シエンタのバッテリー上がりの対処法3選!バッテリー充電方法も紹介

シエンタがバッテリー上がりをしているときには、応急処置としてエンジンを始動させることができるジャンピングスタートを試してみましょう。エンジンを始動させたあとは、しばらく走行することによってバッテリーへの充電が必要です。

この記事では、バッテリー上がりに自分で対処する方法として、ジャンピングスタートの方法やカーバッテリー充電器を使う方法について解説しています。自分でバッテリー上がりに対処することができない場合は、業者に依頼しましょう。業者に依頼する場合の費用についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

外出先でのバッテリー上がりはジャンピングスタートで復旧しよう

バッテリー上がりのときは、バッテリーの電気の残量が少ない状態にあります。そのため、出先などですぐに車を動かしたいときは、応急処置でエンジンをかけるのに必要な電気を供給する必要があります。

ここでは、“救援車”と“ジャンプスターター”によるジャンピングスタート(エンジンを始動させる方法)の手順を紹介していますので、自分にあう方法を試してみてください。どちらも難しい場合は、業者に依頼することができますので、安心してください。

救護車を使う方法

救護車を使う方法

救援車を使う方法とは、正常に動く車とバッテリーが上がったシエンタのバッテリー同士を、専用のケーブル(ブースターケーブル)でつないでエンジンをかける方法です。

・救援車の電圧に注意
救援車はシエンタとバッテリーの電圧が同じものである必要があります。なぜなら、電圧が異なると高い電圧のバッテリーから低い電圧のバッテリーに大きな電流が流れ、車の電装品が故障するなどのトラブルが起こるおそれがあるからです。

・ブースターケーブルをバッテリーにつなげるときの手順
ブースターケーブル(以下ケーブルとします)を救援車のバッテリーとシエンタのバッテリーにつなげるときは、まず両者のバッテリーの位置を確認しましょう。そのうえで救援車とシエンタを近づけ、ケーブルをバッテリーにつなげていきます。

ただし、ケーブルをつなぐときには手順が決まっています。この手順が正しくないと、エンジンがかかりません。さらに車両がトラブルを起こすおそれもあります。そこで、バッテリーにケーブルをつなげるときの手順を以下に示しましたので、ご覧ください。ここではガソリン車タイプについての手順をご紹介しています。

  1. 1.シエンタのバッテリーのプラス端子に、ケーブル(赤)をつなぐ。
  2. 2.救援車のバッテリーのプラス端子に、ケーブル(赤)をつなぐ。
  3. 3.救援車のバッテリーのマイナス端子に、ケーブル(黒)をつなぐ。
  4. 4.シエンタのエンジンの金属部分に、ケーブル(黒)をつなぐ。

ケーブル(黒)をマイナス端子ではなく、エンジンの金属部分につなぐのは、バッテリーが爆発するなどの事故を防ぐためです。ケーブルをマイナス端子につなぐと、つないだ瞬間に大きな電流が流れて、火花が飛び散ります。すると、その火花がバッテリーから漏れている水素ガスに引火して、バッテリーが爆発するおそれがあるのです。

バッテリーから遠い部分にあるエンジンの金属部分にケーブルをつなぐと、バッテリーから漏れている水素ガスに引火する可能性が低くなります。そのため、ケーブルをつなぐ場所には、くれぐれも注意してください。

・ケーブルをつないだら、エンジンをかける
ケーブルをつないだら、はじめに救援車のエンジンをかけてください。するとシエンタに通電します。通電開始から5分ほど経過した頃に、シエンタのエンジンをかけてみてください。

シエンタのエンジンがかかれば、ケーブルをつないだときとは反対の手順で外します。あとはシエンタを走行させて充電するだけです。(走行については後述します)

ジャンプスターターを使う方法

シエンタのバッテリー上がりには、ジャンプスターターを使うことでも対応することができます。ジャンプスターターとは、車のバッテリー上がりに対処するための携帯型の予備バッテリーのことです。

ジャンプスターターは、バッテリーが上がった車に電気を供給することができるので、救援車がなくてもバッテリー上がりに対処することができるというメリットがあります。このジャンプスターターは次のようにして使います。

  1. 1.ボンネット内のエンジンルームにあるバッテリーのプラスとマイナスを確認する。
  2. 2.バッテリー端子についているカバーを外す。
  3. 3.ジャンプスターターの付属品であるケーブル(赤)をプラス端子に、ケーブル(黒)をマイナス端子につなぐ。
  4. 4.ジャンプスターターが通電を開始のサイン(LEDが緑色に点灯するなど)をだしたら、エンジンをかけます。エンジンが無事にかかれば、ケーブルを外し、走行させてバッテリーに充電して完了です。
    (走行については後述します)

・ジャンプスターターを使うときの注意点
ケーブルを端子につなぐとき、プラスとマイナスを逆にしないように注意してください。逆につなぐとエンジンや電装品にトラブルが発生するおそれがあるからです。

業者に依頼する

救援車を使う方法やジャンプスターターを使う方法をしてみたけどうまくいかないときや、そもそもケーブル・ジャンプスターターをもっていない場合もあるでしょう。

そのような場合、弊社にお任せいただければスピーディーに対応させていただきます。早くバッテリー上がりを復旧させてほしい方は、ぜひ弊社にご依頼ください。

エンジンが始動できたら走行充電を忘れずに!

