軽自動車のバッテリー寿命と交換時期・おすすめの種類と費用相場紹介

軽自動車の運転で「エンジンがかかりにくい」「ヘッドライトが暗い」などの症状がある場合はバッテリーの交換をしましょう。さまざまな不具合が生じてくるのは、バッテリー劣化や寿命が近づいているサインです。

適切なタイミングでバッテリー交換をし、いつでも安心してドライブができるようにしておきましょう。当コラムでは軽自動車のバッテリーの寿命や交換時期、自力での交換方法をご紹介しますので参考にしてください。

軽自動車バッテリーの寿命と交換時期

バッテリー交換のタイミングに気づかず放置していると、突然エンジンがかからなくなることがあります。大事な用事のある日や遠征先などでバッテリーが寿命を迎えることのないように、適切なタイミングで交換して常に安全走行できる状態を保ちましょう。

バッテリーの寿命

バッテリーの寿命

軽自動車を安全に快適に運転するためには必要に応じてバッテリー交換をしなければいけません。軽自動車のバッテリーの寿命は一般的に3年前後といわれています。これは普通車のバッテリー交換の目安とほぼ同じです。

ただ、車のバッテリーは運転のしかたやメンテナンス方法によって劣化の進み具合がちがい、寿命を迎える時期もそれぞれです。短いケースでは、新品交換から1年で交換時期がきてしまうこともあります。

一方で、バッテリー交換の目安である3年を過ぎても不具合が感じられず、5年ほど交換せずに済むというケースもあります。では、バッテリーの劣化や寿命はどのように判断したらよいのでしょうか。

バッテリー交換の目安となるサイン

バッテリーが劣化すると、さまざまな不具合が出始めます。具体的には以下のような内容です。バッテリー交換の目安となるサインですので参考にしてみてください。

・エンジンがスムーズにかからない
・パワーウインドウの動きが鈍い
・ヘッドライトがときどき暗くなることがある
・バッテリー自体が膨らむ
・バッテリー液が減る

運転者にとって一番気づきやすいのはエンジンのかかりにくさです。しかし、近年のバッテリーは高性能化が進んでいて、劣化していてもエンジン始動に不具合を感じないケースがあります。

知らないうちにバッテリーの劣化が進んでいるということもあるため、新品交換をした時期からどれくらい経過したのかを覚えておきましょう。また、定期的にバッテリーの点検をすることが必要です。

軽自動車バッテリーの選び方・価格

国産車のバッテリーはJIS規格に沿って型番を表記してあります。JIS規格とは日本の産業製品に関する企画や測定方法が定められている国家規格です。バッテリー選びの際にはまず、今使っているバッテリーに表記してあるJIS規格をチェックしておきましょう。

JIS規格には次の4項目の情報が含まれています。

(1)バッテリーの性能ランク
(2)バッテリー本体の短側面サイズ
(3)バッテリー本体の長側面サイズ
(4)バッテリーの端子の位置

新しいバッテリーを購入するときには、それぞれの項目と同等のものか、上位のグレードのものを選ぶことになります。具体的には次のような手順でバッテリーを選んでいくとよいでしょう。

【手順1】同じサイズのバッテリーを選ぶ

【手順1】同じサイズのバッテリーを選ぶ

バッテリー交換のときには外寸が同じサイズのものを選ぶ必要があります。交換後に、ボンネットに当たってしまったり、バッテリートレーにおさまらなかったりすることがあるからです。アルファベットと数字を確認して同じ外寸のものを選びましょう。

バッテリーの規格表示のうち、最初に出てくるアルファベットは短側面の幅と高さを示しています。AからHまであり、Hが一番大きいサイズでAが一番小さいサイズです。また、アルファベットに続く2桁の数字は長側面の長さを示しています。

(例)
バッテリーの規格表示が「50B20R」の場合:Bが短側面の幅と高さを示している

【手順2】同じ端子位置のバッテリーを選ぶ

バッテリーの規格表示のうち、最後に書かれているアルファベットが端子の位置を表しています。記号はLとRがあり、端子が左右どちらにあるかを示しています。プラス端子を手前から見たときプラス端子が左寄りならL、右寄りならRです。

端子の位置が違っていると、配線が届かなかったり、配線に余裕がなくて作業がしにくかったりします。端子の位置がLなのかRなのかを確認して同じものを選びましょう。

【手順3】バッテリーの性能ランクを選ぶ

バッテリーの規格表示のうち、最初に書かれている2桁の数字が性能ランクです。バッテリーの性能ランクは始動性能や電気容量など総合的な性能を表しています。性能ランクは数字が大きいほど高い性能を持っていることを示しています。

バッテリーの性能ランクの表示は50未満が2刻み、50以上は5刻みで表示されています。バッテリー交換のために新しいバッテリーを選ぶときには、同じ性能ランクを選ぶのが無難ですが、今より高い性能を持ったタイプを選ぶこともできます。

高性能のものを選ぶとバッテリーが上がりにくくなるというメリットがあります。一方で、同じ外寸でも重量が重くなったりバッテリーの価格が高くなったりするというデメリットがあります。用途や目的に合わせて新しいバッテリーの性能を選びましょう。

