車のバッテリーが充電されない原因とは?正しい充電方法・寿命や故障

車のバッテリーを充電しているのに充電されていないという場合は、まず原因を知ることが大切です。

この記事では、バッテリーが充電されない2つの理由をご紹介していきます。また、バッテリーを長持ちさせる方法についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

車のバッテリーが充電されない理由1:バッテリーの寿命や故障

車のバッテリーの充電ができないという場合は、バッテリーが寿命を迎えているか、故障してしまっているおそれがあります。ここでは、車のバッテリーがどれぐらいで寿命を迎えるか、また故障した際にどんな対処をしたらよいのかを確認していきます。

バッテリーの寿命目安

車のバッテリーが充電されない原因とは?正しい充電方法・寿命や故障

車のバッテリーの寿命は2~3年程度となっており、寿命がきたらバッテリーを買い替える必要があります。寿命を迎えたバッテリーに見られる症状と、寿命であるかの判断方法を見ていきましょう。

  • 〇寿命を迎えたバッテリーに見られる症状
  • ・バッテリー液が早く減ってしまう
  • ・クラクションを鳴らしても音が小さい
  • など

  • 〇寿命なのかを判断する方法
  • ・エンジンがかかりにくい
  • ・ヘッドライトが明るくなったり暗くなったりする
  • など

バッテリーの故障

事故などの際に、車体が衝撃を受けた反動でバッテリーの内部が故障してしまうケースがあります。この場合、バッテリーを買い替えるようにしましょう。バッテリーが故障したときには、バッテリー自体の充電ができなくなってしまいます。ですので、充電ができないなどといった場合には故障を疑うようにしましょう。

オルタネーターが故障している可能性も

オルタネーターとは、自動車に搭載されている発電機です。このオルタネーターがあることにより、エアコンやライトを使用できるようになります。下記のような症状が見られる場合は、オルタネーターの故障が考えられます。

  • ・オルタネーターから変な音がする
  • ・ライトが一定に光らない
  • ・バッテリー警告灯がついたり消えたりする

上記のような場合、突然車が停止してしまうなど、自分だけでなく周囲も巻き込んでしまうおそれがあるとても危険な状態です。そのため、早急にディーラーや整備業者に相談しましょう。

寿命・故障ではないのにバッテリーが上がったときは

バッテリーの寿命や故障、オルタネーターにも不具合がないのにバッテリーが上がっている場合は、充電が不足しているだけかもしれません。その場合は、ロードサービスなどの業者に依頼するようにしましょう。そうすることにより、トラブルの原因究明・早期解決が望めます。

「カーバッテリー110番」にご相談いただけましたら、お客様のもとへ駆けつけられる業者の手配が可能です。困ったときに頼りたいと思っても、業者によっては電話しても営業時間外ということもあるでしょう。しかし、弊社は24時間年中無休で対応できます。お困りの際は、いつでもご相談ください。

車のバッテリーが充電されない理由2:正しく充電できていない

車のバッテリーが充電されないときは、正しい方法で充電ができているかも確認するようにしましょう。ここからは、正しく充電をおこなうための方法をご紹介していきます。

充電方法その1:車を走らせて充電

車のバッテリーが充電されない原因とは?正しい充電方法・寿命や故障

車を安全に走らせられる状態のときには、車を走行させることにより充電をすることが可能です。以下の点に意識して走行してみてください。

  • ・30分程度走らせる
  • ・電力消耗を抑えるため、できる限りクーラーやスピーカーなどの電装品を使用しない

充電方法その2:ジャンピングスタート後に走行して充電

バッテリーが上がってしまった車は、エンジンを稼働することができません。そのような場合にジャンピングスタートをおこなうことで、エンジンをかけることができます。ジャンピングスタートとは、ケーブルを使用し、ほかの装置から一時的に電力を供給してもらうことでエンジンをかける手法を意味します。

このジャンピングスタートは、ジャンプスターターという機器を利用する方法と、救援車を利用する方法の2種類があります。

〇ジャンプスターターを利用する方法
ジャンプスターターとは、バッテリー上がりを起こした車のエンジンをかける際に利用する、電力供給装置です。スマートフォンや携帯電話でいう、モバイルバッテリーのような存在と考えるとイメージしやすいかもしれません。

このジャンプスターターを使用してエンジンをかける場合は、以下のような手順でおこないます。なお、下記の手順は、あくまでも一般的な方法です。製品によっては手順が異なる場合があるので、取扱説明書に従って作業をおこなってください。

