レクサスのバッテリー上がりの対処法とバッテリーが上がる原因を紹介

レクサスのバッテリー上がりの対処法とバッテリーが上がる原因を紹介

バッテリー上がりは、落ち着いて対処をおこなえば直ぐに復帰させることができます。しかし、復帰のための道具がなかったり、救援車を依頼できなかったりなど、どうしようもない事態となることもあるでしょう。

このコラムでは、レクサスのバッテリーが上がってしまったときの対処法を3つと、自分で対処できずに困ったときの解決法を紹介します。バッテリー上がりの原因にも触れていくので、ぜひ参考にしてみてください。

レクサスをジャンプスタートで復帰させる

バッテリーが上がってしまった車両は、ジャンプスタートというほかの車から電気を供給してもらう方法で、エンジンをかけることができます。まずは、このジャンプスタートの方法について紹介します。

ジャンプスタートに必要なもの

jumper cable

ジャンプスタートをおこなうのに必要なものは、ブースターケーブルと救援車です。ブースターケーブルは、カーショップやホームセンターなどで取り扱われています。また、近くにガソリンスタンドがある場合は、貸し出してくれることもありますよ。

救援者は、故障車と同じ電圧のバッテリーを搭載している必要があります。通常、乗用車であれば同じ電圧(12V)である場合が多いです。

しかし、ハイブリッド車(レクサスの場合は車種の末尾にhがつく)は救援車として使用できません。万が一、救援車として使用してしまった場合には、バッテリーの爆発や車の故障をおこしてしまうので、充分に注意しましょう。ただし、ハイブリッド車が故障してしまったときにガソリン車に救援してもらうことは可能です。

手順1救援車とレクサスをブースターケーブルでつなぐ

それでは、ジャンプスタートをはじめましょう。まず、救援車を故障車と向い合せてケーブルが届く位置まで近づけます。救援者のエンジンを止め、ブースターケーブルをつなぎますが、このケーブルをつなぐ際は順番を守ることが大切です。順番を誤ると故障の原因や感電の危険がありますので、気をつけて接続してください。

  1. 1.赤いケーブルを故障車のバッテリーのプラス端子に接続
  2. 2.赤いケーブルを救援車のバッテリーのプラス端子に接続
  3. 3.黒いケーブルを救援車のバッテリーのマイナス端子に接続
  4. 4.黒いケーブルを故障車の金属部分に接続

ハイブリッド車が故障した場合には、バッテリーが2つあるうちの補機バッテリーのみにこの方法を使うことができます。ハイブリッド車には補機バッテリーと駆動用バッテリーの2つがあり、車種によってはバッテリーがトランクの中に設置されているためよく確認してみてください。

手順2救援車のエンジンをかける

救援車のエンジンをかけます。このときに、エンジンの回転数を1500rpmくらいにすると発電効率が高くなりますよ。

手順3レクサスのエンジンをかけてケーブルを外す

次に、故障車のエンジンをかけ、エンジンがかかったら成功です。その後は、ケーブルを接続時とは逆の順番で外します。

故障車につないだ黒ケーブル→救援車についた黒ケーブル→救援車についた赤ケーブル→故障車についた赤ケーブルの順です。

故障車のエンジンがついたら、切らずにそのままにしておきます。バッテリーを、アイドリングにより充電させるためです。次回エンジンをかけられるくらいまで充電する場合は、30分~1時間ほど走行させるようにしましょう。

バッテリーは一度上がってしまうと劣化するため、そのままカーショップなどでバッテリーの点検をおこなうことをおすすめします。

一度試してみてエンジンがかからなかったら

ジャンプスタートによってエンジンをかけてみたけどかからなかったという場合には、ケーブルに問題がある場合や、ほかの部品の不調が原因である場合があります。何度も試すのはほかの部分に負荷がかかってしまうおそれがあるため、ロードサービスや業者に見てもらうことをおすすめします。

救援車がいない場合の対処方法

救援車を呼べなかった場合や近くに通行車がなかった場合には、ほかの方法をとらなければなりません。自分ひとりで対処する方法と、サービスの利用方法について紹介します。

対処法1:ジャンプスターターを使う

対処法①:ジャンプスターターを使う

ジャンプスターターという道具を使えば、一人でバッテリー上がりを対処することができます。

1.ジャンプスターターの充電があるか確認し、赤のケーブルをバッテリーのプラス端子、黒のケーブルをバッテリーのマイナス端子に取り付けます。

2.ケーブルをジャンプスターターに差し込み、ジャンプスターターの電源がついたらエンジンをかけましょう。

3.エンジンがかかったら成功です。すぐさまケーブルを外していきます。接続したときと逆の順番で、黒いケーブルから外し、最後に赤いケーブルを外します。この後、しばらくはエンジンをかけたままにしましょう。

