トヨタハリアーがバッテリー上がりになったときの対処法|原因と対策

このコラムでは、トヨタのハリアーがバッテリー上がりを起こしたときの正しい対処法をご紹介していきます。ハリアーはガソリン車とハイブリッド車があり、それぞれバッテリー上がりの対処法が変わってくるのです。

ハイブリッド車はバッテリーがふたつあり、ガソリン車の充電の方法とは異なります。それぞれに合わせた充電方法をお伝えしていきます。自分で解決が難しければ業者に依頼してしまいましょう。

ハリアーは2種類ある!それぞれの充電方法

トヨタのハリアーには、ガソリン車とハイブリッド車があります。ガソリン車とハイブリッド車ではカーバッテリーの充電方法が異なるため、バッテリー上がりを起こしたときの対処法も変わってきます。それぞれについて正しい知識をつけておきましょう。

ガソリン車とハイブリッド車

トヨタハリアーがバッテリー上がりになったときの対処法|原因と対策

ガソリン車のバッテリーは、走行自体はガソリンが燃料となりますので、エンジンをかけたり電気機器を動かしたりするためにバッテリーが使われます。これを補機用バッテリーといいます。それに対し、ハイブリッド車は補機用バッテリーと、走行のための駆動用バッテリーのふたつを搭載しています。

また、ガソリン車の補機用バッテリーとハイブリッド車の補機用バッテリーは扱う電力の大きさが異なるため、異なるものと考えたほうがよいでしょう。

ガソリン車の充電方法

ガソリン車のハリアーがバッテリー上がりを起こしてしまったときは、自分でおこなえるふたつの対処法があります。

【ブースターケーブルを救護車とつなぐ(ジャンピングスタート)】
ブースターケーブルを使用し、一時的にほかの車(救護車)から電気をわけてもらうことをジャンピングスタートといいます。

必要となるのは、下記のものとなります。

・同じ電圧の救護車
・ブースターケーブル

ガソリン車は、ハイブリッド車から救護を受けることはできません。エンジン車とハイブリッド車では同じ補機用バッテリーでも扱う電気の大きさが異なるため、大電流が流れて故障の原因になるおそれがあるからです。

また、接続を間違えると、故障車と救護車のともに故障のおそれや作業をしている人に危険がおよぶおそれがあります。以下の順序をまもって、ジャンピングスタートをおこなってください。

1.故障車と救護車を近づけ、エンジンを止めた状態でボンネットを開ける。
2.赤いブースターケーブルを故障車のバッテリーのプラス端子につなぐ。
3.救護車のバッテリーのプラス端子に赤いブースターケーブルの逆側をつなぐ。
4.黒いブースターケーブルを救護車のバッテリーのマイナス端子につなぐ。
5.故障車のバッテリーからできるだけ離れた金属部分と黒いブースターケーブルつなぐ。
6.救護車のエンジンをかけ、アクセルを軽く踏み、約2分充電する。
7.故障車のエンジンをかける。
8.ブースターケーブルをつけたときと反対の順序ではずしていく。

【ジャンプスターターにつなぐ】
ジャンピングスタートは、救護車がいないとなりたちません。救護車がいなくてもガソリン車のハリアーのバッテリー上がりを解決する方法があります。それは、ジャンピングスターターにつなぐ方法です。ジャンプスターターはモバイルバッテリーの機能が搭載された、でバッテリー上がりを起こしてしまった車につなぐことができる優れものです。

1.エンジンを止めた状態でボンネットを開ける。
2.ジャンプスターターの赤いケーブルをバッテリーのプラス端子につなぐ。
3.ジャンプスターターの黒いケーブルをバッテリーのマイナス端子につなぐ。
4.エンジンをかける
5.ケーブルをつけたときと反対の順序ではずしていく。

ハイブリッド車の充電方法

ハリアーのハイブリッド車がバッテリー上がりを起こすとしたら、補機用のバッテリーのほうでしょう。走行用のバッテリーは大容量のため、めったにバッテリー上がりを起こすことはありません。

ハイブリッド車の場合も、

・ブースターケーブルと救護車をつなぐ
・ジャンピングスターターにつなぐ

というふたつの対処法があります。ガソリン車と違う点を見ていきましょう。

1.故障した車と救護車を近づけ、故障車はエンジンを止めた状態、救護車はエンジンをつけっぱなしでボンネットを開ける。
2.赤いブースターケーブルを故障車のバッテリーのプラス端子につなぐ。
3.救護車のバッテリーのプラス端子に赤いブースターケーブルの逆側をつなぐ。
4.黒いブースターケーブルを救護車のバッテリーのマイナス端子につなぐ。
5.故障車のバッテリーからできるだけ離れた金属部分と黒いブースターケーブルつなぐ。
6.救護車のエンジンをかけ、アクセルを軽く踏み、約2分充電する。
7.故障車のエンジンをかける。20分ほど充電する。
8.ブースターケーブルをつけたときと反対の順序ではずしていく。
9.故障車のエンジンはしばらくかけっぱなしにしておくとよいです。30分間くらいの走行、または3時間以上のエンジン起動が望ましい。

ハイブリッド車はガソリン車と電圧が異なるため、救護してもらうことができても、救護車としては使用できないので注意しましょう。

自分で充電できない場合は業者へ

ジャンピングスタートやジャンプスターターを自分でおこなうのは怖い、難しいという方は業者に依頼するのがよいでしょう。間違った方法でおこなうと故障のおそれがあります。

業者に依頼すると、専門技術をもった人によって確実に作業をおこなってもらえますので安心です。自分でおこなうときに生まれる不安や手間から解放されることが可能になります。

