バッテリー上がりを復活させる方法|復活後の注意点や予防法もご紹介

「車が動かない!」というときのよくある原因といえば、バッテリー上がりですよね。バッテリー上がりが起きることがあるというのは知っていても、そこからどう復活させるのか、どう防げばいいのかはご存知ない方も多いことでしょう。

今回このコラムでは、バッテリーが上がってしまった原因やバッテリーの復活方法、復活後に気をつけるべきことについてご紹介してきます。バッテリー上がり防止のコツ・点検の仕方もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

バッテリー上がりの原因と復活方法

「車が動かなくなった原因はバッテリーが上がったから」といわれただけでは、「じゃあどうすればよいのか」というのはわからないことでしょう。まずはバッテリーが上がった原因を知らなければいけません。

ここでは、バッテリー上がりの原因とバッテリーを自力で回復する方法についてご説明していきます。

バッテリーが上がる原因とは?

バッテリーが上がる原因とは?

バッテリーが上がる原因はひとつではなく、さまざまなケースが考えられるものです。その中でもとくによく見受けられるケースをご紹介いたします。

・ライトや室内灯の消し忘れ
夜間やトンネルで走行しているときには、前方がよく見えるようヘッドライトを点灯して走行するものです。車が走行してエンジンが動いているときは、「オルタネーター」という発電機が作動して、バッテリーが充電されます。そのため、その間ライトをつけていてもバッテリーの電力がなくなることはありません。

しかし、ヘッドライトを消すのを忘れてエンジンを停止し、そのまま車から離れてしまうということがあります。また、ルームライトも消し忘れしやすいものです。

車を停止すると充電はされなくなります。そのときにヘッドライトやルームライトをつけたままにしておくと、電力が使われ続けてなくなってしまい、バッテリーが上がってしまうのです。

・長く車に乗らない
毎日の通勤や買い物で車を動かせば問題はありませんが、車は動かしていない状態でも「自然放電」によって少しずつ電力を消費しています。また、車に取りつけれられているカーナビの時計機能などを維持するためにも、自動的に電気が少しずつ消費されます。

常に電力が消費されている分、車に乗って充電をする頻度が少ないとバッテリー上がりやすくなるので、できるだけ車を動かすとよいのです。

・バッテリーの酷使
夏場や雨が降っているときにはエアコンやワイパー、道に迷ったときにはカーナビ、夜間走行の場合はヘッドライトも使用します。これらを同時に使用する機会もありますが、そのぶんバッテリーを酷使していることになります。

それに加えてブレーキランプも点灯することで、さらにバッテリーを消費することになります。車はさまざまなところで電気を使うぶん、どこかで節約することを考える必要もあるのです。

・季節も関係がある
もっともバッテリー上がりが発生するのは冬です。なぜ冬にバッテリーが上がることが多いのかというと、気温が下がることでバッテリー液の性能が下がって電圧が低下してしまうからです。そこに電気の消費が激しいエアコンなどを使うことで、充電が追い付かず、結果バッテリーが上がってしまいます。

・そのほかの原因
これら以外にも、バッテリーが上がる原因はあります。

  • ・バッテリーの寿命が近い
  • ・車のドアが半ドアのまま
  • ・バッテリー液の補充忘れ

この3つもバッテリーが上がる原因となりますので、バッテリーが上がらないように注意してください。

バッテリーは自然に復活しない

バッテリーが上がったとき、「エンジンを一度止めて少し待てば復活する」なんて思われていませんか?ですが、車のバッテリーは自然回復することはないのです。

バッテリーは車が走行することでオルタネーターが発電し、そこから充電されます。しかし、バッテリーが上がってしまうと車を動かすことができず、充電されることはありません。そのため、何時間放置して回復を待っていても意味がないのです。

バッテリーを復活させるには、自力で対処するか業者に依頼するしかありません。バッテリーを自力で復活させる方法と対応してもらえる業者について、それぞれご紹介します。

バッテリーを自力で復活させる方法

まずは、自力でバッテリーを復活させる方法についてご紹介していきます。自力で回復させる方法として、救援車の助けをかりるジャンピングスタートと、小型ジャンプスターターを使う方法があります。それぞれのどのようにおこなうのか見ていきましょう。

・ジャンピングスタート
ジャンピングスタートは、上がってしまったバッテリーと他車のバッテリーとつなぎ、エンジンを始動させるための電力をわけてもらう方法です。

この方法では、協力してくれる救援車と、車同士をつなぐ「ブースターケーブル」が必要となります。では、これらを用意してどのようにすればよいのか、その手順をご紹介していきます。

