バッテリー上がりの料金|JAFやロードサービス・業者ごとの相場

テキスト

バッテリー上がりが起きたとき、どこに依頼すればよいのか確認しておきましょう。バッテリー上がりに対応できる場所はいくつかありますのが、依頼先によって料金やサービスや内容は異なります。自分に合った業者に依頼することが大切になってきます。

このコラムでは、バッテリー上がり対処の料金やロードサービスが使えないときに自分で直す方法などをご紹介しています。バッテリー上がりの原因も解説していますので、バッテリー上がりにお困りのときにはぜひお役立てください。

なお、もしもバッテリー上がりを迅速に解決したいのであれば『カーバッテリー110番』にお任せください!

カーバッテリー110番なら近場の業者が最短5分で現場に駆けつけます。

それに付け加えて会員以外の方でも8,800円(税込)から対応させていただきます

出張費はタダですので、お気軽にご相談ください。

バッテリー上がり|料金はいくら?依頼先と費用相場

バッテリー上がりが起きたときには、自分に適した業者を依頼することが大切です。

また、バッテリー上がりの料金は状況によって異なります。状況にあわせた業者を見つけましょう。

カーバッテリー110番なら8,800円(税込)から対応!

車のバッテリー上がりならカーバッテリー110番にお任せください。

会員登録をしていない方でも8,800円(税込)からで対応させていただきます。

それに付け加えて出張費は無用。

しかも最短5分で近場の業者をご紹介いたします。

もちろんカーバッテリー110番には料金面・スピード面だけでなく、その他にもご好評をいただいている特徴が数多くあります。

カーバッテリー110番の特徴

会員登録一切必要なし!
✓24時間365日年中無休で対応!
✓もちろんバッテリー交換も即日対応!
(※一部地域のみ)
✓経験豊富な地元の業者が駆けつけます
トヨタからBMWまで!幅広い車種に対応!
✓徹底したコロナウィルス対策!

このようにカーバッテリー110番には豊富な特徴があります。

もしも今すぐにエンジンを再始動させたいのであれば、スピード対応がウリのカーバッテリー110番にお任せください

近場の業者が最短5分であなたのもとに駆けつけます。

しかも会員ではない方でも8,800円(税込)からご利用いただけます。

お気軽にご相談くださいね。

JAF・ロードサービスを頼ったとき

バッテリー上がりが起きたときに頼る先は、JAFやロードサービスというイメージがある方は多いでしょう。JAFの場合には、バッテリー上がりによるジャンプスタートは会員であれば何回でも無料で受けられます。しかし、非会員であると、最低でも13,130円以上の費用がかかってしまいます。

加入している保険でロードサービスを受ける場合には、ジャンプスタートは無料でおこなう場合が多いです。しかし、保険会社によって回数制限があるためご注意ください。

また、JAFは加入している本人の運転や同乗している際にサービスを受けられるのに対し、保険は契約車両に適用される場合が多いです。

ガソリンスタンド・ディーラー・整備工場の場合

JAFやロードサービスのほかに、近くのガソリンスタンドやディーラーなどに依頼するという方法があります。ガソリンスタンドでのバッテリー充電は、2,000円ほどから依頼することが可能です。とてもお手頃な価格でおこなえます。

しかし、ガソリンスタンドへは、自分の運転で行かなければなりません。バッテリー上がりを起こした後で車を動かすのは難しいでしょう。

また、近くにディーラーや整備工場があれば、対応してくれることがあります。費用はまちまちで、すぐ近くであったり、懇意にしている担当者がいたりする場合にはジャンプスタートが無料で受けられることがあります。しかし、このサービスは店舗によりますので、依頼できるのか確認してみるとよいでしょう。

業者に依頼したときの料金相場

バッテリー上がりの対処を業者に依頼するときは、ジャンプスタートは9,000円~12,000円ほどが費用相場となります。場所によっては出張費用が別途かかる場合がありますが、対象エリア内では出張費が無料でおこなっている業者もいます。

弊社であれば全国に加盟店がありますので、お電話一本で現在地からお近くの業者をご紹介することが可能です。バッテリー上がりでお困りのときには、弊社にお任せください。

ロードサービスが使えない場合とは?自分で直す方法

保険会社のロードサービスは、サービス対象外であると利用できません。保険は契約車両が対象となっていることが多く、契約車両を契約者だけでなく、家族や友人などが運転しているときにもサービスを利用することが可能です。