弊社ではハリアーのバッテリーの充電をおこないます。お近くの業者を紹介させていただき、すばやく対処いたします。

ハリアーのバッテリー上がりの原因と対策

バッテリー上がりは、できるだけおこらないようにしたいと思う方が多いでしょう。ハリアーのバッテリー上がりの原因はさまざまです。バッテリー上がりの原因と、それぞれの対策について見ていきましょう。

原因1.放電のし過ぎ

原因1.放電のし過ぎ

ライトの消し忘れや停止時のエアコンの使い過ぎ、電力を使いすぎるとバッテリー上がりを起こします。また、運転の頻度が少ないと自然放電されてしまいます。

車に乗る頻度が少ないと、バッテリー上がりのおそれがあります。また、走行していないときの車の電気機器の使用過多には注意が必要です。対策としては、夏場や冬場のエアコンの使いすぎには注意し、車は週に1回程度で構いませんので、30分以上走行するようにしましょう。

原因.2充電がされてない

いちどに運転する距離が少ないと、走行時に十分に充電されないので、バッテリー上がりを起こしやすくなります。車は走行中に充電されていくので、運転の頻度が低いと充電される機会が少なくなります。

車はある程度走らせてあげることが必要です。数カ月車ぶりに車を走らせるときはバッテリーを充電してから走らせるようにするとよいでしょう。

原因.3バッテリーの寿命

カーバッテリーの寿命は、メーカーなどによると約2~3年といわれています。実際はもう少し使えるかもしれませんが、そのくらいの頻度で交換しておけば安心という目安でしょう。

以下の状態になってきたらバッテリーの寿命のサインです。

・エンジンのかかりが悪い
・停車時にヘッドライトが暗くなる
・セルモーターに勢いがない
・バッテリー液が濁っている

以上のような症状が見られたらそろそろ交換のサインです。突然のバッテリー上がりを未然に防ぐためにも、バッテリーの寿命のサインを見逃さないようにしましょう。

バッテリー交換は自分でできる?

バッテリーを自分で交換するには、まず適したバッテリーを購入するところからはじまります。ハリアーのグレードによってバッテリーの種類が異なってくるため注意しましょう。

以下の手順でバッテリー交換をおこなっていきます。

1.バッテリーを固定している金具を取り外す。
2.マイナス端子とつながっているケーブルを外し、マイナス側のバッテリーターミナルを取り外す。
3.プラス端子とつながっているケーブルを外し、プラス側のバッテリーターミナルを取り外す。
4.新しいバッテリーのプラス側のバッテリーターミナルをつなぐ。
5.新しいバッテリーのマイナス側のバッテリーターミナルをつなぐ。
6.プラスターミナルに絶縁キャップをかぶせる。
7.バッテリーを固定する金具を取り付ける。

自分でバッテリー交換をおこなえば、バッテリー代だけで交換ができるので費用をおさえることができます。しかし、正しく取り付けられていないと、エンジンがつきませんし、走行時に危険がともなうおそれもあります。のちのち、車の故障の原因になるかもしれません。

バッテリー交換に少しでも不安がある方は、ディーラーなどに依頼するとよいでしょう。ハリアーのカーバッテリーの寿命かなと感じたら、バッテリー上がりを起こす前にバッテリー交換をすることをおすすめします。

また、ハリアーがバッテリー上がりを起こしてしまったら、弊社にご連絡ください。弊社と提携している実績のある業者をすぐに手配させていただきます。

バッテリー以外でエンジンがかからない原因

ハリアーのエンジンがかからない原因は、バッテリー上がりだけではありません。バッテリー上がりを起こしていないのに、エンジンがかからない原因は以下のことが考えられます。

ターミナル端子の緩み

ターミナル端子の緩み

バッテリーのターミナル端子が緩んでくると、接続不良によりエンジンがかかりません。ターミナル端子は車の走行による振動で自然に緩んできてしますことがあります。そういった場合はスパナで締め直すと解決するでしょう。

オルタネーターの故障

オルタネーターはエンジンが生み出すエネルギーによって発電し、走行時につねにバッテリーを充電する働きがあります。そのオルタネーターが故障すると発電されなくなるので、電気がなくなってしまい、バッテリー切れを起こしてしまいます。オルタネーターが故障していると、バッテリーを交換してもすぐに空になってしまいます。

オルタネーターの故障なのか、バッテリー上がりなのかの判断はどのようにしたらわかるのかご紹介します。

・エンジンがかかった状態で、ライトやエアコンなどの電気機器をつける。
・バッテリーのマイナス端子をはずす。

このときに、エンジンが止まった場合は、オルタネーターの故障となります。オルタネーターの修理や交換は自分では難しいです。プロに依頼しましょう。

キーの電池が消耗

プッシュボタンによってエンジンをかける車種は、スマートキーの電池が消耗していてエンジンがかからないということがあります。スマートキーの電池が消耗していてまだ切れていない場合は、スマートキーをエンジンボタンにかざしてエンジンをかけるとかかります。早めに電池交換をおこないましょう。

ハンドルのロック

車を停止した後に、ハンドルを回そうとするとロックがかかってしまいます。ハンドルロックの状態では鍵が回りません。

ハンドルを左右に動かしながら鍵を回すとハンドルロックを解除することができます。

以上のことを試してもエンジンがかからないときは、バッテリー上がりかもしれません。ハリアーがバッテリー上がりを起こしてしまったら、弊社にご相談ください。お近くの加盟店スタッフがすばやくお客さまのもとへ駆けつけます。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。