ヴォクシーのバッテリー上がりの原因・対処法とは?対策方法もご紹介

「車のエンジンがかからない……」そんなときに多くの方がまず考えるのが、バッテリー上がりでしょう。この記事では、ヴォクシーのバッテリーが上がってしまったときの原因と対処法をご紹介していきます。

運転しようとしていたところで車のバッテリーが上がってしまうと、どうしても焦ってしまいますよね。ですが、原因がわかれば対処することが可能ですので、まずは落ち着いてチェックしていきましょう。

ヴォクシーのバッテリー上がりの原因は?

はじめに、ヴォクシーのバッテリーが上がってしまう原因を究明していきます。ここでは3つの原因と、バッテリーが上がるとどんな症状が表れるのかなどをご紹介していきます。

【原因1】電気機器の使いすぎ

【原因1】電気機器の使いすぎ

ヴォクシーに限った話ではありませんが、エンジンが止まっている状態でライトやクーラーを使用すると、電力を著しく消費してしまいます。そうしてバッテリーの電力が切れてしまうことにより、バッテリー上がりが起きてしまいます。電子機器は使いすぎたり、つけっぱなしにしておくことがないよう、気をつけなければなりません。

【原因2】あまり運転しない

バッテリーは運転中のエンジンの動力によって充電がおこなわれています。運転する回数が少ない場合、バッテリーの充電がされないまま自然放電してしまうため、バッテリーが上がりやすくなってしまいます。

【原因3】そのほかの原因

冬はバッテリー液の温度が低下するため、性能が落ち、バッテリーが上がってしまう原因のひとつとなります。また、バッテリーの寿命がきたら交換する必要があります。寿命はおよそ2年~3年程度となりますので、バッテリーが上がってしまわないうちに交換するようにしましょう。

バッテリーが上がるとどうなる?

バッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからなくなったり、電気機能が作動しなくなったりします。また、そのまま放置しておくとバッテリーだけではなく、さまざまなパーツに不具合が出てしまうこともあるのです。バッテリー上がりは放っておいても何も得することはありません。

バッテリー上がりと思いきや!違う場合も

ガス欠やスターターモーターが故障している場合は、ディーラーや整備工場にみてもらうようにしましょう。

ガス欠などでエンジンがストップした場合はバッテリー上がりのときとは違い、電力に問題はないため、ライトなどは点灯することができます。バッテリー上がりの症状と勘違いをしないようにしましょう。

バッテリー上がりでお困りなら

バッテリーが上がってしまって自分では対処できないときには、ロードサービスまたは業者に相談するようにしましょう。プロの目で見てもらうことにより、バッテリーが上がってしまった原因を正しく判断して対処してもらえます。

弊社の「カーバッテリー110番」は全国に加盟店があるため、お客様がお困りの現場にすぐ業者を派遣して対応させることが可能です。いつでもお困りの際にご連絡いただければ対応いたしますのでご安心ください。

ヴォクシーのバッテリー上がりの対処方法

次に、ヴォクシーのバッテリー上がりを解消する2つの対処方法についてご紹介します。ハイブリッドモデルのヴォクシーには通常の車とは異なる注意点もいくつかありますので、しっかりと覚えておきましょう。

ハイブリッド車は注意!

ハイブリッド車は注意!

ヴォクシーの一部のモデルは、バッテリーが2つあるハイブリッド車です。ハイブリッド車のバッテリーは走行用にモーターを動かす駆動用バッテリーと、システムや各電子機器を起動させる補機バッテリーにわかれています。それを踏まえて下記をご確認ください。

1.補機バッテリーが上がってしまった場合には、ジャンピングスタートを試すことにより解決できます。ジャンピングスタートとは、バッテリー上がりが起きていないほかの車から電力をわけてもらうことでエンジンを始動させる方法です。

2.モーター駆動用のバッテリーは通常よりも非常に高電圧なバッテリーとなっています。このバッテリーが上がっている場合、車の故障につながりかねないため、ジャンピングスタートは危険です。この場合は、ロードサービスや業者に相談するようにしましょう。

次にご紹介するのが対処法の2つとなります。参考にしてみてください。

対処方法その1:救援車を使って充電

補機バッテリーが上がってしまったときには、ほかの車に救援してもらうことで充電ができます。バッテリーの容量にあったブースターケーブルを用意して、下記の順につなぎましょう。

