AZ-オフロードのバッテリー上がり!状況別の対処法をご紹介!

AZ-オフロードのバッテリー上がりが起きてしまったら、まずはバッテリー上がりから復帰する道具があるかどうかを確認しましょう。ブースターケーブルやジャンプスターターがあれば、ジャンピングスタートという方法で復帰することができます。しかし、道具をなにも持っていない場合は、ロードサービスなどを利用するしかありません。

このコラムでは、道具がある場合とない場合、それぞれの状況から復帰するための方法をご紹介します。

道具がある場合:ジャンピングスタートの手順

バッテリー上がりは、エンジンを始動するのに必要な電気が足りない状態です。このような場合、外部の電源を利用してエンジンを始動する、ジャンピングスタートと呼ばれる方法で復帰することができます。

ジャンピングスタートには、ブースターケーブルを使う方法とジャンプスターターを使う方法があります。それぞれの方法の具体的な手順を見ていきましょう。

ブースターケーブルを使う場合の手順

ブースターケーブルを使う場合の手順

ブースターケーブルを使う方法では、自車以外にもう1台、救援車となる車が必要です。救援車のバッテリーと自車をつなぎ、救援車のバッテリーの電気を使ってエンジンを始動する形となります。

救援車にする車は、ハイブリッド車以外の車を選びましょう。ハイブリッド車を救援車にすると、故障してしまうおそれがあります。また、トラックなどの大型車はバッテリーの電圧が異なるため救援車にはできませんので注意しましょう。

【作業手順】

  1. 1.救援車を自車と向かい合わせにする形で停め、エンジンを切る。
  2. 2.両方の車のボンネットを開け、赤いブースターケーブルの片方を自車バッテリーのプラス端子につなぐ。
  3. 3.赤いブースターケーブルの反対側を救援車のプラス端子につなぐ。
  4. 4.黒いブースターケーブルの片方を救援車のバッテリーのマイナス端子につなぐ。
  5. 5.黒いブースターケーブルの反対側を自車の金属部分(できるだけバッテリーから離れたところ)につなぐ
  6. 6.救援車のエンジンを始動し、回転数を少し高めにする。
  7. 7.自車のエンジンを始動する。
  8. 8.始動したら、エンジンをかけたまま、ブースターケーブルを逆の順番で外す。

以上が、ブースターケーブルを使ったジャンピングスタートの手順です。始動しない場合、救援車のエンジンの回転数を高めにしたまま5分ほど待ってから再度試してみましょう。始動しても自車のエンジンは切らず、しばらくの間かけたままにしましょう。

ジャンプスターターを使う場合の手順

ジャンプスターターを使う方法では、ジャンプスターターに蓄えられた電気を使ってエンジンを始動します。ジャンプスターターには専用のケーブルも付属しているので、ほかの道具は必要ありません。

【作業手順】

  1. 1.ボンネットを開ける。
  2. 2.ジャンプスターターに付属のケーブルを接続し、プラスのケーブルを自車のバッテリーのプラス端子につなぐ。
  3. 3.マイナスのケーブルを自車のバッテリーのマイナス端子につなぐ。
  4. 4.ジャンプスターターの準備ができたら、自車のエンジンを始動する。
  5. 5.マイナス、プラスの順番でケーブルを外す。

製品によって若干の違いはありますが、基本的な手順は上記のとおりです。取扱説明書を読んでから作業するようにしましょう。また、当然ですがジャンプスターターの充電が足りない場合は始動できません。普段から充電しておくようにしましょう。

道具がない場合:ロードサービスの利用方法

道具がなにもない場合、自力での復帰は困難です。そのような場合は、ロードサービスなどの業者を利用しましょう。ロードサービスを提供している業者にはいくつかあり、加入状況や現場の場所によって、かかる費用や時間が異なります。ロードサービスを提供している業者と利用方法について見ていきましょう。

