バッテリー上がり|雨の日は危険?正しいケーブルのつなぎ方

雨の中外出する用事があると、気持ちが憂鬱になってしまう方もいるのではないでしょうか。そんな天気の外出でも、車があれば幾分かマシかもしれません。

しかし、雨が降っているのにも関わらず車のエンジンがかからないという困った事態がたまにあります。もしかしたら、車のバッテリー上がりが原因かもしれません。バッテリー上がりにはいくつかの対処方法がありますが、そもそも雨の日にバッテリー上がりの修理をしてよいものなのでしょうか。

このコラムでは、バッテリー上がりを雨の日に修理してよいかどうかについてご紹介します。また、ジャンプスタートに使うブースターケーブルの正しいつなぎ方も解説しているので、バッテリー上がりで車が動かないという方は参考にしてみてください。

バッテリー上がりを雨の日に修理するのは危険?

バッテリー上がりの修理をする際は基本的に車のボンネットを開くことになり、エンジンやバッテリーなどに直接雨が降りこむ形になってしまいます。そのため、バッテリー上がりを雨の日に修理すると車が故障してしまうと考える方もいるかもしれません。

しかし、基本的に車のエンジンは防水対策が施されているため、雨が降っていてもバッテリー上がりの修理をすることが可能なケースが多いです。

雨の日のバッテリー修理で考えられるリスク

雨の日のバッテリー修理で考えられるリスク

雨の日にバッテリー上がりの修理をおこなうこと自体は可能ですが、修理するにあたっていくつかのリスクがともないます。

エンジンに防水対策が施されているといっても、雨が降りこんだことによってエンジンの部品が錆びてしまうことがあります。また、古い車だとそもそも防水加工が不十分だったり、防水性能が低下していたりすることもあるため、雨の日にバッテリー上がりの修理をしても問題ないとは言い切れません。

さらに、車のバッテリーのプラグ部分に直接雨水がかかったり、雨で手が濡れた状態でバッテリーに触れたりすると漏電を引き起こして感電してしまうおそれがあり大変危険です。

自分でおこなう場合は「絶縁手袋」を使うと安全

バッテリー上がり修理を雨天時におこなう場合は、感電のリスクがともないます。感電は最悪命にかかわることもあるため、必ずゴム製の絶縁手袋をつけて作業をするようにしましょう。

「やっぱり不安…」そんな方はプロへの依頼がおすすめです

バッテリー上がりを雨の日に修理することは可能ですが、車の故障や感電のリスクなどを考えると自分で修理をするのは不安という方もいるかもしれません。自動車保険にロードサービスが付帯している場合は、そちらを利用するのも一つの手です。

もし、ロードサービスが利用できないという場合は業者に依頼しましょう。カーバッテリー110番では、バッテリー上がりの修理をできる業者をご紹介していきます。「どの業者に修理を依頼すればいいかわからないと」いう場合は、相談も受け付けていますので一度お電話ください。

正しいジャンプスタートの手順

車のバッテリー上がりは、「ブースターケーブル」で救援車から電力をわけてもらう「ジャンプスタート」によって修理が可能です。この章ではジャンプスタートの流れや、ブースターケーブルのつなぎ方を解説していきます。ジャンプスタートをおこなう際の参考にしてみてください。

【手順1】救援車のエンジンを切る

【手順1】救援車のエンジンを切る

救援車のエンジンがついている状態でブースターケーブルをつないでしまうと、ケーブルに通電してしまいます。通電している状態でケーブルをつなごうとすると、バッテリーがショートしたり、感電してしまったりするおそれがあり大変危険です。そのため、救援車のエンジンは切った状態でブースターケーブルをつなぎましょう。

【手順2】ケーブルを接続する

ブースターケーブルは、必ず順番を守って接続をおこなってください。ケーブルの接続手順は次の通りです。

  1. 1.故障車のバッテリーの「プラス端子」に「赤のケーブル」を接続
  2. 2.救援車のバッテリーの「プラス端子」に「赤のケーブル」を接続
  3. 3.救援車のバッテリーの「マイナス端子」に「黒のケーブル」を接続
  4. 4.故障車のバッテリーの「マイナス端子 OR エンジンブロック部分」に「黒のケーブル」を接続

【手順3】救援車・故障車の順でエンジンをかける

ブースターケーブルの接続が完了したら、まずは救援車側のエンジンをかけて電力の供給を開始します。バッテリーの劣化具合にもよりますが数分~数十分ほど電力の供給をおこなったあとに、故障車側のエンジンをかけましょう。

【手順4】ケーブルを外す

エンジンがかかるようになったら救援車と故障車のブースターケーブルを外しましょう。このときに、ケーブルを接続したのとは逆の順番で外す必要があります。必ず「故障車の黒ケーブル→救援車の黒ケーブル→救援車の赤ケーブル→故障車の赤ケーブル」という順番を守ってケーブルを外してください。

エンジンを始動できたら車を走らせよう

ジャンプスタートをおこなった直後は、バッテリーにほとんど電力がない状態なので、バッテリーを充電してあげないとバッテリー上がりを引き起こしてしまいます。車は走行中に発電をおこなえるため、エンジンがかかるようになったら車を30分以上走らせてバッテリーの充電をおこなってください。

少しでも早く回復させるには?

バッテリー上がりの対処を自分でしようとすると、どうしても時間がかかりがちです。それが雨の日ならなおさらかもしれません。雨の日に少しでも早くバッテリー上がりを修理したい場合は、ロードサービスやプロに対処を依頼することをおすすめします。バッテリー上がりの対処ができる業者をお探しの際は、カーバッテリー110番にご連絡ください。

感電やショートにつながる危険なつなぎ方に注意!

バッテリー上がりを雨の日に修理するのにはリスクがともなうため、細心の注意を払う必要があります。しかし、天候だけでなくブースターケーブルのつなぎ方にも注意するべき点がいくつかあるのです。この章では危険なケーブルのつなぎ方についてご紹介します。ジャンプスタートをおこなう際は、これらのつなぎ方に注意しましょう。

【危険1】つなぐ端子の側の間違い

【手順1】救援車のエンジンを切る

ブースターケーブルは色によってつなぐ端子がしっかりと決まっています。赤ケーブルは必ずプラス端子に、黒ケーブルはマイナス端子につなぎましょう。逆につないでしまうと、バッテリーがショートしてしまうおそれがあります。

【危険2】赤と黒のケーブルを同時に持つ

接続中の赤と黒のケーブルを持ってしまうと、バッテリーの電気が身体に流れて感電してしまうおそれがあります。ケーブルをつなげる際や外す際に、ケーブルを同時に持たないように注意しましょう。

【危険3】救援車のプラスからつなぐ

ブースターケーブルつなぐ際は、故障車のプラス端子からつなぐ必要があります。この手順を守らずに救援車のプラス端子からケーブルをつないでしまうと、バッテリーがショートしたり、感電してしまったりするおそれがあるため注意してください。

手順を守って正しく安全に作業しましょう

バッテリー上がりの修理は手順を間違えると、バッテリーのショートや感電を引き起こしてしまう危険性があります。そのため、必ず手順を守って作業をおこなってください。

自分でバッテリー上がりの修理をできる自信がないという場合は、無理をせずにロードサービスや業者の利用を検討しましょう。カーバッテリー110番にご相談いただければ、お客様のご要望に合わせた業者が素早く対応してくれます。車のバッテリー上がりでお困りの際は、まずはお電話を!

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。