  1. 1.バッテリーが上がった車のプラス端子、救援車のプラス端子の順に赤いブースターケーブルをつなぐ
  2. 2.黒いブースターケーブルを救援車の方にはマイナス端子、バッテリーが上がった車のマイナス端子付近にある金属製フックの順につなぐ
  3. 3.ブースターケーブル接続後、救援車エンジンをかける
  4. 4.バッテリーが上がった車もエンジンをかける
  5. 5.接続のときとは逆の手順でブースターケーブルを外す

接続の順番を間違えると火花が飛ぶこともあるため、十分に注意しましょう。ブースターケーブルはインターネットやカー用品店などで購入することができます。いつバッテリーが上がってしまうかわかりませんので、購入しておくことをおすすめします。

・小型ジャンプスターター
つぎに「小型ジャンプスターター」を使用する方法です。ジャンプスターターとは、他の車の協力を必要とせずに、自分ひとりでバッテリー上がりを解消することができる道具です。これを使って復活させる手順は以下のようになります。

  1. 1.ジャンプスターターの付属ケーブルをバッテリーに接続する
  2. 2.ジャンプスターターの電源を入れて車のエンジンをかける
  3. 3.つないだときとは逆の手順でケーブルを外す

付属ケーブルは二又にわかれており、赤をプラス端子、黒をマイナス端子につないだあと、ふたつの根本をジャンプスターターにつなぐようになっています。これも接続の順番を間違えないように気をつけましょう。

ジャンプスターターもブースターケーブルと同様、インターネットやカー用品店、ホームセンターで購入可能です。もしものために購入しておくとよいでしょう。

バッテリー上がりはどこに連絡すべき?

バッテリーが上がって、自分ではなかなか対処できないという方も多いでしょう。ここでは、バッテリー上がりのトラブルが起きた際、どこに連絡するべきかについてご紹介していきます。

・JAF
JAFの会員になっているのであれば、JAFに連絡することが一番の解決策といえます。JAF会員はバッテリー上がりの修復を無料で依頼することが可能です。

連絡から到着までは約30分~60分かかりますが、できるだけ早く来てもらうためには、今自分がいる場所の周辺に何があるかを具体的に伝えるようにしましょう。

また、ここで注意することがあります。JAFに連絡してもJAF会員証の提示や車にJAFのステッカーが貼られていない場合は、ロードサービスを受けられないことがあります。いつJAFに依頼してもロードサービスが受けられるよう、会員証とステッカーはなくさないようにしましょう。

・自動車保険のロードサービス
JAF会員ではない方の場合は、自分の加入している自動車保険のロードサービスを利用するのがよいでしょう。JAFの会員でない場合も依頼をすることはできますが、少々割高な料金を請求されてしまいます。

しかし、自動車保険のロードサービスに加入していれば、JAF会員だった場合のサービスと同じように無料で復旧作業をおこなってくれるでしょう。また、ほとんどは保険金の発生する作業ではないため、サービスを受けたからといって保険金が上がることはありません。

自動車保険のロードサービスもJAF同様到着までに約30分~60分かかります。できるだけ早く来てもらえるように、自分のいる場所の周辺に何があるかを具体的に伝えましょう。

・ディーラー
JAFにもロードサービスにも加入していないという場合、ディーラーの担当営業の方へどうすればいいのかと連絡をする方が多いかもしれません。

車検や車の点検でお世話になっている担当の方であれば無料で助けに来てもらえることもあります。しかし、ほとんどの場合は正規の料金で請求されるため、どのくらいの料金がかかるのか、連絡した際に聞いておくとよいでしょう。

・ガソリンスタンド
ほとんどのガソリンスタンドは、持ち込み車両のバッテリー交換や充電のみで、出張サービスをおこなっていません。

ですが、中には出張サービスをおこなっているガソリンスタンドもあります。もしものときのバッテリー上がりでも対応できるように、事前に出先のガソリンスタンドを調べておくことをおすすめします。

バッテリー上がりは業者にも依頼できる

バッテリー上がりは業者に依頼することは可能ですが、その際費用がどのくらいかかるかが気になることでしょう。

バッテリー上がりの復旧を業者に依頼する場合、「バッテリー交換」もしくは「バッテリーの充電」をおこなうことになります。バッテリーの充電の費用相場は約2,000円~3,000円となります。バッテリーを交換する場合の費用相場は、約10,000円~30,000円かかります。

