【プリウス】バッテリー上がりを疑う前のチェック3つ|症状・解決策

“プリウス”は、燃費がよく、手ごろなサイズ感であることから、幅広い層から人気の高い車種です。所有している方も多いでしょう。

そんな人気車種プリウスですが、他の車種と同様に突然バッテリーが上がってしまうこともあります。「ハイブリッドカーのバッテリー上がりは、ガソリン車と直し方が違うのか?」「どう対処すればよいのか?」と戸惑ってしまう方もいるかもしれません。

そこで今回は、プリウスバッテリー上がりが発生してしまった場合の、症状と解決策についてご紹介します。プリウスをお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

【プリウス】バッテリー上がりを疑う前に3つのチェックをしよう

エンジンがかからないからといって、必ずしもバッテリー上がりが原因とは限りません。プリウスバッテリー上がりを疑う前に、まずは以下の点をチェックしてみましょう。もしかすると、簡単に解決できることが原因かもしれません。

【チェック1】運転操作に問題はないか

【チェック1】運転操作に問題はないか

プリウスのエンジンをかける際は、手順に沿って車を操作する必要があります。エンジンがかからない場合は、まず以下の操作手順が守れているかを確認してみましょう。

・ブレーキペダルを踏みながらエンジンをかけること

・エンジン始動時、モニターに“P”が表示されていること

【チェック2】車のキーに問題はないか

車のキーに問題がある場合、エンジンがかからないことがあります。【チェック1】の運転操作に問題がない場合は、以下の点を確認してみましょう。

・キーが車の中にあるかどうか
プリウスなど“スマートキー”が採用されている車は、キーが車内にない場合、エンジンがかからないようになっています。キーをきちんと車内に持ち込んでいるかどうかを今一度確認してみてください。

・電池が切れていないかどうか
プリウスのキーは電池式です。電池が切れたままではエンジンをかけることができないため、もし電池が切れているようであれば交換をおこないましょう。

【チェック3】ハンドルロックしていないか

プリウスは、第三者による不正使用を防ぐため、エンジンロックがかかっていない状態でハンドルを動かそうとすると、自動的にロックがかかる仕組みになっています。この“ハンドルロック状態”になっている場合、通常の手順ではエンジンをかけることができないので注意してください。

なお、以下の手順で操作をおこなえばハンドルロックは解除できます。

【操作1】“P”ボタンを押した状態であることを確認する

【操作2】ハンドルを動かすのと同時に、ブレーキペダルを踏んでエンジンスタートのボタンを押す

とにかくエンジンを始動させたい…そんな場合は

上記のチェック項目【1】~【3】を試してみてもエンジンがかからない場合は、プリウスのバッテリーが上がっているのかもしれません。

バッテリーが上がってしまった場合の症状や解決策については次章よりご紹介しますので、「ここまでの手順を実施してもエンジンがかからなかった」という方はぜひ参考にしてみてください。

なお「一刻も早くエンジンを始動させたい」という場合は、プロに依頼することをおすすめします。プロの業者にお願いすれば、バッテリー上がりによってエンジンがかからないといったトラブルも、早急に解決することができるでしょう。

弊社にご相談いただければ、現場にもっとも早く駆け付けることができる業者をご紹介することができます。お問い合わせは無料ですので、どうぞお気軽にお電話ください。

【プリウス】バッテリー上がりの症状と解決策

ではここからは、プリウスバッテリー上がりによってエンジンがかからない場合の症状や解決方法をご紹介します。バッテリー上がりが発生してしまった場合は、ぜひ参考にしてみてください。

バッテリーが上がったらどうなるの?

バッテリーが上がったらどうなるの?

プリウスバッテリー上がりが発生すると、以下のような症状が現れることがあります。

  • エンジンスタートのボタンを押しても、車内のメーターやランプ等が点かない
  • スマートキーでドアのロックやアンロックができなくなる
  • 各種電気系統設備の動きが悪くなる(ライトが暗い、サイドミラーの動きが鈍いなど)
  • エンジンがかからなくなる

上記のような症状があった場合は、バッテリーが上がっている、もしくは上がりかけていると考えられるでしょう。エンジンをかけるためには、早急にバッテリーの復旧をおこなう必要があります。

【解決策1】救援車から電力をわけてもらう

プリウスバッテリー上がりが起きてしまった場合、おもな解決方法は2つあります。ひとつは【救援車から電力をわけてもらう方法】、もうひとつは【ジャンプスターターを利用してエンジンをかける方法】です。まずは、【救援車から電力をわけてもらう方法】についてご紹介しましょう。

<条件>
救援車から電力をわけてもらうためには、以下の条件がそろっている必要があります。

  • 専用のケーブル(ブースターケーブル)を持っていること
  • 12ボルトのバッテリーが付いている救援車(エンジン車)を用意できること

<手順>
救援車を使った充電の手順は、以下のとおりです。

【手順1】救援車をプリウスの近くに配置する
まずは、救援車側のバッテリーとプリウスのエンジンルームがなるべく近づくように救援車を動かしましょう。救援車を適切な位置に移動できたら、その場に停止させておきます。このとき、プリウス側と救援車側、どちらもエンジンは切っておいてください。

