないでください。

接続したら救援車のエンジンをかけたあとに、自車のエンジンをかけます。これでエンジンが始動すれば復旧成功ですが、この方法は応急処置のひとつです。

エンジンがかかったら、また自力でエンジンを始動できるだけの電力を充電する必要があります。1時間ほど走行するか、エンジンをアイドリングさせ続けて給電をおこないましょう。

【対処2】バッテリーを交換

ヴェゼルのバッテリーが上がってしまった場合の原因として、バッテリーの寿命なども考えられます。その場合はバッテリーを交換する必要があります。

ヴェゼルのバッテリーはカー用品店やインターネットなどで購入できます。ただし、アイドリングストップ搭載車とハイブリッド車は、それぞれ専用のバッテリーを使っています。そのため、購入の際はバッテリーの種類に気をつけなければいけません。

とくにアイドリングストップ搭載車は、エンジンを切ったりつけたりの動作が多くなることから、高性能のバッテリーを搭載しています。購入の際はバッテリーが本当に適合するのか、車両の形式を確認して購入しましょう。どうしても不安な場合は、ディーラーやカー用品店の店員さんに尋ねてもよいでしょう。

【対処3】ロードサービスや業者に連絡

バッテリーが上がって自分での対処が難しい場合は、ロードサービスなどに復旧をおまかせするのもよいかもしれません。バッテリーのつなぎ方がわからない場合や、電気が流れるので不安……という場合におすすめです。

また、高い電圧をもつ駆動用バッテリーの復旧や交換は、それ専門の資格が必要なほどの危険な作業です。駆動用バッテリーに問題がある場合は必ず業者に相談するようにしてください。

ハイブリッド車は救援車として呼べないので注意!

ヴェゼルにはハイブリッド車とエンジン車がありますが、実はハイブリッド車は他の車のバッテリー上がりを救援できません。ハイブリッド車の補器用バッテリーは通常の車と同じ電圧をもっていますが、エンジンを動かすほどの大きな電流を流すことは想定されていません。

そのため、ハイブリッド車で救援をしようとすると、補器用バッテリーが大電流に耐えられずに故障してしまいます。こちらが救援してもらうぶんには問題ありませんが、救援車として名乗り出てトラブルを起こしてしまわないように気をつけましょう。

バッテリー上がりで困ったら業者に連絡しよう

ヴェゼルのバッテリーが上がって、自分ではどうしようもないときには、すぐに業者に連絡して修理をしてもらいましょう。同じ修理業者でも、車のバッテリー専門の業者であれば、より早くバッテリー上がりのトラブルを解決することができるかもしれません。

弊社からはお困りの現場へいつでも、お近くの修理業者を派遣することができます。コールセンターは24時間対応となっておりますので、お困りの際にはすぐにお問い合わせください。

バッテリー上がりしやすい原因と予兆

バッテリー上がりは理由なく起こるものではなく、いくつかの原因が存在します。何が原因になるものなのかを知っておけば、バッテリー上がりの予兆に気づくことができるかもしれません。ここでは、バッテリー上がりの原因についてお話します。

実はバッテリー上がりには予兆がある

ヴェゼルのバッテリー上がり|原因や対処法・放置のリスクについて

急にエンジンがつかなくなったりする印象があるバッテリー上がりですが、実はエンジンがつかなくなる前にも、小さな予兆があります。

たとえば、車のパワーウィンドウの動きがいつもより遅かったり、ルームライトがつかなくなってしまったりといった予兆が見られることがあります。しかし、最近のモデルでは充電制御機能によってこれらの予兆はわかりづらくなってしまっています。

ですが、アイドリングストップ車では、バッテリーが劣化するとアイドリングストップ機能がオフになるようになっています。アイドリングストップ機能が使えなくなったら、バッテリー上がりを警戒しておくとよいかもしれません。

原因1|長時間運転することが少ない

バッテリーが上がってしまう原因のひとつに、長時間の運転が少ないということがあります。5キロ以内などの短距離の運転だと、バッテリーが充電される電気量より消費する量が多くなってしまいます。

これを何度も続けてしまうと、いずれ充電量が追い付かずにバッテリーが上がってしまいます。そのため、月に一度は遠くまで車を走らせるようにするなど、普段の短距離の運転をカバーする対策を取るとよいでしょう。