料金は業者によって違うので、複数業者で見積りをして比較することをおすすめします。弊社でも無料見積りを承っております。ぜひご利用くださいませ。

バッテリー上がりを復活した後に気をつけること

バッテリーが復活したからといって安心してはいけません。バッテリーが復活したあとには、気をつけなければいけないことがあります。

バッテリーの復活後はバッテリーが上がりやすい

バッテリーの復活後はバッテリーが上がりやすい

救援車やジャンプスターターによるジャンピングスタートは、バッテリーが上がったときの応急処置です。エンジンをかけるきっかけをつくっただけに過ぎないため、電気が完全に充電できたわけではありません。そのため、エンジンがかかったあとは30分~1時間以上は走行する必要があります。

もし、「エンジンをすぐ切ってしまった」ということになると、またバッテリー上がりを起こして一からやり直さなければいけないので気をつけましょう。

アイドリングでは電力を消費しやすい

アイドリングで繰り返しエンジンを止めていると、エンジンの始動に使う電力が多くなってしまい、最終的な発電量は少なくなります。

その状態でヘッドライトやルームライトをつけたりすると、発電機能が追い付かなくなります。アイドリングをしている場合は、とくにバッテリー上がりを警戒しておくべきかもしれません。

バッテリーを充電する方法

バッテリー上がりを直したあと、効率よくバッテリーの充電をおこなう方法をご紹介します。

・昼間に走行する
夜間とは違い、昼間走行するときはライトをつける必要がありません。ライトは車の電気を多く必要としますが、昼間に走行すれば、その分の電気エネルギーを充電に回すことができます。

ただし、これはライトを使用しない時間帯の場合です。バッテリーが復活した時間帯が夜の場合は、バッテリーきちんと復活させるために、1時間ほど走行してください。そしてその翌日にバッテリーを充電するため、昼間に車を走行させるとなおよいでしょう。

・走行中は電気を使わない
効率よくバッテリーを充電させるためには、走行中にエアコンやオーディオを使うのを控えておくべきです。このふたつも車の電気を消費するので、バッテリーの充電が効率悪くなってしまうからです。

走行するときはできるだけ車の電気を使わないように、エアコンを使用しなくても平気な時間帯に走る、もしくは服を着込んだり脱いだりなどして対応しましょう。

・ガソリンスタンドやディーラーで充電する
すぐに充電が必要なときは、ガソリンスタンドやディーラーで充電することをおすすめします。この2ヶ所には「バッテリー急速充電器」というものがあり、これを使用すると充電が約30分で完了します。

ただし、急速充電はバッテリーに負担がかかるほか、使用するには費用もかかりますので、すぐに充電が必要ではない場合には向いていません。

・何度もエンジンを入れたり切ったりしない
バッテリー上がりから復活したあとは、短い頻度でエンジンを入れたり切ったりしないようにしてください。エンジンがかかる程度の充電しかしていないときに、エンジンの入り切りを繰り返してしまうと、またバッテリーが上がるおそれがあるからです。

ですので、バッテリーが復活した直後は短時間でのエンジンの操作を避け、なるべく長時間走行するようにしましょう。もしこれらの対策をとってもすぐにバッテリーが上がってしまう場合は、業者などの点検を受けたほうがよいかもしれません。

バッテリー上がりを防ぐコツと点検方法

バッテリー上がりが起こってしまうと車が動かなくなり、買い物や出勤などのときなど、生活に大きな支障が出てしまいます。バッテリー上がりが起こらないように、ここではバッテリー上がりを防ぐコツと点検方法をご紹介します。

バッテリー上がりを防ぐコツ

バッテリー上がりを防ぐコツ

バッテリーが上がって車が動かなくなると、車を使った遠出ができなくなってしまいます。そうならないために、下記のバッテリー上がり防止のコツを覚えておきましょう。

  • ・ライトをつけっぱなしにしない
  • ・短距離の走行はなるべく避ける
  • ・渋滞後は車を長く走らせる
  • ・停車中のライト、エアコン、音楽は短時間に留める

これらはどれも難しいことではありません。上記であげたことを意識しておけば、バッテリー上がりは防げるのです。

バッテリーの自己点検も大切

先ほどご紹介したバッテリー上がり防止も大切ですが、定期的に点検することも同じく大切です。自分で定期的に点検しておけば、異常があるかないかを知ることができます。

点検するときは下記のようなことを確認しましょう。

  • ・バッテリー液が足りているか
  • ・バッテリー上部のプラスとマイナスの端子の腐食や取り付け金具が緩んでいないか
  • ・6つあるキャップの通気口にゴミなどが付着していないか

もしバッテリーに異常を発見した際には、業者へ相談しましょう。カーバッテリー110番にご相談していただければ、お悩み事を解決に導くカーバッテリーのプロをご紹介させていただきます。お電話受付は24時間年中無休となっております。お気軽にお問い合わせください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。