【バッテリーのつなぎ方】ブースターケーブルの正しい順番と注意点

ドライブや通勤のために車を使用しようと思ったら、バッテリーが上がって困ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。バッテリー上がりの際、ブースターケーブルを使用するときは、つなぐ順番に気をつけましょう。なぜなら、つなぐ順番を間違えてしまうと、ショートによる引火などの危険性があるからです。

このコラムでは、ブースターケーブルとバッテリーのつなぎ方やつなぐときの注意点、バッテリー上がりを予防する方法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【バッテリーのつなぎ方】正しい順番と注意点

ここでは、バッテリーのつなぎ方の正しい順番と注意点を解説いたします。バッテリーが上がったときは、ブースターケーブルを正しい順番でつなげてバッテリーを回復させましょう。

準備するもの

バッテリーをつなぐときは以下のものを準備します。

・救援車
救援車は、バッテリー上がりを解消するために必要な車のことです。救援車は、バッテリーが上がってしまった車と電圧が等しいものを用意するとよいでしょう。電圧が異なるとトラブルが発生するおそれがあります。

さらにハイブリッド車は救援車として使用できません。ハイブリッド車を救援車として使用すると、エンジンをかけた瞬間に大きな電流が流れます。するとハイブリッド車に搭載されている電源系統などが故障する場合があるのです。

・ブースターケーブル
ブースターケーブル

ブースターケーブルとは、救援車とバッテリーが上がってしまった車とのバッテリーをつないで電流を流すためのケーブルです。ケーブルは男性の人差し指くらいの太さより太いものを用意するとよいでしょう。細すぎるとケーブルがすぐに高温になり、やけどや火災が発生するおそれがあるからです。

ブースターケーブルをつなげる順番

ブースターケーブルは次の順番でつなげます。

  1. 1.バッテリーが上がった車のプラス端子に、ブースターケーブルの赤いほうを接続する
  2. 2.救援車のバッテリーのプラス端子に、同じく赤いほうのブースターケーブルを接続する
  3. 3.救援車のマイナス端子にブースターケーブルの黒いほうを接続する
  4. 4.バッテリーが上がった車のエンジンの金属部分に同じく黒いほうのブースターケーブルを接続して完了

〇つなげるときの注意点
・ブースターケーブルをマイナス端子ではなくエンジンの金属部分に接続する(順番4の説明より)

ブースターケーブルをマイナス端子ではなくエンジンの金属部分に接続するのは、事故を防ぐためです。バッテリーが上がっている車のバッテリーは電圧が低く、救援車のバッテリーは電圧が高いです。電気は電圧が高いところから低いところへ流れるため、マイナス端子に黒いブースターケーブルをつなぐと火花が飛ぶおそれがあるのです。

火花が飛ぶとバッテリー内の水素ガスに引火し、爆発事故がおこるおそれがありますので、ケーブルをつなげる場所に注意しましょう。

また、ブースターケーブルをつないだら、すぐにエンジンをかけてはいけません。すぐにエンジンをかけると、救援車から大きな電流が瞬間的に流れます。すると、ブースターケーブルが高温になり、火災になるおそれがあるからです。

つなげる順番を間違えたらどうなるの?

ケーブルをつなげる順番を間違えると、ショートするおそれがあります。ショートとは、バッテリーとブースターケーブルに大きな電流が流れることです。大きな電流が流れると火花が飛び散ります。その火花が継続してでるとケーブルを覆うビニールなどに燃え移って火災になるので、注意しましょう。

ブースターケーブルをつなげてもエンジンが動かない……

ブースターケーブルをつないだら、救援車のエンジンをかけます。その約1分後にバッテリーが上がった車のエンジンをかけます。これでも、エンジンが動かないときは、エアコンやライトなど電力を消費するもののスイッチが入ったままになっているかもしれません。

その場合、バッテリーに電気がたまっていない可能性があります。または、ブースターケーブルの太さが十分ではないために電流がバッテリーに供給されていないおそれがあります。

ブースターケーブルをつなげてもエンジンが動かないときは、業者に相談したほうがよいでしょう。どの業者に相談してよいかわからない方は、弊社にご相談ください。弊社にはバッテリーに関する知識と経験が豊富な業者が多数加盟しておりますので、安心して依頼することができます。ぜひ一度お電話ください。

エンジンが始動したらしばらく走行して充電しよう!

エンジンが始動したら、ブースターケーブルをつないだときとは逆の手順で外します。そして、エンジンをかけたまま約1時間走行してバッテリーを充電するのが一般的です。バッテリーの充電方法は、走行以外にもあるのかみていきましょう。

アイドリングでも充電できるの?

アイドリングでも充電できるの?

結論からいいますと、基本的にアイドリングの状態ではバッテリーは充電できません。車の中に搭載されているオルターネーターという発電機はエンジンとベルトでつながっています。そのため、エンジンの回転数が上がれば上がるほど発電量は増えるという仕組みになっているのです。

アイドリングの状態では走行しているときよりもエンジンの回転数がかなり低いため、バッテリーの充電に必要な量の電気を発電することはできません。発電量が少なすぎると、バッテリーに充電する電気も少なく、エンジンがかかったとしてもすぐにバッテリーが上がってしまいます。

今後バッテリー上がりを起こさないための対策方法

ここでは、バッテリー上がりの原因、バッテリー上がりを起こさせないための対策をご紹介いたします。バッテリー上がりで困らないためにも、ぜひ参考にして実践してみてください。

そもそもなぜバッテリーが上がるの?

そもそもなぜバッテリーが上がるの?

バッテリーが上がる原因を知ることで、上がるのを防ぐ対策を実行し、予防することができます。バッテリーが上がるおもな原因は、次の3つです。

  • ヘッドライトや室内灯の消し忘れやエアコンなど電力の使い過ぎ
  • 長期間、車を乗らないことが多い
  • バッテリーに寿命がきている

バッテリーの寿命は約3年です。寿命がくるとバッテリーの発電する能力は低下します。3年を目安に交換するようにしましょう。

対策1.こまめに車に乗って走行する

先述しましたように、車は走行することによって発電し、その電気が充電されます。しかし、走行しないとバッテリーの電気は自然放電されるため、バッテリーが上がるのです。

対策2.電力の使い過ぎに気をつける

ヘッドライトや室内灯を消し忘れたまま、エンジンを停止して放置すると、バッテリーが上がります。そのため、車を降りるときは、消し忘れがないかしっかり確認しましょう。

さらに、夏場や冬場にエアコンを使い過ぎると電気の消費量が多くなり、バッテリーが上がる原因になります。長期間、車を走行していないのであれば、すぐにエアコンをつけるのではなく、ある程度走行してからエアコンをつけるなどの対策をするとよいでしょう。

対策3.長期的に車を使用しない場合はマイナス端子を抜く

先述しましたが、バッテリーの電気は自然放電されます。そのため、長期的に使用しない場合はマイナス端子を抜くことで自然放電を防ぐことができるのです。

バッテリー上がりは放置しないようにしましょう

バッテリー上がりを放置すると、寿命が短くなってしまうため、できるだけ早めに充電をしましょう。

これらの対策を実行しても、バッテリーが上がってお困りの方は、弊社にご依頼ください。弊社では出張費を無料でおこなわせていただいております。全国に加盟店がございますので、すぐにかけつけることができます。ぜひ、安心してお電話ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。