フリードでバッテリー上がり|応急処置の仕方とその他の対処法

車のスタートボタンを押してもエンジンがかからないときは、焦ってしまいますよね。エンジンがかからない原因の多くは、バッテリー上がりです。エンジンはバッテリー内に蓄えられている電力を使って始動させるため、バッテリーが充電切れを起こしているとエンジンはかからないのです。しかし、エンジンがかからない原因は、それだけではありません。

バッテリー上がり以外が原因であるときも考えられるのです。ここからは、大人気の車種であるフリードのバッテリーが上がってしまったときの対処方法や、日ごろからバッテリー上がりを起こさないために注意すべき点について、ご紹介します。バッテリーが上がってしまった際は、ぜひこのコラムを参考に解決してください。

フリードでバッテリー上がり!すぐに対処したいなら

「出かけたいのにエンジンがかからない!」そんなとき、とても困りますよね。ここではフリードのバッテリー上がりの対処法についてご紹介します。

【対処1】ブースターケーブルをつなぐ

【対処1】ブースターケーブルをつなぐ

フリードのバッテリーが上がってしまったときは、バッテリーをつなぐためのブースターケーブルを使ってほかの車(救援車)から電気をもらい、エンジンをかけることができます。ブースターケーブルを使用する場合の手順やポイントは、次の通りです。

【手順】

  1. 1. フリードのバッテリーのプラス端子に赤いケーブルをつなげる
  2. 2. 救援車のバッテリーのブラス端子に赤いケーブルをつなげる
  3. 3. 救援車のバッテリーのマイナス端子に黒いケーブルをつなげる
  4. 4. フリードのエンジンの金属部分に黒いケーブルをつなげる
  5. 5. 救援車のエンジンをかける

ブースターケーブルをつなぐ際のポイントをご紹介します。

  • ・フリードと救援車は、バッテリーをケーブルで接続できるように近づけること
  • ・黒いケーブルをフリードにつなげるときは、エンジンの金属部分につなげること
  • ・フリードのエアコンやオーディオなどは、すべてオフにしておくこと
  • ・エンジンがかかってからケーブルを外すこと
  • ・エンジンがかかったら1時間以上は走行し、エンジンは切らないこと

ケーブルをエンジンの金属部分につなぐのは、バッテリーの端子につなげると電気による火花で引火するおそれがあるためです。また、エンジンがかかってもバッテリーが充電されたわけではありません。しばらく車を走行させて、発電によってバッテリーを充電する必要があります。この方法は、救援車がなければおこなうことができません。救援車が見つからないときの対処法は、次でご紹介します。

【対処2】ジャンプスターターで充電

救援車がいなくても、ジャンプスターターがあればエンジンをかけることができます。ジャンプスターターとは、バッテリー上がりの車のエンジンをかけることができる、携帯式バッテリーです。

昔からジャンプスターターは、整備工場やロードサービスで使われていました。近ごろは、持ち運びができるコンパクトで軽いものに改良されているものや、リーズナブルなものが多く販売されています。万が一のために備えておくのもいいでしょう。ジャンプスターターを使用する場合の手順をご紹介します。

【手順】

  1. 1. ジャンプスターターの赤いケーブルを車のバッテリーのプラス端子に接続する
  2. 2. ジャンプスターターの黒いケーブルを車のバッテリーのマイナス端子に接続する
  3. 3. ケーブルをジャンプスターター本体につないだら、送電をスタート
  4. 4. 車のエンジンをかける

エンジンがかかれば作業は完了です。取り外すときは、ジャンプスターターの電源を切ってから、黒いケーブル、赤いケーブルの順に外していきましょう。車のエンジンは少なくとも数十分間はかけたままにしてバッテリーを充電します。このとき、余分な電気を使わないようにするため、エアコンやオーディオなど電気を使用するものは、オフにしておきましょう。

バッテリー上がり時のその他の対処法

バッテリーが上がったときの対処法は、ブースターケーブルやジャンプスターターを使った方法だけではありません。ブースターケーブルやジャンプスターターがない場合は、ロードサービスやバッテリー上がりに対応している業者に依頼することをおすすめします。任意保険にロードサービスが付帯されていることもあるため、契約内容を確認しましょう。

また、自分で作業する自信がない、面倒なことはしたくないという方も、ロードサービスや業者に依頼すれば面倒なことは一切おこなう必要がありません。手軽にバッテリー上がりを解決したい方は、ロードサービスや業者に依頼するとよいでしょう。

業者に依頼してかかる費用

フリードのバッテリー上がりの解決をロードサービスや業者に依頼する場合、どれくらいの料金がかかってしまうのか、疑問に思う方も多いかと思います。ロードサービスに依頼した場合と、車トラブルに対応している業者に依頼した場合、それぞれの費用を比較した結果が次の通りです。

※ロードサービスといえば「JAF」を思い浮かべる人もいるでしょう。JAFは会員向けのロードサービスです。会員になるには、入会金と年会費が必要となります。会員でなくても作業を依頼することができますが、料金は割高になります。

【バッテリー上がりの解決をJAFに依頼した場合】

  • ・会員:無料 ※ただし入会金2,000円 年会費4,000円(毎年)が必要
  • ・非会員:昼間13,130円(税込) 夜間15,230円(税込)

【バッテリー上がりの解決を車トラブル対応業者に依頼した場合】

一般的なバッテリー上がりであれば、10,000円以内であることが多いです。ただし、業者によっては、出張費や作業費が必要となる場合もあります。出かけるときにエンジンがかからないと、焦って金額を確認せずに依頼してしまいがちです。焦らずに、まずは見積りを依頼するようにしましょう。

弊社では、作業の前にお見積りをお出ししております。また、作業内容についてもご説明いたします。安心してご依頼いただけることでしょう。

バッテリーが上がるのはなぜ?

