スズキスペーシアのバッテリー上がり対処│原因はバッテリーの寿命?

スペーシアがバッテリー上がりを起こしてエンジンがかからないときは、ジャンピングスタートを試してみましょう。ジャンピングスタートとは、救援車またはジャンプスターターという装置から、エンジンを始動するのに必要な電力を分けてもらう方法です。

スズキ・スペーシアのバッテリー上がりでお困りの方は、この記事を参考に、ジャンピングスタートを試してみてください。また、バッテリー上がりの原因と予防法、バッテリーの点検方法についても、ぜひご覧ください。

スペーシアがバッテリー上がり……ジャンピングスタートを試そう!

スズキ・スペーシアのバッテリー上がりは、ジャンピングスタートで解消しましょう。ジャンピングスタートのやり方として、ブースターケーブルを使用する方法と、ジャンプスターターを使用する方法をご紹介していきます。

【方法その1】ブースターケーブルを使用する方法

1.ブースターケーブル

ブースターケーブルを使用する方法では、バッテリーから電気を分けてもらう車(救援車)が必要です。バッテリー上がりした車(故障車)と同じ電圧の車でなければ救援車として使えないので、必ず車の電圧を確認してください。

最初に、救援車を故障車に近づけてエンジンを切り、ブースターケーブルをつないでいきます。ブースターケーブルをつなぐ順番とつなぐ箇所を間違えてしまうと、ショートしてケガにつながることもあるので、慎重につないでください。

まずは赤いケーブルを、故障車のプラス端子、救援車のプラス端子の順につなぎます。次に、黒いケーブルを救援車のマイナス端子、故障車のエンジンブロック(エンジンの金属部分)につなげます。ケーブルをつなげたら、救援車のエンジンをかけて数分待ってください。その後、故障車のエンジンがかかればジャンピングスタートは成功です。

ブースターケーブルを外す際は、つなぐときと逆の順番で外してください。まずは黒いケーブルを故障車のエンジンブロック、救援車のマイナス端子の順に外します。次に、赤いケーブルを救援車のプラス端子、故障車のプラス端子の順に外します。

ジャンピングスタート後は、1時間程度車を走らせてください。走行によって発電された電気がバッテリーに蓄えられていきます。

【方法その2】ジャンプスターターを使用する方法

ジャンプスターターは、ブースターケーブルを使用する方法とちがい、救援車を必要としません。ジャンプスターターの使用方法は製品によってちがいがあるので、製品の取扱説明書を参照ください。

ジャンプスターターを起動したら、故障車のエンジンがかかるかを確認しましょう。ジャンピングスタート成功後は、ブースターケーブルを使用する方法と同様に、1時間程度車を走らせてください。

バッテリー自体を交換するのも方法の1つ

ジャンピングスタートがうまくできない場合や、ジャンピングスタートの道具が準備できない場などは、バッテリー自体を交換するのも1つの方法です。ただし、この方法は、近くにバッテリーを販売している店舗がある場合に可能です。

自分でバッテリーを交換する際は、端子を外すためのスパナのほかに、安全に作業するための保護メガネとゴム手袋も用意しましょう。今回は、バッテリー交換の手順を簡単にご紹介していきます。

まずは、故障車のエンジンを止めて、ボンネットを開けます。バッテリーのすべてのマイナス端子を取り外したのち、すべてのプラス端子を取り外してください。そして、バッテリーを固定している金具を取り外し、古いバッテリーを取り出します。

新しいバッテリーを金具でしっかり固定したら、すべてのプラス端子を取り付けたのち、すべてのマイナス端子を取り付けてください。そして、エンジンがかかるかを確認します。

バッテリー上がりを自分で解消できない場合は

ジャンピングスタートやバッテリー交換がうまくできない場合や、自分で対処するのが不安な方は、業者に救援を依頼しましょう。JAF、自動車保険、ディーラーのロードサービスに契約している方はコールセンターに連絡してください。

契約者でなくてもロードサービスを利用できる業者もありますが、契約者に比べて料金は割高です。ロードサービスに契約していない方は、バッテリー上がりに対応できる修理業者を利用してみてはいかがでしょうか。

弊社は、現場にかけつけてジャンピングスタートを施す業者をご紹介いたします。24時間ご相談を受け付けているので、お困りの際にはいつでもご連絡ください。

スペーシアのバッテリー上がりの原因を知れば予防につながる

スズキ・スペーシアのバッテリー上がりをふたたび起こさないためには、バッテリー上がりの原因について知っておきましょう。バッテリー上がりの原因を知ることで、何に注意したらよいかがわかります。バッテリー上がり予防のために、ぜひお役立てください。

