インサイトのバッテリー上がりはなぜ起こるのか。原因と対処法を紹介

車のトラブルにはさまざまなものがありますが、なかでもバッテリー上がりが起こることは珍しくありません。そして、ガソリン車だけでなくインサイトのようなハイブリット車でも、バッテリー上がりは起こります。しかし、エンジンがかからないトラブルの原因は、バッテリー上がりだけではありません。

本コラムでは、インサイトのエンジンがかからない場合の原因と対処法、そしてバッテリー上がりが起こらないようにするための予防策をご紹介します。

インサイトのエンジンがかからない……これってバッテリー上がり?

エンジンがかからないときにまず疑うのは、バッテリー上がりでしょう。しかし、エンジンがかからないトラブルの原因は、バッテリー上がりとは限りません。車の状態をよく確認して、正しい原因を見つけましょう。

エンジンがかからないときにまず確認すること

エンジンがかからないときにまず確認すること

エンジンがかからなくなったら、まずはその原因がなにかを知ることから始めましょう。ここで、原因を確認するためのポイントをご紹介します。

正しい手順でエンジンをかけたか
操作ミスによる車の誤発進を防ぐため、シフトレバーがパーキングやニュートラルに入っていると、エンジンはかからないようになっています。また、盗難防止のためエンジン始動前にハンドルの操作をするとハンドルロックがかかり、エンジンがかからなくなります。そのときは、キーを回したりエンジンスタートのボタンを押したりしながらハンドルを左右に動かすと、ハンドルロックが解除されます。

ホーンが鳴るか
バッテリー上がりが原因でエンジンがかからない場合は、ホーンも鳴らなくなります。ホーンを鳴らしても反応がなければ、バッテリー上がりの可能性が高いでしょう。

セルモーターが回るか
バッテリーからの電力でセルモーターという部品が回転して、燃料が点火されることで車のエンジンはかかります。セルモーターは回転しているがエンジンがかからないというときは、燃料切れかもしれません。

セルモーターが回転しない場合は、バッテリー上がりかセルモーターの故障が原因です。セルモーターの回転音は小さくて聞き取りにくいものもありますが、エンジンがかからないときは耳を澄ませて聞いてみましょう。

バッテリー上がりと間違えやすい原因もあるので注意!

バッテリー上がり以外のエンジンがかからない原因のなかでも、バッテリー上がりと間違えやすいものがあります。それが、以下の2つです。

バッテリーのターミナル端子の接続不良
車のバッテリーは、直接配線をつなぐことができないつくりになっています。そのため、「バッテリーターミナル」という端子を使って配線をつないでいます。したがって、ターミナル端子がゆるんでいたり外れていたりすると、電気が流れずバッテリー上がりのような症状が出るのです。この場合、ターミナル端子をしっかりと締め直せば、電気が流れてエンジンが始動します。

オルタネーターが故障している
オルタネーターとは、エンジンが始動すると動く発電機のことです。この発電機が正常に作動していれば、走行中絶えずバッテリーの充電がおこなわれます。

しかし、オルタネーターが故障していると、バッテリーの充電は滞り、電力は減る一方になります。すると、次第にバッテリーの電気が不足して、やがてはエンジンがかからなくなります。

バッテリー上がりを起こす原因は?

バッテリー上がりで車のエンジンがかからない場合、なにが原因でバッテリー上がりを起こすのかも覚えておきましょう。バッテリー上がりの原因は、大きくわけると3つあります。

電気の使い過ぎ
バッテリーの電力は、エンジンの始動だけではなく、ライトやエアコンなどの車の電気設備全般に使われます。車の電気設備をいくつも同時に使用すると、消費電力は大きくなります。

走行中は絶えず充電されているので、電気設備を使っていてもバッテリーが上がることはめったにありません。しかし、電気設備をいくつも同時使用したまま渋滞で車が止まってしまったり、駐車場で長話をしてしまったりすると、電力の使用量が発電量を上回ってバッテリーが上がります。

充電不足
バッテリーの放電はなにもしなくても起こり、充電はエンジンを動かし走行することでおこなわれます。そのため、車に乗らない期間があると、バッテリーの電気は放電されるばかりになります。

その状態が長く続くと、バッテリーに蓄えられていた電気はエンジン始動に必要な電力もなくなり、バッテリーが上がってしまいます。

バッテリーの経年劣化
バッテリーは、トラブルなく使用していても長年使用すると劣化します。劣化したバッテリーは性能が落ち、充電がうまくできなくなることもあります。

バッテリーの寿命は、約2~3年といわれています。定期的に点検をおこない、長くても3年に1度はバッテリーを交換したほうがよいでしょう。

バッテリー上がりのまま放置すると……?