救援車を使う方法・ジャンプスターターを使う方法でエンジンが始動できたら、シエンタを走行させることを忘れないでください。エンジンが始動しただけでは、バッテリーに電気が充電されていません。そのため、走行させずにエンジンを止めてしまうと、またバッテリーが上がってしまいます。

車にはエンジンが回転すると発電する装置が搭載されています。そして、その装置はエンジンの回転数が上がると大きな電気が発生するように作られているのです。そのため、車を走行させるとバッテリーに電気をたくさん充電することができます。

車を走行させるときは、30分以上、時速50km前後を目安としてください。その目安で走行させないと、消費する以上の電気を発電することができず、バッテリーに十分な量の電気をたくわえることができないからです。「エンジンが無事にかかったら走行充電!」と覚えておきましょう。

バッテリー上がりは充電でも解決できる

ジャンピングスタートでエンジンを始動させ走行によって充電する以外にもバッテリーに充電する方法はありますので、ここで紹介いたします。

バッテリーに充電しても復旧しない場合は、バッテリーの交換を検討したほうがよいかもしれません。そのことについても、ここで解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カーバッテリー充電器を使う方法

カーバッテリー充電器を使う方法

カーバッテリー充電器とは、文字どおり車のバッテリーを充電するため機器です。カーバッテリー充電器を使えば、エンジン始動後に走行させなくても、バッテリー上がりを再び起こさない程度の電気をバッテリーに充電することができます。

カーバッテリー充電器を使って自分で充電したい方は、カー用品店やインターネット通販で購入するとよいでしょう。7,000円ほどの価格で購入することができます。

カーバッテリー充電器を購入したけれども、どのように使えばよいかわからないという方もいらっしゃるかもしれませんので、ここからはその使い方について解説いたします。カーバッテリー充電器は種類によって使い方が異なりますが、基本的に次の手順でバッテリーに充電します。

  1. 1.カーバッテリー充電器とケーブルを準備する。
  2. 2.カーバッテリー充電器につなぐため、コンセントの近くまでバッテリーが上がったシエンタを押して移動させるか、延長コードがあればそれを使う。
  3. 3.バッテリーのプラス端子にケーブル(赤)、マイナス端子にケーブル(黒)をつなげ、充電器の電源をいれる。
  4. 4.車のバッテリーに応じて、充電器のアンペア数を合わせる。
  5. 5.充電量が全体の9割を超えたところで、充電をやめる。

手順の5についてですが、バッテリーは、充電量が100%にならないように作られています。そのため、充電量が9割を超えれば充電は完了と判断するのです。充電量が9割を超えるのは、充電開始から約10時間後を目安にするとよいでしょう。

また、カーバッテリー充電器はバッテリーが上がった車の電圧と同じものを使ってください。電圧が異なると車のエンジンなどが故障するおそれがあるからです。さらにプラスとマイナスを逆につなげないように注意が必要です。逆につなげると電装品に不具合が生じるおそれがあります。

カーバッテリー充電器はいっけん便利かもしれませんが、時間がかかるため急ぎの方には向きません。短時間で充電させたい場合は、次にご紹介する“急速充電”を参考にしてみてください。

急速充電はディーラーに依頼しよう

急速充電とは、普通充電よりも短時間でエンジンを始動できるまでの状態にすることです。ただし、急速充電は専用の充電設備が必要なだけでなく、バッテリーの寿命を縮めてしまうおそれがあるため、必ずディーラーや自動車整備工場などに依頼してください。

バッテリーが劣化している場合は交換が必要

車をひんぱんに使っている、またはカーバッテリー充電器で充電した、それにもかかわらず、すぐにバッテリー上がりを起こすのであれば、バッテリーが劣化し、寿命がきている可能性が高いです。その場合十分に充電することができず、バッテリー上がりが再発するおそれがあります。

バッテリーが劣化していたら、思い切ってバッテリーを交換したほうがよいでしょう。バッテリーの寿命は2~3年とされていますので、前回交換してから2~3年を経過していたら、バッテリーを新しいものに交換することをオススメします。

バッテリー上がりを業者に復旧してもらう費用

バッテリー上がりを業者に依頼するとなると、気になるのはその費用です。ここでは、業者に依頼した場合の費用相場をご紹介します。依頼先はいくつかあるので、あわせてご紹介します。

突然のバッテリー上がりで困ったら業者に相談!

突然のバッテリー上がりで困ったら業者に相談!

外出先で突然バッテリーが上がったら、業者に相談しましょう。相談できる業者としては、ロードサービスやバッテリー対応業者が一般的です。

ロードサービスとは、バッテリー上がりなど、車のトラブルで、困っているドライバーを助けてくれるサービスです。ロードサービスを提供するおもな業者にはJAFや任意の自動車保険などがあります。

バッテリー上がりの復旧にかかる費用ですが、JAFの場合、会員は基本的に無料です。そして、任意の自動車保険も契約車両であれば、基本的に無料でバッテリー上がりを復旧してもらえます。

しかし、任意の自動車保険は契約車両でなければ、サービスを受けられませんし、JAFは非会員が依頼すると、日中は13,000円ほど、夜間は15,000円ほどかかります。

一方で、バッテリー上がり対応業者に依頼すると、費用は10,000円前後ですむことが多いです。そのため、JAFに未加入の方が運転する車や任意の自動車保険に未加入の車がバッテリー上がりを起こしたら、バッテリー上がり対応業者に依頼することをオススメします。

バッテリー上がり対応業者には弊社をどうぞお選びください。弊社に加盟する業者は対応の早さだけでなく、価格面も他社には負けない自信があります。バッテリー上がりにかかる費用をおさえたい方はぜひ弊社にご依頼ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。