原因2|電力の使い過ぎ

バッテリー上がりの原因の多くは、車の電力の使い過ぎです。バッテリーはエンジンによってある程度充電がされていますが、車の電力すべてをエンジンの力で補うことはできません。

エンジンが止まっているのにライトやオーディオをつけっぱなしにしていたりすると、すぐに電力が足りなくなり、バッテリーが上がってしまいます。また、走っているときだとしても、渋滞中に電力を使い過ぎてしまったりすると、充電しきれずにバッテリーが上がってしまうこともあります。

原因3|外気温の低下

地域によっては、外気温の低下によってバッテリーの性能が落ちてしまうこともあります。これはバッテリーに入っている希硫酸と呼ばれる物質が、低い気温を好まないことが原因となっています。

とくに外気温が0度以下になるほど低い場合、バッテリーの性能は著しく落ちてしまいます。そのため、寒冷地にお住まいの方は、容量が大きめのバッテリーを使うなどの工夫をするとよいでしょう。

原因4|オルタネーターの故障

バッテリー上がりを起こしてしまった際、バッテリーの交換を試す前にエンジンのオルタネーターの故障ではないかを確認しておくようにしましょう。オルタネーターとは、エンジンの動力を電力に変えてバッテリーに送り、充電するための部品です。

そのため、オルタネーターが故障を起こしていたら、バッテリーを交換しても意味はありません。大切なバッテリーを無駄にしてしまわないようにするためにも、オルタネーターの故障ではないか調べることをおすすめします。

オルタネーターの状態を確認する方法は簡単です。

1.エンジンがかかった状態で電気装備(ライトなど)を使います。
2.そのままバッテリーのマイナス端子を外します。

マイナス端子を外してもエンジンが止まらなかった場合、オルタネーターは正常に作動しているということになります。エンジンが停止した場合は、オルタネーターが電気を送ることができていないことになるので、原因がオルタネーターにあることが特定できます。

原因5|バッテリーの劣化や寿命

車のバッテリーの寿命は平均で2~3年だといわれています。また、ハイブリッド車の補器用バッテリーも4年~5年ごとに交換が必要になります。それ以上の期間使ってしまうと、いくら充電してもすぐに上がってしまったりなど、予期しない故障が起きてしまうおそれがあります。

寿命が近づいてきたら、バッテリーの交換をしましょう。バッテリーは大きな電流が流れる部品なので、交換の際はバッテリーの取扱い説明書をしっかりと読み、適切な作業をおこなうようにしましょう。自分で交換するのがどうしても不安な方は、バッテリー交換のプロにおまかせすることもおすすめです。

バッテリー上がりを放置するとどうなる……?

バッテリー上がりを起こしてしまった車を、もし放置したらどうなるのでしょうか。「面倒だから放置して後日復旧しよう」と考える方もおられるかもしれません。しかし、車を放置することによるメリットは、何ひとつといっていいほどありません。

バッテリーは直らない

ヴェゼルのバッテリー上がり|原因や対処法・放置のリスクについて

バッテリー上がりは、放置することによって直ることはありません。たまにスマートフォンなどを使用していると、「バッテリーが切れてしばらくしてからスイッチを入れたら電源がついた」なんてこともあるかもしれません。

しかし、これはあくまで、バッテリーの残量を内部コンピューターで管理しているスマートフォンでの話です。車の場合はバッテリーが上がってしまったら、復旧しない限りは二度とエンジンをつけることができない、と考えておいた方がよいでしょう。

放置することでバッテリー以外も故障のおそれが

車のバッテリーは自然現象による放電のほか、カーナビなどのコンピューターの維持などで常に微量の電力を消費しています。そのため、バッテリー上がりを放置していると、わずかに残っていた電力がさらに消費されてしまいます。

結果、リモコンキーで鍵を開けるだけの電力もなくなってしまい、車に入れなくなるというケースもあります。また、さらに長期間放置するとガソリンが劣化してしまい、最悪の場合廃車になってしまうおそれもあります。

そのため、バッテリー交換はとても面倒な作業ですが、投げ出さずにすぐにおこなうようにしましょう。バッテリーの交換は手間ですが、プロにおまかせすればとても簡単に解決することができます。

カーバッテリー110番では、身近なバッテリーの上がりのトラブルに最短5分で修理業者を派遣することができます。大切な車を1日でも放置して劣化させてしまわないためにも、バッテリーが上がってしまったらすぐにプロにおまかせして解決してしまいましょう。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。