車のバッテリー上がりが起こったら、その後しばらく車を使う予定がない場合でも、そのまま放置してはいけません。

バッテリー上がりは、放置しても直りません。それどころか、車の劣化につながります。バッテリーにわずかに残った電力も放電してしまい、長期間放置すればガソリンの劣化が進みます。ガソリンは劣化すると酸化が進み、ガソリンタンクやエンジンなどの車内部の金属を溶かしてしまうおそれがあるのです。

そのような別のトラブルに発展しないように、バッテリー上がりは早めに対処しましょう。自分ではどのように対処したらよいのかわからないという方は、弊社にご相談ください。バッテリー上がりを直すなら、業者に依頼するのが安全かつ確実です。お電話で状況を確認させていただいた後、問題解決ができる業者をご紹介いたします。

インサイトのバッテリー上がり復活方法

インサイトのバッテリー上がりを復活させる方法は、いくつかあります。自力で復活させられることもあるので、その方法について確認していきましょう。

【対処法1】救援車を呼んで電力をわけてもらう

【対処法1】救援車を呼んで電力をわけてもらう

インサイトのようなハイブリット車には、モーター駆動に使われる走行用バッテリーと、ドアロックやエアコンなどの設備に使われる補機用バッテリーの2つのバッテリーが搭載されています。この補機用バッテリーが上がったときは、救援車を呼んで電力をわけてもらうことで復活させることができます。

電力をわけてもらうためには、ブースターケーブルという両端にクリップの付いた2本のケーブルが必要です。なお、この方法をおこなう場合、救援車のオーディオやライトなどの電気設備はすべてオフにしてから作業します。これは、故障車のバッテリーへの給電の際に、別の場所に電気が流れて給電の効率が落ちることを防ぐためです。

ボンネットを開けて、インサイトのバッテリーのプラス端子にケーブルをつなぎ、反対側を救援車のバッテリーのプラス端子につなぎます。次にもう1本のケーブルを救援車のマイナス端子につなぎ、反対側をインサイトのバッテリーのマイナス端子につなぎます。

つなぐ順番に誤りがあると、火花が散ってケガをするおそれがあるので、必ず上記の順でつなぎましょう。

ブースターケーブルで車同士をつなげたら、救援車のエンジンをかけます。しばらくしたらインサイトのエンジンをかけて、エンジンがかかったら取り付けたときとは反対の手順でケーブルを外しましょう。

そのままではバッテリーの電力は不十分なので、エンジンを止めることなく30分ほど走行し、自車の発電機を動かしてバッテリーの充電をおこないます。

なお、ハイブリット車はバッテリーの構造が異なるため、電力をわけてあげるときにハイブリット機能が壊れる危険性があります。このような理由から、ハイブリット車は救援車にはなれないので注意してください。

また、ハイブリット車の走行用バッテリーが上がってしまったときは、自力での対処はできないので、すぐに業者に連絡しましょう。

【対処法2】ジャンプスターターを使う

すぐに救援車が呼べない場合は、ジャンプスターターという充電器を使用する方法があります。使い方は、まずジャンプスターターについている2本のケーブルを、インサイトのバッテリーのプラス端子とアース端子につなぎます。その後、ジャンプスターターの電源を入れて故障車のバッテリーに電力を送ります。しばらくしたらインサイトのエンジンをかけ、エンジンがかかったらケーブルを外します。

救援車の電力をわけてもらったとき同様、このままではバッテリーは電力不足です。30分ほど走行し、バッテリーの充電をおこないましょう。

【対処法3】ロードサービスに連絡する

救援車も呼べず、ジャンプスターターも持っていない場合は、ロードサービスに連絡してもよいでしょう。

ロードサービスは、JAFのようなロードサービス会社でも、自動車保険に付いているロードサービスでもかまいません。どちらかに加入していれば、無料でバッテリー上がりを直してくれることが多いです。

ただし、非会員は利用するたびに料金がかかったり、サービスの利用回数に制限があったりすることもあります。そのため、サービス内容や金額については、事前にインターネットなどで調べておくことをおすすめします。

【対処法4】プロの業者に依頼する

ロードサービスに加入していないという方は、プロの業者に依頼する方法もあります。どのような業者に依頼するべきかわからない方は、弊社にご相談ください。

お電話をいただければ、バッテリー上がりを直すことに特化したサービスをおこなっている業者をご紹介します。業者は全国にありますので、どこで起こったバッテリー上がりでも対応することができます。

バッテリー上がりを予防するには?

どのような車に乗っていても、バッテリー上がりは起こらないほうがよいでしょう。そこで、バッテリー上がりを防ぐ対策をご紹介します。下記を確認し、できることから取り入れてみてはいかがでしょうか。

まずは、人為的なミスをなくすことからです。車を降りるときに半ドアになっていないか、ライト類は消したかなどを確認するようにしましょう。そうすることで、電気の使い過ぎを防ぐことができます。

また、適度に車を使用することも大切です。車は走行しながら発電機を動かすことでバッテリーの充電をおこなっています。長期間使わない状態が続くと、バッテリーの電気は放電されてしまい、充電不足によるバッテリー上がりの原因になります。定期的に車を動かし、バッテリーの充電切れを防ぎましょう。週に1度、30分ほどの走行が理想的です。

しかし、こういった予防策をおこなっていても、バッテリー上がりは起こることがあります。突然バッテリーが上がっても慌てず行動するためには、もしものときに頼ることができるところを見つけておくことが大切です。弊社の相談窓口は、年中無休で対応しています。いつでも業者をご紹介いたしますので、お気軽にお電話ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。