【手順2】プリウス側の+端子にブースターケーブル(赤)を接続する
プリウス側のボンネットを開け、ヒューズボックスを探します。ボックスの中には、“+”マークが印字されている赤いフタのようなものがあるはずですので、その中の端子(救援用端子)にブースターケーブルを接続しましょう。なおブースターケーブルには赤いケーブルと黒いケーブルがあるのですが、ここでは赤いほうのケーブルを接続します。

【手順3】救援車側の+端子にブースターケーブル(赤)を接続する
プリウス側の端子とつないだ赤いケーブルを伸ばして、今度は救援車側にあるバッテリーと接続します。バッテリーには“+”と印字された端子と“-”と印字された端子があるはずですので、“+”側に接続しましょう。

【手順4】救援車側の-端子にブースターケーブル(黒)を接続する
+端子の接続が完了したら、今度は-端子を接続します。救援車のバッテリーにある“-”と印字された端子に、ブースターケーブルの黒いほうの線をつなぎましょう。

【手順5】プリウス側のボディーアースにブースターケーブル(黒)を接続する
救援車と接続した黒いブースターケーブルの反対側を、プリウス側に接続します。ヒューズボックスには-の接続端子がないため、代わりに “ボディーアース”(エンジンルーム内にある任意の金属部分のこと/塗装されている部分は不可)に接続しましょう。

【手順6】エンジンを稼働させる
接続がすべてできたら、まずは救援車側のエンジンを稼働します。5分程度稼働したら、今度はプリウスに乗り込み、エンジンをかけてみてください。メーターパネル周辺に“READY”という文字が光れば、問題なくエンジンがかかったということになります。

【手順7】ブースターケーブルを回収する
エンジンがかかったら、接続したときと反対の手順でブースターケーブルを丁寧に外していきましょう。順番を間違えると感電やショートにつながることもあるため、十分に注意してください。最後にヒューズボックスやボンネットなどをすべて閉じれば、完了です。

【解決策2】ジャンプスターターを利用

次に、【ジャンプスターターを利用してエンジンをかける方法】をご紹介しましょう。ジャンプスターターとは、救援車がなくても自力でエンジンをかけることができる道具のことです。カー用品店などで販売されているので、いざというときのために購入して車に積んでおくと安心かもしれません。

なおジャンプスターターは商品によって対応できるボルト数に違いがありますので、購入の際は所有している車のボルト数を確認しておきましょう。プリウスの場合は、12ボルトに対応しているジャンプスターターを買っておけば基本的に問題ありません。

<手順>
ジャンプスターターを利用した場合のエンジンのかけ方は、以下のとおりです。

【手順1】赤いケーブルを接続する
まずはプリウスのボンネットを開け、ヒューズボックス内にある“+”端子を探しましょう。そこに、ジャンプスターターから伸びている赤いケーブルを接続してください。

【手順2】黒いケーブルを接続する
赤いケーブルが接続できたら、今度は黒いバッテリーをエンジンルーム内の金属部分に接続します。このとき、塗装されている金属部分に接続するとうまく電気が流れないので、塗装されていない金属部分を探すようにしてください。

【手順3】運転席に乗り込み、エンジンをかける
ジャンプスターターのモニターに充電が完了した旨の表示がされたら、運転席に移動し、通常の手順でエンジンをかけてみましょう。問題なくエンジンがかかれば、作業は完了です。

救援端子とは?プリウスが救援車になれない理由

通常、車のエンジンルームにはバッテリー上がりが起きた場合の応急処置のため、“救援端子”というものが設置されています。この救援端子に専用のケーブルを接続し、バッテリー残量のある他の車(救援車)とつなぐことで、一時的にエンジンをかけられる状態にすることができるのです。これを、“ジャンピングスタート”といいます。

プリウスもこの方法によってバッテリー上がりを解消することができますが、一方で、プリウスが救援車側になることはできません。というのも、プリウスなどのハイブリッドカーは一般的な車と電気系統が異なるケースが多く、救援により発生する電力が原因で回路がショートしてしまう可能性があるからです。

緊急時に備え、「プリウスは、救援はしてもらえるが救援することはできない」ということを覚えておくとよいかもしれません。

救援車も道具もない……そんな場合は

救援車やジャンプスターターが用意できるのであれば、バッテリー上がりが起きてしまっても、自力でエンジンをかけることが可能です。しかし実際のところ、車通りの少ない場所で救援車を探すことは難しいですし、ジャンプスターターを持っていないことも多いでしょう。

そういった場合は、業者を呼ぶことを検討してみてください。業者に依頼すれば、その場でバッテリー交換をおこなってくれるほか、ジャンピングスタートだけをお願いすることもできます。

ちなみにプロにバッテリー交換やジャンピングスタートを依頼した場合の費用相場は、【8,000円~15,000円程度】(出張費含む)です。自力でバッテリーの復旧をおこなう場合の危険性や手間を考えれば、そこまで高い値段とはいえないでしょう。