バッテリー上がりの原因は、バッテリーに問題がある場合だけではありません。電気系統に不具合がある場合もあるのです。これらの原因や見極め方について詳しくご紹介します。

バッテリー上がりしてしまう原因

バッテリー上がりしてしまう原因

車のバッテリーは、電気を蓄えることができる大きな電池です。車が走行している間は、オルネーターという発電機で作られた電気を蓄えています。その蓄えた電気でエアコンやオーディオ、ヘッドライトなどの電装品(電気を使用する部品)を動かしているのです。車が走行しているときは、電装品をいくつも使用してもオルネーターによって発電されるため、電気がなくなることはほとんどありません。

しかし、エンジンが動いていない駐車時は電気が発電されないため、電装品を使用すればするほどバッテリー内の電気が減ってしまいます。そうして、エンジンを動かすための電気さえなくなってしまうのです。バッテリー上がりの原因には電気の使い過ぎのほかにも次のようなものがあります。

  • ・長期間運転せず停めたままだった
  • ・バッテリーの寿命が近くなった
  • ・バッテリー内の液が不足している

しかし、エンジンがかからないのは、バッテリーが原因とは限りません。エンジンがかからないのは、バッテリー以外が原因である場合もあります。

エンジンが動かないのは”電気系統”の不具合が原因のことも

バッテリーが正常なのにエンジンがかからないときは、電気系統の不具合が原因なのかもしれません。まず考えられるのが、バッテリーの端子がゆるんでいることやオルネーターが故障していることです。バッテリーの端子がゆるんでしまう原因は、走行中の振動です。ゆるんだ端子は、隙間ができるためホコリがたまりやすくなります。

まずはホコリを取り除き、工具を使って締め直してみましょう。オルネーターが故障してしまうと発電不能になるため、バッテリーに充電する電気が作られません。交換が必要です。オルネーターの交換は、バッテリー交換のようにはいきません。業者に依頼しましょう。

バッテリー上がりなのか確認するポイント

前項でご紹介したようにエンジンがかからない原因は、いくつかあります。どこで不具合が起きているのかが分かれば、適切に対応することができます。簡単に見極めるコツをご紹介します。見るべきポイントは、「エンジン」「セルモーター」「ヘッドライト・室内灯」です。これら3つが正常に機能しているかどうかで、原因が何か判断できます。

【バッテリー上りが原因の場合】

  • ・エンジンがかからない
  • ・セルモーターが回らない
  • ・ヘッドライトや室内灯がつかない

【セルモーターの故障の場合】

  • ・エンジンがかからない
  • ・セルモーターが回らない
  • ・ヘッドライトや室内灯はつく

【ガソリン切れの場合】

  • ・エンジンがかからない
  • ・セルモーターは回る
  • ・ヘッドライトや室内灯はつく

エンジンがかからないときは、焦らず、これらの様態を見てみましょう。原因がバッテリー上がりではないことも十分に考えられます。

バッテリーが上がったら、早めに業者に連絡しよう

エンジンがかからない原因がバッテリー上がりなら、対処法も明確です。近くに救護車がいればブースターケーブルで電気を分けてもらいましょう。もしジャンプスターターをもっているならすぐに作業することができるでしょう。

しかし、自分でおこなう自信がなければ、業者に依頼したほうが楽です。業者によって料金も異なるため、まずは見積りをとってみましょう。依頼するときは、作業料金や出張費を含めた金額、作業内容を検討してみましょう。

弊社では、お電話いただけるとすぐに現場までお伺いできる加盟店を探し、手配いたします。また作業前には見積りを作成いたしております。お支払い方法は、各種クレジットカードでも問題ありません。バッテリー上がりは、急な出費となりますが、カードが利用できるため安心かと思います。

バッテリー上がりを防ぐには?

バッテリーが上がってしまうと、車を動かすこともできないため、出かけたくても出かけられなくなってしまいます。せっかくの予定がくるってしまうのは、いやですよね。バッテリー上がりを起こさないように、日ごろから注意することも大切です。ライトのつけっぱなしや渋滞時の電装品の使い過ぎに気をつけましょう。

定期的にバッテリー液の量を確認するのも大切です。また長期間停めたままの車は、定期的にエンジンをかけてバッテリーの充電をしましょう。車のバッテリーが上がってしまったときは、弊社におまかせください。弊社は、24時間年中無休でお電話によるご相談をお受けしています。ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。