マツダフレアのバッテリー上がり!交換するなら2択【自分かプロか】

マツダのフレアのバッテリーを交換する際は、まず車検証を確認して適合するバッテリーを探しましょう。一口にフレアといっても、形式や年式によって適合するバッテリーが異なるからです。

このコラムでは、自分で交換する方法と業者に依頼する場合に分けてご紹介します。それぞれのメリットやデメリットなどを解説しますので、どちらを選ぶかの判断材料としてお役立てください。

さらに、フレアのバッテリー上がりを一時的に解消する方法もご紹介します。バッテリーの交換をプロに頼みたい方は、このコラムでご紹介する方法で一時的に車を動かして依頼先に持ち込みましょう。

フレアのバッテリー上がりが何度も!自分で交換する方法

フレアのバッテリー交換は、自分でもおこなうことが可能です。自分で交換すれば、出費はバッテリーの本体代だけで済みますし、依頼する手間もかかりません。ただし、バッテリー交換には注意点やリスクがあるので、それらを理解したうえでおこないましょう。

ここではバッテリーを交換する前の確認事項から購入まで、自分で交換する手順を解説していきます。「車に詳しくない」「交換はやっぱりプロに任せたい」という方は、次章でバッテリー交換の依頼先をご紹介するので、そちらもご覧ください。

お持ちのフレアの型式・年式を車検証で確認

お持ちのフレアの型式・年式を車検証で確認

バッテリーを交換するためには、ご自身のフレアに適合するバッテリーを購入する必要があります。適合しないバッテリーを選んでしまうと、エンジンルームに入りきらなかったり端子にケーブルを取りつけることができなくなったりするのです。

適合したバッテリーを調べるためには、まず車検証に書かれている形式や年式をチェックしてみてください。形式や年式をメモし、ディーラーに問い合わせれば、適合バッテリーを教えてもらうことができます。

車検証が見つからない場合は、バッテリーを確認してみてください。上部に貼られているラベルに型番が記載されているので、適合するバッテリーを確認しましょう。

バッテリーの購入先はさまざま

適合するバッテリーがわかったら、新しいバッテリーを購入しましょう。バッテリーはネット通販・カー用品専門店・ディーラー・ホームセンターなど、さまざまな場所で購入することができます。

ただし、販売先によって同じバッテリーでも価格が異なる場合があるので、費用を比較してお得に手に入れることができるところを探しましょう。

自分で車のバッテリーを交換する手順・注意点

ここからは、自分で車のバッテリーを交換する手順や注意点をご紹介します。安全にバッテリーを交換するためにも、以下の手順を守っておこないましょう。

【交換手順】
まずは、フレアのエンジンを切ってキーを抜いてください。次に、マイナス端子・プラス端子の順でスパナを使ってケーブルを外しましょう。ケーブルを取り外したら、ステーと呼ばれるバッテリーの固定金具を取り外してください。

固定金具を外せば、バッテリーを取り外すことができるので、真上に持ち上げて取り外しましょう。バッテリーを取り外すと底にトレイが見えるので、ついでにトレイを掃除しておくとよいでしょう。

次に、新しいバッテリーをトレイの上に置きます。そして、ステーを元どおりに取りつけたら、プラス・マイナスの順でケーブルを新しいバッテリーの端子に取りつけましょう。最後に、エンジンがかかることを確認したら、作業完了です。

【注意点】
交換の際は、必ずエンジンを切った状態でおこないましょう。もしエンジンをかけたまま作業をおこなうと、ショートして火災を引き起こすおそれがあるのです。

また、ケーブルを端子から外すときには、必ず順番を間違えないように注意を払ってください。順番を誤っても、ショートする危険があるからです。

もし、「自分で交換するのが怖い」という方は、バッテリーを依頼して交換してもらうとよいでしょう。バッテリーの依頼先については、以下からご説明します。

【プロに任せるなら】バッテリー交換の依頼先と費用目安

ここでは「車に詳しくない」「お金がかかってもプロに任せたい」という方向けに、交換を依頼できるところとして、ディーラーとカー用品専門店をピックアップしました。プロに依頼すると当然費用はかさみますが、安全や手間を考えるならば断然こちらがおすすめです。それぞれのメリットや費用相場をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