【原因その1】バッテリーの電気の使いすぎ

【原因その1】バッテリーの電気の使いすぎ

バッテリー上がりとは、バッテリーに蓄えられている電気量以上の電気を使ってしまった状態です。バッテリー上がりは、走行時よりもエンジン停止時に起こりやすいです。なぜなら、エンジン停止時は走行による発電がなく、バッテリーの電気を消費するいっぽうだからです。

エンジンを停止して休憩をとる際には、電力消費が大きいエアコンは長時間使用しないよう注意してください。また、降車時にヘッドライトや室内灯を消し忘れないようにしましょう。

【原因その2】運転頻度が少ない・運転時間が短い

運転頻度が少ないことや運転時間が短いことも、バッテリー上がりの原因となることがあります。バッテリーの電気は走行によって蓄えられるため、バッテリーに十分な電気量を保つためには、日常的にある程度の時間走行する必要があります。

車の使用状況はドライバーによってさまざまですが、バッテリー上がりを予防するには、運転頻度と運転時間を意識するとよいです。

【原因その3】バッテリー自体の問題

バッテリー上がりは電気を使いすぎることによって起きることが多いですが、じつは、バッテリー自体の問題によって起きることもあります。たとえば、バッテリー液量が不十分であったり、バッテリーの寿命が近づいていたりすることがあげられます。

バッテリー自体の問題によるバッテリー上がりを防ぐためには、定期的にバッテリーを点検することをおすすめします。バッテリーの点検方法は、のちほど『自分でできる!バッテリーの点検方法・交換時期の判断』でくわしく解説していきます。

【原因その4】リコールの該当

スペーシアのバッテリー上がりが何度も起きる場合は、メーカーであるスズキが発表したリコールに該当しているかもしれません。

平成31年2月22日にスズキが発表したリコール内容によると、スペーシアの通信コントローラの制御プログラム不具合により、バッテリー上がりが起きる可能性があるようです。ご乗車のスペーシアがリコールに該当するかは、スズキの公式ホームページで確認できます。

注意していてもバッテリーが上がってしまったら……

バッテリー上がりが起きないよう注意していても、バッテリー上がりが起きてしまうことはあるでしょう。その際には、この記事の最初のほうでご紹介したように、ジャンピングスタートかバッテリー交換を試してみてください。または、ロードサービスやバッテリー上がりに対応できる修理業者を利用しましょう。

自分でできる!バッテリーの点検方法・交換時期の判断

スズキ・スペーシアのバッテリー上がりを予防する方法の1つが、定期的なバッテリーの点検です。しかし、ディーラーや整備業者にたびたび点検にいく時間が惜しい方は、簡単な点検ポイントを覚えて自分で点検してみてはいかがでしょうか。

バッテリーの寿命は2年から3年程度といわれています。しかし、その期間内であればバッテリーがよい状態であるとはかぎらず、運転頻度や距離などで寿命は変わります。そのため、自分でバッテリーを点検し交換時期が近いかを判断できるとよいです。ここからは、バッテリー点検で確認するポイントを2つご紹介していきます。

【点検ポイントその1】バッテリー液の量

【点検ポイントその1】バッテリー液の量

1つ目の点検ポイントは、バッテリー液の量です。バッテリー本体には、バッテリー液が十分か不足しているかを示す線があります。よくみられる表示は、「UPPER LEVEL」「LOWER LEVEL」で、液量がLOWER LEVELに近づくと、バッテリー液の補充が必要です。

バッテリー液は自動車部の販売店などで販売されており、自分で補充できます。しかし、車をいじるのが心配な方は、ディーラーや整備業者に依頼したほうが安心でしょう。

【点検ポイントその2】バッテリーの電圧

バッテリーの寿命が近いかは、バッテリーの電圧で判断できます。バッテリーの電圧を計測するには、専用の機械(テスター)を使用します。一般的には、新品のバッテリーの電圧は12.5Vから3Vです。しかし、バッテリーが劣化するにつれ電圧は低くなり、11.5V以下となると寿命が近いと考えられます。

バッテリーを長持ちさせるコツ

バッテリーを長持ちさせるためのコツは、基本的に、バッテリー上がりの予防法と似ています。エンジン停止時に電力を消費しすぎないよう注意したり、ある程度の頻度・時間走行してバッテリーに蓄電したりすることで、バッテリーの劣化を防ぎます。

しかし、どんなに気をつけていてもバッテリーは劣化するもので、しだいにバッテリー上がりが起きやすくなります。そのため、バッテリー上がりに備えて、普段からブースターケーブルやジャンプスターターを常備しておくとよいでしょう。

もしブースターケーブルやジャンプスターターがないときにバッテリー上がりしてしまった場合は、ロードサービスやバッテリー上がりに対応できる修理業者に対応を依頼しましょう。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。