しかし、友人や知人の車を運転しているときには、その車両の保険の契約状況によってはロードサービスの利用ができないことがあります。

そんな事態になってしまったときに、自分でバッテリー上がりを解決する方法をご紹介します。身近なアイテムでもバッテリー上がり対処に役立てることができますので、ぜひチェックしてみてください。

自分で直す方法1.携帯充電器を使って充電する

自分で直す方法1.携帯充電器を使って充電する

出先でスマートフォンやパソコンの充電ができる、モバイルバッテリー(携帯充電器)というものが販売されています。実は、モバイルバッテリーのなかには、ジャンプスタート機能が搭載されているものがあるのです。おもに「ジャンプスターター」という名前で呼ばれています。

用意するものは、ジャンプスターターと付属のブースターケーブルのみです。ジャンプスターターを所持していれば、エンジンをかけることが可能です。ジャンプスターターは、以下の方法で使用しましょう。

1.赤いブースターケーブルを車のバッテリーの赤いカバーを外し、プラス端子に接続します。

2.黒いブースターケーブルをバッテリーのマイナス端子に接続します。

3.ジャンプスターターにケーブルを差し込んでください。

4.エンジンをかけます。

5.エンジンがかかったらすばやくジャンプスターターを取り外します。

6.しばらくエンジンをかけたままにしてバッテリーの充電をして、完了です。

このような流れとなります。30分ほどはその場でエンジンをかけておき、ある程度充電できたら走行することによりバッテリーを満タンにさせましょう。30分~1時間ほど走行させれば、次のエンジンをかけるためのバッテリーは充電されるはずです。

自分で直す方法2.ほかの車のバッテリーから電気をもらう

ジャンプスターターを持っていないときには、知り合いに車でその場に来てもらったり、通行車に手伝ってもらったりしてジャンプスタートをしましょう。

ハイブリッド車は構造が異なるため、救援車として手伝ってもらうことはできません。しかし、ハイブリッド車がバッテリー上がりを起こしたときには、ガソリン車から救援を受けることは可能です。

必要なものは、普通車なら普通車と同じ電圧の救援車です。それから、ブースターケーブルが必要となります。ブースターケーブルのつなげ方が要となりますので、気をつけて作業をしてください。

1.救援車を故障車のバッテリーとつなぎやすいように、近くに停めます。救援車のエンジンは切っておきましょう。

2.赤いブースターケーブルを故障車のバッテリーのプラス端子に接続します。

3.赤いブースターケーブルを救援車のバッテリーのプラス端子に接続します。

4.黒いバッテリーケーブルを救援車のバッテリーのマイナス端子に接続します。

5.黒いブースターケーブルを故障車のエンジンの金属部分に接続します。

6.救援車のエンジンをかけ、アクセルを踏んで回転数を上げます。このときにAT車はP(パーキング)、MT車はN(ニュートラル)にしてサイドブレーキをかけることを忘れないでください。

7.数分後に故障車のエンジンをかけます。

8.エンジンがかかったら、つないだのとは逆の順番でブースターケーブルを外します。黒いケーブルを故障車→救援車、赤いケーブルを救援車→故障車というように取り外しましょう。

9.故障車はしばらくエンジンをかけておき、バッテリーを充電させてください。30分ほどしたら走行をはじめて充電をためましょう。

もしもこの作業をおこなってもエンジンが始動しないときは、カーバッテリー110番にご相談ください。

近場の業者を最短5分でご紹介いたします。会員登録を済ませていない方でも出張費を無料で対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

バッテリーが故障していた!バッテリーの交換方法

バッテリーの寿命は、一般的に2~4年といわれています。しかし、この寿命は車の使用状況によって変動するため、一概にいえません。ただし、バッテリー上がりを1度でもしてしまうとバッテリーの性能は落ちてしまいます。

今回のバッテリー上がりが2回目や3回目というときには、新しいものに交換することをおすすめします。

  • ・エンジンがかかりにくい
  • ・パワーウィンドウの開閉が遅い
  • ・バッテリー液に濁りがある

上記のような症状があったときには、バッテリーの寿命が考えられます。

そのような場合にはジャンプスタートをせず、バッテリーの交換をしてしまいましょう。これからバッテリーの交換方法をご紹介します。車のバッテリーは、カーショップやディーラー、ネット通販などで購入することが可能です。ゴム手袋とスパナを用意すれば、自分で交換することができます。