依頼先1.ディーラー・費用目安

依頼先1.ディーラー・費用目安

ディーラーにした場合、車種によって変動しますが、工賃とバッテリー本体費で10,000円~30,000円程度で交換してもらうことができます。

ディーラーに依頼すると、純正のバッテリーに交換してもらえることが多いようです。また、純正のバッテリーではない場合も、それと同等の性能を持つバッテリーに交換してもらうことができるでしょう。さらに、ディーラーに依頼すれば作業に慣れている整備士が作業をおこなってくれるので、安心感は強いといえます。

ディーラーに依頼すると、以下からご紹介するカー用品専門店に比べて交換費用は上がりますが、車に詳しくなくバッテリーを自分で選ぶのが難しい方は、ディーラーに依頼するとよいでしょう。

依頼先2.カー用品専門店・費用目安

カー用品店に依頼した場合、5,000円~20,000円程度が交換費用となります。カー用品店では、ディーラーと比較すると、さまざまな種類の中からバッテリーを選ぶことができます。そのため、性能にこだわりがなければ、値段の安いバッテリーを選んでバッテリーの交換費用を抑えるのもおすすめです。

さらに、カー用品店の中には、バッテリーを持ち込めば工賃だけで交換してくれるところもあります。車に詳しい方は、ネットなどでバッテリーを安く手に入れて持ち込んでみるとよいでしょう。

車をお店に持っていくための「ジャンプスタート」手順

もし、バッテリーがすでに寿命を迎えていてフレアがバッテリー上がりを起こしている場合は、「ジャンプスタート」という方法で応急処置としてエンジンをかけ、ディーラーやカー用品店に持っていきましょう。

ジャンプスタートとは、バッテリーが上がった車に電力を与え、エンジンをかけられるようにする方法です。ジャンプスタートには2つの方法がありますが、ここでは”ブースターケーブル”という、ほかの車とバッテリーが上がった車をつなぐケーブルを使った方法をご紹介します。

ブースターケーブルでジャンプスタートをおこなうには、ブースターケーブルのほか、救援してくれる車が必要です。このとき、救援してくれる車はバッテリーが上がっていない、フレアと同じ12Vの電圧の乗用車でなければなりません。一部のSUV車・外車・トラックなどの大きな車は24Vなので依頼することはできません。

もし、12Vの車を24Vの車で救援しようとすると、バッテリーに負荷がかかって劣化や発火などを引き起こすおそれがあります。必ず同じ電圧である乗用車に依頼しましょう。

ブースターケーブルと救援してくれる車を見つけることができたら、以下からご紹介する手順でエンジンをかけましょう。

1.フレアのライトを消しておく
2.救援車のエンジンを切っておく
3.救援車とフレアのボンネットを開けてバッテリーの位置を確認する
4.赤いブースターケーブルをフレアのプラス端子につなげる
5.赤いブースターケーブルを救援車のプラス端子につなげる
6.黒いブースターケーブルを救援車のマイナス端子につなげる
7.黒いブースターケーブルをフレアのエンジンマウントのボルトにつなげる
8.救援車のエンジンをかける
9.救援車のギアを変更し(AT車ならパーキング、MT車ならニュートラル)サイドブレーキをかける
10.救援車のアクセルを踏んで、エンジンの回転数を上げる(2,000~3,000程度まで)
11.救援車のエンジンの回転数を上げたまま、フレアのエンジンをかける
12.エンジンがかかったことを確認
13.ブースターケーブルを取りつけたときと逆の順番で救援車・フレアから取り外す

ブースターケーブルの取りつけ・取り外しの際は、順番が大切です。順番を間違えると、ショートし、最悪の場合爆発することもあります。そのようなことを防ぐためにも、順番を間違えないよう、確認しながらおこなうとよいでしょう。

また、ブースターケーブルのエンジンがかかった後は、すぐにエンジンを切らずにそのままディーラーやカー用品店などに持っていきましょう。ブースターケーブルを使ってエンジンをかけた直後は、充電量がほとんどない状態です。充電量が足りていない状態でエンジンを切ると、再びバッテリー上がりを起こすおそれがあるのです。

ここまで、ジャンプスタートの方法をご紹介してきましたが、なかにはブースターケーブルがなかったり救援車が呼べなかったりしてジャンプスタートができない方もいらっしゃるかもしれません。そういった方は、カーバッテリーの業者に依頼すれば、ジャンプスタートをおこなってもらうことが可能です。

弊社では、全国各地に多数ある加盟店の中からカーバッテリー業者をご紹介します。自力でのフレアのバッテリー上がり解消が難しい方は、ぜひ弊社までご相談ください。

バッテリー液の点検でバッテリー上がり予防!点検費用節約にも!