アイドリングストップ車の注意

軽自動車のなかには、アイドリングストップ機能を搭載したタイプが増えています。信号待ちや渋滞などで車を一時停止しているときには自動的にエンジンを停止させてくれる機能で、燃料の節約に効果があることや排出ガスを削減するなどのメリットがあります。

しかし、アイドリングストップは信号待ちのたびにエンジンを再始動し電力を消費することになるので、バッテリーには負担がかかっています。アイドリングストップ搭載車の場合は、アイドリングストップ機能に対応するバッテリーを選んでください。

軽自動車バッテリー交換費用

軽自動車に使用するバッテリーの価格相場は以下のとおりです。

・一般的なバッテリー 2,000円~3,000円程度
・アイドリングストップ搭載車用バッテリー 10,000円~20,000円程度

アイドリングストップ搭載車に対応しているかどうかで価格はずいぶん違います。これは、アイドリングストップ搭載車に対応していないバッテリーは安価な商品が多く販売されているためです。

また、バッテリー交換の作業費相場は500円~1000円程度です。バッテリーの販売店やガソリンスタンドなどでは、バッテリー本体価格と作業費をあわせて10,000円程度という場合が多いようです。

軽自動車バッテリーを自力交換する方法

バッテリー交換を安く済ませるためには、自力で交換するのもひとつの選択肢です。必要な道具を揃えることができるなら、DIYにチャレンジすることができます。

交換作業に必要な道具

交換作業に必要な道具

・新しいバッテリー
・ゴム手袋、または軍手
・スパナ、または10mmレンチ
・ウエス(布または専用ペーパー)
・サビ止め剤
・保護メガネ
・サンドペーパー(紙ヤスリ)
・ワイヤーブラシ(端子をみがくための金属製ブラシ)

ウエスは油汚れなどを拭き取る際にあると便利です。また、サビ取りをおこないたい場合はサンドペーパーやワイヤーブラシが役に立ちます。

【外し方】マイナス端子を先に外そう

自力でのバッテリー交換の際には、端子を取り外す順番や取り付ける順番を間違えないようにしましょう。とくにプラス端子を先に外してしまうと、ショートや感電の危険性が高まりますので気をつけてください。

電気の流れを遮断するために、はじめにマイナス端子を外します。端子にはカバーがついているものとついていないものがあります。カバーがついていないほうがマイナス端子です。マイナス端子を外したらケーブルは端子に触れないように奥へよけておいてください。

続いてプラス端子を外します。カバーを取り、マイナス端子と同じように外したらケーブルを邪魔にならない場所によけておきましよう。端子を取り外す際には、レンチなどの工具が端子に触れるとショートや感電の危険性があるので注意してください。

次にバッテリーを固定しているステー(固定金具)を取り外します。ステーの形状はさまざまで、交換後に固定方法がわからなくなることがあります。取り付け方や向きを覚えておくために取り外す前の写真を撮っておくのもおすすめです。

バッテリーを取り除いたら、バッテリーの下敷きになっていたトレーを点検してみましょう。長年バッテリーがのっていたので、ホコリが溜まっていたり、バッテリー液が漏れていたりして汚れているかもしれません。

トレーやトレーの周りはきれいに汚れを拭き取っておきましょう。トレーを取り外せる場合は、水洗いをして汚れを落とします。

【取り付け方】プラス端子マイナス端子を正しく付けよう

新しいバッテリーをトレーの上に置きます。最近のバッテリーはハンドル(持ち手)がついているので、入れ替えやすくなっています。ハンドルがないタイプは、両手でバッテリーの底をしっかり支えるようにして設置します。

バッテリーを置いたら、ステー(固定金具)を取り付けて安定させます。取り付け場所や角度を間違えないように気をつけてください。

ステーを取り付けた後はバッテリー端子を取り付けます。端子の取り付け方はプラスが先です。外すときとは逆ですので注意しましょう。プラス端子が浮いているように感じたら、レンチで浮いている部分を叩いて端子にはめ込んでください。

最後にマイナス端子を取り付けます。ナットは締めすぎないように注意しましょう。ナットを締めすぎるとバッテリーが歪み、気密性が保てなくなるからです。最後にプラス端子のカバーをかぶせて終了です。

自力バッテリー交換の注意

自力で作業をおこなう場合は、交換した後の古いバッテリーの廃棄方法に注意しましょう。バッテリーは特殊ゴミに分類されるため、多くの自治体で回収をおこなっていません。古いバッテリーは、新しいバッテリーを購入した店舗で引き取ってもらうのがおすすめですが、500円程度の引き取り料がかかることもあります。

ネット通販では、引き取りサービスをおこなっているケースがあります。連絡をすれば引き取りに来てくれたり、宅配便で送るというシステムになっていたりしますので確認してみてください。

また、ハイブリッド車の駆動用バッテリーや電気自動車のバッテリーは自力での交換が不可能です。バッテリー交換の際にはディーラーなどの専門業者へ依頼してください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。