1.バッテリーのマイナス端子を外します。

2.バッテリーのプラス端子も外します。

3.バッテリーの固定金具を外し、バッテリーも取り外してください。

4.新しいバッテリーを固定台に置き、固定金具で確実に固定させます。

5.プラス端子をバッテリーのプラス端子に取り付け、ナットを固く締めてください。

6.マイナス端子をバッテリーのマイナス端子に取り付け、ナットを固く締めてください。

7.端子カバーがついていたときには取り付け、完了です。

バッテリーの交換に複雑な作業はありません。しかし、取り付け方を間違えてしまうと車の故障の原因にもなってしまうため、手順はしっかり守り設置しましょう。

もし不安だというときには、カーショップやディーラーではバッテリーの購入金額にプラスで500~2,000円ほどで取り付けを依頼できます。安全性を考えたら、設置まで任せることがおすすめです。

バッテリーの交換作業の注意点

自分でバッテリーの交換をすると、時計やオート設定などの電子機器がリセットされてしまうことがあります。走行により車両の学習機能が作動して徐々に戻りますが、不具合があるときにはディーラーなどに見てもらいましょう。

また、静電気が起きないようにお気をつけください。そして、金属で端子同士の接触をするのは大変危険です。気をつけて作業をおこないましょう。

車トラブルのなかでも最多!バッテリー上がりが起こる原因

車のトラブルのなかで、もっとも多いといわれるのがバッテリー上がりです。ここでは、バッテリー上がりの原因について見ていきましょう。

バッテリーが上がる4つの原因

バッテリーが上がる4つの原因

バッテリー上がりが起きる原因は、代表的なもので4つあります。

・ヘッドライトや室内灯を付けたまま
エンジンを切った状態でヘッドライトや室内灯を付け、一晩放置しているとバッテリーは上がってしまいます。バッテリーの電気はエンジンをかけていないと、増えることはありません。エンジンをかけていないときの電装品の使用は控えましょう。

・車に乗る頻度が少ない
バッテリーで一番電気を使うのは、車のエンジンをかけるときです。車のバッテリーはエンジンの回転数により充電されます。普段からあまり車に乗らないと、バッテリーの充電が満足にされません。充電されたとしても放電されるため、日に日に充電が減っていくのです。

また、バッテリーは常に満充電である方が長持ちします。毎日通勤などで使用しているとバッテリーは長持ちするのです。少なくとも2週間に1度は、30分以上の走行をしてバッテリーの充電を切らさないようにしましょう。

・走行距離が短い
前述のとおり、バッテリーで一番電気を使うのは車のエンジンをかけるときです。少し走行してエンジンを止め、またエンジンをかけてすぐにエンジンを止めるということを繰り返すと充電ができません。配達などに車を使っているときには注意することが大切です。

・電装品が多い
後付けのカーセキュリティやドライブレコーダー、内装のテレビなど電装品を多く設置していると、待機電力だけでバッテリーの充電を消費します。運転中にも冷暖房を強にしてテレビを付け、室内灯も付け、シガーソケットからスマートフォンの充電をするという使い方をしていると、バッテリーを多く消費してしまいます。

特に、渋滞などで走行できてないときには消費の方が大きくなってしまいますので、電装品の使用方法を控えめにすることが大切です

もしもこれらの原因によってバッテリー上がりが発生したときは、カーバッテリー110番にご相談ください。近場の業者を迅速にご紹介いたします。

バッテリー上がりを防ぐ車の乗り方

バッテリー上がりを防ぐには、定期的に長くエンジンをかけ続けることが大切です。エンジンをかけた分の充電を補うには、30分ほどエンジンをかけたままにする必要があります。日ごろから電気の使いすぎないようにし、バッテリーの充電を気にかけながら乗車することが大切です。

ヘッドライトや室内灯の付けっぱなしがないか確認し、電装品も必要最低限にしておきましょう。バッテリーの充電を消費しすぎないためには、車の使用方法を見直すことが大切です。ただし、気をつけていてもついうっかり付けたままにしてしまい、バッテリー上がりが起きてしまうということも、少なくありません。

バッテリー上がりが起きてしまったときには、自分にあった業者に依頼して対処することが大切です。もし、JAFやロードサービスが利用できないという事態になったときには、業者に依頼しましょう。

弊社なら、24時間365日電話受付しています。お電話ひとつで迅速に対応できるお近くの業者をお探ししますので、お気軽にお問い合わせください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。