「少しでも安いところに依頼したい」という場合は、ぜひ弊社までご相談ください。弊社は全国各地にバッテリー対応が可能な業者を加盟店として抱えておりますので、その中からもっともリーズナブルに対応できるところをご紹介することができます。紹介料等はいただいておりませんので、安心してご依頼ください。

プリウスのバッテリー上がりを予防しよう

ここからは、プリウスバッテリー上がりの予防方法についてご紹介します。プリウスのバッテリーの仕組みについてもご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

プリウスのバッテリーの仕組みを知っておこう

プリウスのバッテリーの仕組みを知っておこう

通常、プリウスなどのハイブリッドカーには、以下2種類のバッテリーが搭載されています。

・メインバッテリー(駆動用バッテリー)
通常の車にはない、ハイブリッドカー特有のバッテリーです。バッテリー上がりが起こることはほとんどなく、仮に起きたとしても走行によってすぐに充電することができます。

・補機用バッテリー
ハイブリッドカー以外の車にもある一般的なバッテリーです。ハイブリッドカーにおいて「バッテリーが上がった」というのは、おもにこの補機用バッテリーが上がったことを意味します。

補機用バッテリーには、ハイブリッドカーの要(かなめ)である“ハイブリッドシステム”を稼働させるという働きがあるのが特徴です。したがって補機用バッテリーが上がってしまうと、エンジンをかけることができません。

一番の原因はライトの消し忘れ!?

プリウスの補機用バッテリーは、以下のような原因があると上がりやすくなってしまいます。「バッテリー上がりが頻繁に起こる」という方は、心当たりがないか確認してみましょう。

・ライトをよく消し忘れてしまう
降車する際にヘッドライトをつけっぱなしにしていると、それだけでバッテリーが上がってしまうことがあります。消し忘れが多い場合は、バッテリー上がりの直接的な原因となっていることも多いので注意しましょう。

・短距離での使用が多い、車をあまり使わない
補機用バッテリーは、走行によって自動充電されるものです。したがって、走行量が少ないとバッテリーは上がりやすくなってしまいます。

・バッテリーが寿命を迎えている
駆動用バッテリーと違い、補機用バッテリーには寿命があります。使用状況にもよりますが、長くても5年程度で寿命を迎えてしまうケースがほとんどでしょう。長年バッテリー交換をおこなっていない場合は、いつバッテリー上がりが起きてもおかしくありません。

駆動用バッテリーの交換について

前章でもご説明したとおり、補機用バッテリーは救援車やジャンプスターターの利用によって自力で復旧をおこなうことが可能です。

しかし、駆動用バッテリーが上がってしまった場合はそういった応急処置を取ることができません。駆動用バッテリーにバッテリー上がりが起きることはめったにないため、もともと応急処置が施せる仕様になっていないのです。万が一駆動用バッテリーが上がってしまった場合は、バッテリーごと交換するしかないでしょう。

なお新車で購入したプリウスの場合、以下の条件を満たしていれば、メーカー保証によりバッテリーを無料で新しいものと取り換えてもらうことができます。

  • 新車登録後5年以内の場合
  • 走行した距離が10万キロに満たない場合

上記の条件に当てはまらない場合は、ディーラーなどから新しいバッテリーを購入し、交換してもらうしかないでしょう。

補機用バッテリーの耐用年数を意識しよう

補機用バッテリーはバッテリーが上がってしまっても、救援車やジャンプスターターを使えば復旧させることも可能です。しかし、寿命が来てしまった場合はどうすることもできません。寿命を迎えた補機用バッテリーは、充電ができなかったり、できてもすぐにまたバッテリー上がりが起きてしまったりすることがあるでしょう。

一般的に、プリウスの補機用バッテリーの寿命は5年程度といわれています。突然バッテリーが上がって困ることがないように、最後に補機用バッテリーの交換をおこなってからどのくらいの期間が経過しているのか、常に意識しておくことが大切です。

「そろそろ寿命を迎える時期だな」と思ったら、バッテリー上がりの兆候を見逃さないようにしましょう。突然のバッテリー上がりを避けるためにも、違和感があればすぐにバッテリー交換に踏み切ったほうがよいかもしれません。

注意してもバッテリーが上がることはある

どんなに注意をしていても、ある日突然バッテリー上がりが起きてしまうこともあります。救援車やジャンプスターターを使って自力で解決できればよいですが、難しい場合は迷わずプロの業者に対応を依頼してください。

とくに救援車を用いた復旧は、慣れた人がおこなえば簡単な方法ですが、そうでない人がおこなう場合は、非常に危ない作業です。どんなに注意を払って作業しても、感電やショートの危険性はゼロではありません。少しでも不安な点がある場合は、業者に依頼して対処してもらったほうがよいでしょう。

弊社のコールセンターでは24時間いつでもお客様からのご相談を承っております。お客様のトラブルをいち早く解決できるよう尽力いたしますので、プリウスバッテリー上がりにお困りの際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。