このジャンプスターターは、カーショップやホームセンターなどで手に入れることができます。普段はモバイルバッテリーとしてスマホの充電ができたり、ライトの機能がついていたりするので、1台あると便利ですね。

対処法2:ロードサービスを呼ぶ

ロードサービスは、単体で加入することもあれば、自動車の任意保険についている場合もあります。業者によってサービス対象が異なり、「加入者が運転もしくは同乗しているとき」が対象の場合もあれば、「指定車両に乗車時のみ」を対象としている場合もあります。自分の入っているサービスがどちらであるか、依頼前に一度確認しておくとよいでしょう。

対処法3:業者に依頼する

上記のようなロードサービスに加入していない場合は、業者に依頼することをおすすめします。弊社には全国に加盟店があるため、お客様のもとにお近くのスタッフを派遣することが可能です。最短5分でうかがいますので、お気軽にご連絡ください。お電話によるご相談は、24時間受け付けています。

レクサスのバッテリーが上がりやすい原因

バッテリーが上がるということは、どこかに原因があります。おもな原因は下記の3つになるので、ひとつひとつを確認していきましょう。前述の通り、バッテリーは一度上がってしまうと劣化が進んでしまいます。日ごろからバッテリー上がりに気をつけておくことで、劣化を防ぐことにもつながるのです。

【原因1】車を長い間使わなかった

【原因1】車を長い間使わなかった

長期にわたって車のエンジンをかけなかったり、走行をあまりおこなわなかったりすると、バッテリーが上がりやすくなります。本来エンジンの稼働によってバッテリーは充電されますが、車を使わないと放電などにより充電は減っていく一方なのです。

このように、車を使っていなさすぎても充電は自然に減っていってしまうため、週に1度30分ほどは走行するのが理想です。少なくとも2週に1度ほどは乗車しておくと、バッテリー上がりを防ぐことにつながりますよ。

【原因2】ライトの消し忘れ

エンジンをかけていないときにヘッドライトや室内灯がついたままになっていると、電力を消耗するため、バッテリーが上がることがあります。

エンジンがかかっている間は、エンジンの働きによって発電機である「オルタネーター」が電力を供給し、バッテリーの充電をおこなうことができます。しかし、エンジンをかけていないときには発電できず、電力の供給がないためバッテリーは減る一方です。

とくに多いのは、トンネルや立体駐車場などの薄暗い場所でライトをつけ、それを忘れたまま駐車して車を離れてしまうことです。バッテリーを上げないためにも、エンジンがかかっていないときはライトがついたままでないかを確認するようにしましょう。

【原因3】バッテリーの寿命

車のバッテリーの寿命は、2~3年といわれています。寿命が近いとバッテリー切れが起こりやすくなり、適切な使い方をしていても上がってしまうことがあるのです。

バッテリーが膨らんでいたり、エンジンがかかりにくくなっていたりしたら寿命が近づいているサインです。その際は、新しいものに交換することによってバッテリー上がりを防ぐことができますよ。

また、寿命でなくてもバッテリー液が蒸発によって減ってしまうことがあります。液が少ないとその分バッテリーの容量も減るため、こまめに確認し、減っていたら足すなどメンテナンスをおこないましょう。

しかし、どれだけ気をつけて使っていても、バッテリー上がりが起きてしまうことはあります。急なことに自分で対処できないときには、ロードサービスや業者を利用しましょう。頼れる業者を知っておくと、いざというときに焦らず対応することができます。

弊社では、年中無休で電話受付しております。全国の加盟店ネットワークにより、お近くのスタッフを派遣できますので、お困りのときにはぜひご連絡ください。

まとめ

バッテリーが上がってしまったときには、ジャンプスタートによって対処できることが分かりました。しかし、救援には同じ電圧のバッテリーを使用している車であることや、ハイブリッド車は使用できないという条件があります。そのため、更なる被害を生まないためにも、救援依頼をするときには気をつけましょう。

バッテリー上がりは、基本的に電気の使い過ぎや充電不足が原因となります。日ごろから使用方法に気をつけ、電力を使い過ぎないように心がけることが大切です。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。