任意保険に加入している場合

任意保険に加入している場合

ほとんどの任意保険にはロードサービスが付帯しています。現場の場所にもよりますが、多くの場合は無料で駆けつけてくれるでしょう。連絡先は任意保険証に書いてあることがほとんどです。

自賠責保険と同じ保険会社に加入していることがほとんどですので、車検証入れの中に任意保険証が入っているはずです。保険証に記載してある電話番号にかけてバッテリー上がりになってしまった旨を伝えましょう。

JAFに入会している場合

ロードサービスを提供している有名な会社として、JAFがあります。JAFに加入している場合、バッテリー上がりであれば無料で対応してくれます。また、同乗者がいる場合は同乗者にJAFに加入しているか聞いてみましょう。

任意保険は車両が加入するものであるのに対し、JAFは人が加入するものです。そのため、同乗者が加入していれば、無料で対応して貰うことができるのです。加入していない場合でも、費用はかかりますが対応して貰うことができます。

万が一会員証を忘れてしまった場合でも、個人情報から加入状況を調べてくれます。任意保険に入っていない場合はJAFに電話してみましょう。

クレジットカードも確認してみよう

クレジットカードを持っている場合は、一度裏面を見てみましょう。クレジットカードにもロードサービスが付帯していることがあります。ロードサービス付きのクレジットカードであれば、裏面に記載してあることがあります。一度確認してみるとよいでしょう。

どのロードサービスも使えない!

上記のロードサービスがどれも使えない場合は弊社にご相談ください。弊社ではバッテリー上がりに対応できる全国の業者が加盟しており、作業員の位置情報をGPSによって把握しています。そのため、多くの加盟店作業員の中からもっとも早く対応できる業者をご紹介することができます。

費用の安い業者をご紹介することも可能で、最短5分、一部を除き出張費は無料です。24時間年中無休、ご相談のみでも構いませんので、まずはお気軽にお電話ください。

AZ-オフロードのバッテリー上がり復帰後にやること

AZ-オフロードがバッテリー上がりから復帰したあとは、やるべきことと注意すべきことがあります。怠るとまたすぐにバッテリー上がりが起きてしまうこともありますので、しっかり頭に入れておきましょう。

バッテリーの充電

バッテリーの充電

バッテリー上がりは、バッテリーの電気がほとんどなくなってしまう状態です。ジャンピングスタートやロードサービスでは、外部の電源を使って始動するため、エンジンはかかっていても、バッテリーの電気は少ないままです。そのため、復帰後は十分にバッテリーを充電する必要があります。

バッテリーを充電するには、エンジンをかけたままの状態にしておくことが大切です。車はエンジンの力を利用して発電機を回し、バッテリーが充電されていきます。発電量は、エンジンの回転数によって変わります。そのためバッテリー上がりから復帰したら、30分程度走行して充電をおこないましょう。

バッテリー上がりが頻発する場合

バッテリー上がりが再発、頻発した場合はバッテリーの交換が必要かもしれません。バッテリーは使用するにしたがって劣化していきます。劣化すると貯められる電気の量が減ってしまい、バッテリー上がりが起こりやすくなってしまいます。

また、一度バッテリー上がりを起こした場合、バッテリーの劣化が一気に進んでいる可能性があります。バッテリーは、貯まっている電気の量が少なければ少ないほど早く劣化します。バッテリー上がりにすぐ気づいた場合であれば気にするほどでもありませんが、長期間放置してしまった場合、かなり劣化が進んでしまうのです。

バッテリー上がりが頻発する場合はバッテリーを点検してもらい、必要があれば交換しましょう。また、発電機などバッテリー以外の部品が原因で充電がうまくいっていない場合も考えられます。バッテリーに問題がない場合はディーラーなどに車を点検してもらいましょう。

車のバッテリー上がりは突然やってきます。救援車がなくても始動できるよう、ジャンプスターターを備えておくと安心です。万が一また再発してしまい、急いでいる場合は、弊社にご相談ください。最短5分を実現できる仕組みで、常に最速で対応致します。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。