  1. 1.バッテリーが上がったヴォクシーのプラス端子
  2. 2.救援車のプラス端子
  3. 3.救援車のマイナス端子
  4. 4.バッテリーが上がったヴォクシーのマイナス端子

つなぎ終わったら、下記の順に作業を進めてください。

  1. 1.救援車のエンジンをかける
  2. 2.数分間アイドリングする
  3. 3.バッテリーが上がったヴォクシーもエンジンをかける
  4. 4.アイドリングさせたまま、または走行して充電をする

対処方法その2:ジャンプスターターを使って充電

ジャンプスターターを使用して充電をおこなうと、救援車による救護がなくてもバッテリー上がりを改善することができます。方法を下記でご紹介しますのでご確認ください。

  • ・ケーブルをバッテリーにつなぐ
    (赤はプラス端子・黒はマイナス端子)
  • ・ケーブルをジャンプスターターに接続する
  • ・LEDが緑に点灯したら、エンジンをつける
  • ・ケーブルをジャンプスターターから抜く
  • ・ケーブルをバッテリーから外す

対処方法で解決できない場合は

上記の対処法を試してもバッテリーが上がってしまうという場合には、バッテリーに給電をおこなうオルタネーターの故障、またはバッテリー本体の寿命が考えられます。ハイブリッド車のバッテリーの寿命は5年~10年といわれています。すぐにバッテリーが上がってしまうという場合には、業者に相談するようにしましょう。

劣化や寿命のためバッテリー交換を依頼する場合、駆動用バッテリーの場合ですと相場にしておよそ120,000円~300,000円の費用がかかります。オルタネーターの故障など、バッテリーに付随する機器の不具合があった場合には、値段がさらに変動します。

また、補機用のバッテリーの場合は30,000円~50,000円が相場となっております。これらはあくまでも目安ですので参考程度にしておきましょう。

弊社の「カーバッテリー110番」はお客様よりお問い合わせ・ご依頼いただけましたら、すぐに業者を手配できます。ですが、すぐに作業にとりかかるのではなく現地調査をおこないお見積りをとってから作業開始となります。安心してご利用ください。

ヴォクシーのバッテリー上がりを事前に防ぐには?

ヴォクシーのバッテリーが上がってしまうのを事前に防ぐ対処法をご紹介していきます。この情報を知っておけばバッテリーが上がってしまうのを回避できるかもしれません。では、チェックしていきましょう。

バッテリー上がりの予兆を見逃さない

バッテリー上がりの予兆を見逃さない

バッテリーが上がる前には下記のような症状があらわれる場合があります。このような症状が確認できたら注意が必要です。

  • ・エンジンのかかりが悪い
  • ・ヘッドライトの明るさが落ちる

これらのサインを見逃さないようにし、もし予兆を感じたときにはバッテリーの充電または交換をおこないましょう。そうすることでバッテリー上がりを未然に防ぐことが可能です。

バッテリーを点検する

バッテリーの寿命が近いとバッテリーが上がってしまいやすくなります。2年~3年ほど経ったら寿命となりますので、新しいものに交換をしましょう。点検方法に関して下記をチェックしてください。

  • ・電圧計、バッテリーチェッカーを使用する
  • ・エンジンをクランキングする
  • など

また、点検に関してはガソリンスタンドでおこなってもらうことも可能です。

運転のしかたにも注意

バッテリー上がりを防ぐためには、運転のしかたにも注意する必要があります。下記の点に気をつけて運転するようにしましょう。

  • ・エンジンを切ったままクーラーや電気を使用しないようにする
  • ・使用頻度を上げて、充電をためるようにする
  • など

また、短距離での運転だけを繰り返していると、十分な充電がおこなわれないままエンジンの始動などで電力を消費することになってしまいます。時々30分~1時間以上の長距離を走行させることを意識するとよいでしょう。

もしバッテリー上がりしてしまったら

もしバッテリーが上がってしまい、原因がわからなかったり、自分で対処する自信がない場合は、業者に相談するようにしましょう。

弊社の「カーバッテリー110番」には全国に多くの加盟店が存在します。ですので、お客様がどこにいらしても要望に応えることのできる業者を現地に手配できます。弊社のコールセンターは24時間営業しておりますので、深夜でも早朝でもお気軽にお問い合わせください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。