1.故障車(バッテリーが上がった車)のバッテリーのプラス端子に赤色のケーブルをつなぐ
2.故障車のバッテリーの反対側の端子に黒色のケーブルをつなぐ
3.ケーブルとジャンプスターターをつなぐ
4.故障車のエンジンをかける
5.逆の手順でケーブルを取り外す
6.故障車を走行させてバッテリーを充電する

このように、特別な知識がなくても簡単に故障者のエンジンをかけることが可能です。ジャンプスターターは、本体を充電することで持ち運ぶことができることに加え、ホームセンターやインターネットで購入できるという手軽さも魅力のひとつです。非常時に活躍してくれる便利アイテムのひとつなので、気になる方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

〇救援車を利用する方法
この方法は、故障車とほかの車をブースターケーブル(電力を供給するための専用の電線)でつなげ、エンジンをかけるというものです。手順は、以下の通りです。

1.ブースターケーブルが届く程度まで車同士の距離を近づける
2.故障車のバッテリーのプラス端子に赤のブースターケーブルをつなぐ
3.救援車のバッテリーのプラス端子に赤のブースターケーブルをつなぐ
4.救援車のバッテリーの反対側の端子に黒のブースターケーブルをつなぐ
5.故障車のエンジンブロック(エンジン本体の鉄の部分)に黒のブースターケーブルをつなぐ
6.救援車のエンジンをかける
7.故障車のエンジンをかける
8.逆の手順でケーブルを取り外す
9.故障車を走行させてバッテリーを充電する

故障車と救援車をブースターケーブルでつなぐ際は、必ず上記の手順を守るようにしましょう。手順を誤ると、感電のおそれがあり非常に危険です。少しでも不安が残る方は、先にご紹介したジャンピングスターターを使用するか、業者に依頼することを検討してください。

うまく充電できない場合は……

これまでご紹介してきた方法を試してみても充電ができないという場合には、ロードサービスなど頼れる業者に相談しましょう。

業者に充電を依頼する場合の費用相場は、2,000円程度となっておりますが、まずは複数社で見積りをとることをおすすめします。複数の業者で見積りをとることによって、納得できる費用で充電をしてくれる業者を選択できるからです。

弊社は、24時間いつでもお困りのお客様に対応することができます。早く現地へ到着できるよう対応させていただきますので、うまく充電することができず困ってしまったという方もぜひ弊社をご利用ください。

車のバッテリーを長持ちさせる方法

ここでは、車のバッテリーが上がってしまう原因を探っていき、トラブルが発生した際の対象法についてご紹介していきます。バッテリーを長持ちさせるためにも、ぜひ確認してみてください。

車のバッテリーが上がる・劣化する原因

車のバッテリーが充電されない原因とは?正しい充電方法・寿命や故障

バッテリーが上がったり劣化したりするのには、いくつかの原因があります。

  • ・長期間車に乗らない
  • ・エンジンを切った状態でクーラーをつける
  • ・定期的なメンテナンスをしない
  • ・ライトをつけたままにしてしまう

下記で対処法をご紹介します。

定期的に長時間運転する

定期的に車を走行させることによって、バッテリー上がりを未然に防げます。1週間に1~2回を目安に、車を走らせるようにしましょう。その際、30分ほどの走行が理想です。

エンジン停止時に電装品を使わない

エンジンがついていない状態でクーラーなどの電装品を使用することにより、バッテリーが上がってしまいます。なぜなら、エンジンが動いていないと充電ができず、電力は消費されるばかりだからです。クーラーだけでなく、スピーカーの使用も要注意です。

定期的に点検する

バッテリーがどの程度減少しているのか確認するようにしましょう。確認の際には、バッテリーの側面から、「UPPER LEVEL」と「LOWER LEVEL」の中間ほどの位置にバッテリー液があるかどうかを見ます。ここにバッテリー液がない場合は、減少しているため補充液などで補充しましょう。

バッテリーにトラブルが発生してしまったら

上記の方法を実践することで、バッテリーを長持ちさせることはできます。ですが、何年か使用すれば、いずれは寿命がきてしまいます。ですので、バッテリーが使用できなくなってしまったときには、プロの業者に相談するようにしましょう。

弊社をご利用いただければ、すぐに対応することが可能です。まずはお客様の現状を、コールセンタースタッフにお聞かせください。お客様からのお問い合わせをお待ちしております。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。