バッテリー上がりを予防するためには、バッテリー液の点検をおこなうことが重要です。バッテリー液とはバッテリーの中に入っている液体のことで、充電中の化学反応などによって減っていきます。バッテリー液が少なくなるとバッテリー上がりの原因になり最悪火災を引き起こすこともあるので、定期的な点検が欠かせません。

バッテリー液の点検はいっけん難しそうに見えますが、手順と注意点を守れば車に詳しくない方でも比較的簡単におこなうことができます。自分で点検できればバッテリー上がりを防ぐことができるうえに、点検を依頼する手間や費用もかからないのでお得です。

ここでは、バッテリー液の点検方法をご紹介していきます。フレアのバッテリー上がりを予防するためにも、以下の内容を参考にしてみてください。

バッテリー液点検の注意点

バッテリー液点検の注意点

バッテリー交換の際は、以下のようなことに注意しておこないましょう。

【手袋や保護メガネを着用】
バッテリー液は手についたり、目に入ったりすると危険です。最悪の場合、失明するおそれもあるといわれています。安全のため、バッテリー液を交換する際は、手袋や保護メガネを装着しておきましょう。

【車を平らな場所に停車させる】
車が傾いていると、バッテリー液の残量を確認するときに正しく読み取れなくなってしまいます。また、補充するときにも正しい量を補充できなくなってしまうでしょう。バッテリー液を適切な量だけ入れるためにも、車を平らな場所に停車させてください。

【エンジンを切っておく】
エンジンがかかった状態では、エンジンルームは熱くなっています。エンジンがかかった状態でバッテリーに触れるとやけどを負うおそれがあるため、エンジンを切ってしばらく経ってから作業をおこなうとよいでしょう。

【水道水を使用しない】
バッテリー液は、純精製水からできているため、「代わりに水道水を入れても大丈夫だろう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、バッテリー液に水道水を使うと、バッテリーの劣化を引き起こします。なぜなら、水道水にはさまざまな不純物が含まれているからです。

そのため、バッテリー液には水道水を使うことはやめましょう。バッテリー液は車用品専門店などで売られているため、そちらで購入してください。

バッテリー液の残量を確認しよう

上記でご紹介した注意点をふまえて、バッテリーの残量を確認してみてください。バッテリーには「LOWER LEVEL」と「UPPER LEVEL」という印が書かれていて、この間にバッテリー液の液面があるのが正常です。「LOWER LEVEL」より下回っている場合や、「LOWER LEVEL」付近に液面があるときには、補充したほうがよいでしょう。

バッテリーの残量は、横から確認することができます。もし、横から見てもバッテリーの残量がわからなければ、バッテリーのフタを開けて上から覗き込むと確認しやすいです。

ちなみに、バッテリー液のフタは、車種によって開け方が異なります。キャップを指で外せるタイプもありますが、外せないタイプはコインやマイナスドライバーを使って回す必要があります。また、それでも外せない場合は、ペンチなどではさんで開けるとよいでしょう。

バッテリー液の補充手順

バッテリー液の確認ができたら、バッテリー液を補充していきます。手順はシンプルで、バッテリーのフタを開けた後、購入したバッテリー液を入れるだけです。

バッテリー液を入れるときには、「UPPER LEVEL」の印よりも入れすぎないようにしてください。もし入れすぎてしまうと、バッテリーが劣化するおそれがあります。また、バッテリー液が漏れ出てしまって回り部分が傷んでしまうおそれがあるのです。

また、バッテリーには6つのフタがあり、6か所にバッテリー液を補充ことになりますが、なるべく均等にバッテリー液を補充するようにしてください。もし均等にならないと、バッテリーの寿命が短くなってしまうおそれがあります。

なお、バッテリー液の点検は、月に1回、少なくとも半年に1回はおこないましょう。バッテリー液を定期的に補充しないと、バッテリー上がりや引火爆発が起こるおそれがあります。

もしバッテリー液の減少によってバッテリー上がりが起こってしまったときには、弊社までご連絡ください。弊社では、バッテリー上がりを解消する業者をご紹介します。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。